イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Skomer Island にパフィンを見に行く! その3

Skomer Island にパフィンを見に行く! その2」からのつづきです!

ホリデー中なのに朝早く起こされて機嫌の悪い長男坊でしたが、パフィンを目の前で見れたのは嬉しかったようで、渋々ながらも荷物を持ってもう少し島を散策。
f0217014_20154172.jpg

島の色んなところにある穴の中に、パフィンを発見!
島を訪れた6月の初めの週に最初のヒナが孵ったのが観測されたそうで、親鳥たちの迷惑にならないように距離を持って観察。もっとヒナが孵った頃に来てみたいなぁ。
f0217014_20155512.jpg

その2に書きましたように、島中野生の花々が咲き乱れてとても美しかったです。
自然のタペストリーに感激・・・。
f0217014_20161335.jpg

この島の訪問客数は一日300人となっているので、誰もいない道をゆっくり楽しめるのも嬉しい。
向こうの方に咲いているのは、Red Sorrels という野草。
f0217014_2017295.jpg

この『short eared owl(コミミズク)』と呼ばれるフクロウ、ラッキーだったら日中でも飛んでいるところを見れるかも知れません、とスタッフの方に言われていたのを、子供たちは絶対見れないよ~と先にどこかに行ってしまった後待っていると、何と飛んでいる様子を見れたのも嬉しかった!
(子供たちは後でブーブー言ってましたけどね~。笑 )
f0217014_20163394.jpg

最後にボートを待っている間、Guillemot(ウミバト)とRazorbill(オオハシウミガラス)が崖でくつろいでいるのを見て今回のスコマー島訪問を終えました。
f0217014_20171512.jpg

f0217014_20172530.jpg

7月の終わりからはアシカの子供たちやイルカがよく見れるそうで、また行ってみよう!と話しています。(もちろん長男坊は留守番で!)

今年も沢山のヒナが無事に育ってくれますように。

Love & Joy
[PR]
by enjoy-wales | 2016-06-24 00:11 | アウトドア・ライフ | Comments(8)

Erik Satie 150th Anniversary Concert, 小川典子さんのピアノ & 宇佐美=ウィリアム真美さんのダンス

このハーフタームにSkomer Island(スコマー島)へ行った時の話を更新している所ですが、その3に行く前に先週の水曜日にMilford Haven(ミルフォードヘイブン)のTorch Theatre(トーチシアター)で催された、『Erik Satie 150th Anniversary Concert, Noriko Ogawa (Piano) Mami Usami-Williams (Dancing)』のお手伝いをしてきたので、今の内にアップさせていただきます♪

ここずっと、ホリデーコテージの管理や庭掃除、夫君の陶芸作品のセールなんかに忙しくって、大好きな服作りやクラフトをする時間が取れないのですが、それでもたまに友人知人に頼まれて服のお直しをしたり作ったりしていまして、今回はバレリーナの真美さんに頼まれてコスチュームのお直しと初めてのレオタード作りをさせてもらいました。

ダンサーのコスチュームは作ったことがなかったので、色々発見があって面白かったです。

ショー当日は、バックステージでお手伝い。
f0217014_19354918.jpg

コスチュームを付けて、フルドレスのリハーサル。
ここでコスチュームの不具合をチェックして、ショーが始まる前に裏で直します。
f0217014_19381141.jpg

ライティングと小物の出し入れに手間取ったのもあって、リハーサルが終わったのはショーの始まる1時間前! ヘアセットにメイクアップもあるので、オープニングタイムに間に合うのかどうか皆ハラハラしましたが、10分遅れで無事開催。
f0217014_19404461.jpg

こんな風にステージの脇からショーを見るのは、学生時代以来だわ~。
ショーは裏方の心配は何のその、とてもスムーズに進んでいきました。
f0217014_1944546.jpg

エリック・サティは風変わりな音楽家で、死後、ボロ屋のような部屋で集めていたらしい傘が沢山見つかったそうで、このショーでも傘が沢山登場しました。
f0217014_19463975.jpg

このショーのあった次の日に64歳になられる真美さん!
そのお歳とは全く思えないダンサー体型と柔軟さで、観客を魅了されました。

典子さんのピアノももちろん素晴らしかった♪

とても楽しい経験をさせてい頂きました。
お二人&真美さんの旦那さまに心より感謝。
[PR]
by enjoy-wales | 2016-06-22 00:03 | ミュージック | Comments(1)

Skomer Island にパフィンを見に行く! その2

先週書いた『Skomer Island にパフィンを見に行く!その1』では、6月に入って初夏らしくなったと書いていましたが、今週は曇り空&雨で気温も下がって、またイギリスらしい天気に戻ってしまいました・・・。

気を取り直して、忘れてしまわない内にSkomer Island (スコマー島)へこのハーフタームに行った時のこと、つづきです。

この島には建物が2件だけあって、ひとつはスタッフ用、もうひとつはこの島の真ん中辺りにある元ファーム(農家)で、ここはインフォメーションセンター&宿泊施設となっています。
島へ到着してボランティアのスタッフさんから説明を受けた後、とりあえず元ファーム(農家)にピクニックをしに行きました。
f0217014_1749681.jpg

お腹がいっぱい、眠気も冷めたところで島を散策。

野鳥の観察ももちろん楽しいけれど、この時期はブルーベルが沢山咲いていてこれもまた見どころ!
f0217014_1823816.jpg

島は3~4時間でぐるりと歩けるくらいの大きさで、場所によって生息している植物が違うのでブルーベルの他に、この可愛らしい白い花やピンクの花がキレイなタペストリーのように咲いているのが楽しめます。
f0217014_1812081.jpg

スコマーヘッドに到着。
f0217014_17484211.jpg

友達と一緒に遊びたかったのに、朝早くから起こされて機嫌の悪い我が家の長男坊!笑
f0217014_1811269.jpg

ティーンの扱いはホントに難しいものです。ため息

でも下の二人はご機嫌さんで、次は友達と一緒に来たいね~♪と話していました。
f0217014_18132451.jpg

もう少しだけつづきます。
[PR]
by enjoy-wales | 2016-06-21 18:14 | イギリス/ウェールズ | Comments(2)

Skomer Island にパフィンを見に行く! その1

イギリスの6月。

とても気持ちの良い季節になりました。

色んな花があちこちで咲き出して、まぁキレイなこと!・・・と、のん気なことは言ってられないくらい草や雑草、トゲトゲのブラックベリーもどんどん一緒に出てきて、草刈りや雑草抜きに追われている内に、気が付くとブログの更新を2週間近くしていないことに・・・。汗

(それと、この水曜日にMilford HavenにあるTorch Theatreで催される、『Erik Satie 150th Anniversary Concert, Noriko Ogawa (Piano) Mami Usami-Williams (Dancing)』でダンスをされるマミさんのコスチュームを作る・直すお手伝いしている最中です!)

そんな訳で、もっと早く更新したかったのだけど、ハーフタームの終わりに家族で行ってきた、西ウェールズの南東にある小さな島『Skomer Island』のことをアップします。

このペンブロックシャーの観光地の一つとして有名な島は、The Wildlife Trust of South and West Walesが管理していまして、沢山の渡り鳥を観察することが出来ます。ペンブロックシャーのマスコットキャラクターでもあるPuffins(パフィン)と、世界の三分の一の数が生息するというManx Shearwaters(マンクスシェアウォーター)と呼ばれる野鳥で有名で、3~7月のヒナの発育期かけては訪れる観光客が増えて特に忙しくなります。

前回この島を訪れたのは7月の半ばで、見たかったパフィンがもう島を出てしまって残っているのがちょこっと遠くにしか見えなかったので、今年こそ絶対見るぞ!と気合を入れて朝早く出掛けて行きました。

まずは Martin's Haven と言う所まで行って、島への上陸チケットをゲット。
こんなところからボートに乗ります。
f0217014_654217.jpg

ボートに乗っているのは15分ほど。あっという間に島が見えてきました。
f0217014_702831.jpg

島に着いて、階段を上がったところで島を訪れる際の注意事項や、見どころの説明をしてもらいます。
f0217014_705029.jpg

えっ!というくらいあっけなくパフィンが登場!!!
f0217014_724214.jpg

え~っ、え~っ!と嬉しい悲鳴を上げてしまうくらい、沢山のパフィンがあちこちに!
しかも目の前で見れるのに大感動・・・。涙
f0217014_74208.jpg

あ~、やっぱり来てよかった・・・。

つづきます。
[PR]
by enjoy-wales | 2016-06-13 06:10 | イギリス/ウェールズ | Comments(4)

へなちょこ家庭菜園、とりあえず花が咲き出しました・・・

今週イギリスの学校はハーフターム(学期中休み)に入り、どこもかしこもホリーデーモード。
観光地でもある地元ペンブロックシャーにも、イギリス各地からやって来た観光客で賑わっています。

そしてこのお天気!

5月はまぁまぁのお天気だったので期待していなかったのに、ハーフタームはずっと青空の広がる気持ちの良い天気が続いていて、皆大喜びしています。

でも暖かくなると一気にやって来るのが、庭仕事・・・。

とにかく草刈りと雑草抜き、ホリデーコテージの庭仕事に追われていて、中々へなちょこ家庭菜園の種や苗を植える時間が取れませんが、毎年何もしなくても咲いてくれるありがたい花やハーブたちが咲き出しました。
f0217014_1991543.jpg

手前の石壁の上に5~6年も前に植えたのが、種こぼれして壁の下に咲いてくれるポーチドエッグの花たち。
f0217014_19104535.jpg

本当はここに咲いてくれるとちょっと邪魔だけど、あまりに可愛いのでそのままにしてあります。
f0217014_19121794.jpg

私が汗かきながら働いている中、呑気に日光浴を楽しむ我が家の動物たち・・・。
どっちがオーナーなのだか・・・。
f0217014_19131197.jpg

去年夫君が家の前に作った石壁の上に植えた花たちが、今年はより大きくなって咲いてくれました。
こういうのはとても嬉しいものです。
f0217014_1915268.jpg

今年の野菜作りは全然ダメだけど、ドンドン咲き出す花たちに癒されてこの夏も草刈り、ガンバルで~!

皆さんもどうぞお元気で、初夏の美しい季節をお楽しみください。
[PR]
by enjoy-wales | 2016-06-02 19:17 | 家庭菜園と動物たち | Comments(6)