イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2月の釉薬テスト・窯焚き

2月に入ってから、皿や湯呑みなど作っている夫君。
気分が乗っている日、全然ダメな日などあるものの、ほぼ毎日仕事場で陶芸に励んでいます。

古い電気窯を自分でガス窯に改良したものが、今年に入ってようやく使いこなせるようになったそうで、2月に入ってからもう数回、釉薬のテストの為の窯焚きをするのに火を入れているのですが、ぽつぽつと気に入った結果が出て来たようで、傍で見ていても嬉しい限りです。

この岩の中から出て来たようなお皿は、私のお気に入りです。
f0217014_21595631.jpg

同じお皿に、お馴染の灰釉をかけたもの。
f0217014_221681.jpg

スリップを使ったものなど、色々試しているよう。
f0217014_21593219.jpg

この湯呑みも良い感じです。
f0217014_2223158.jpg

そしてこれも。
f0217014_223334.jpg

これも!
f0217014_2263850.jpg

ロンドン時代、フルタイムで陶芸をしていた頃、バンバン窯を焚いて一喜一憂していた夫君を思い出しました。

今年はまだまだこれからです。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-02-26 23:43 | 夫君の陶芸 | Comments(7)

物置のピアノ -3月13日(金)にロンドン、UCLにて上映予定

知り合いの方から、
「福島県人会より映画『物置のピアノ』の上映会のお知らせがありました。」
と連絡がありましたので、ロンドン&ロンドン近郊にお住まいの方々、よろしかったら3月13日の夜に観に行かれませんか?
f0217014_19381293.png

この映画はオーストラリアのパースで11月に上映会が行われ大好評とのことで、震災に見舞われた高校3年生の女の子の物語だとのことです。

映画の簡単な説明はこちらです:
http://ja.wikipedia.org/wiki/物置のピアノ

☆☆☆ 以下、お知らせ ☆☆☆

今回はUniversity College London(UCL)の大沼先生のご支援があり、3月13日(金)、UCL にて
映画「物置のピアノ」を上映することになりました。

プロデューサーの橘内さんにも遥々福島県からお出で頂きます。

UCLの大講堂(350名収容可能)をお借りしており、日本人ばかりでなく沢山の方々に見て欲しいと思います。英語の字幕あり、下記は現在の予定です。

17:00-17:45 味の素様より日本食提供(@Wilkins South Cloisters(UCL))
17:45-18:00 移動→@Cruciform B304 LT1(UCL)
18:00-18:15 映画プロデューサー様ご挨拶等
18:15-20:10 上映(115分)
20:10-20:30 感想発表等
20:30-21:00 退出・撤収

当日は味の素さんが軽食(餃子、枝豆、からあげ、焼きそば等々)を無料提供して下さるそうです。

13日の夕方是非空けておいて下さいますでしょうか。
友人、隣人、会社の同僚の皆様にもお話しいただけると幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-02-26 00:21 | イギリス/ウェールズ | Comments(0)

西ウェールズの春の訪れ & 初春のネイチャーテーブル

春の訪れ・・・とタイトルにありますが、西ウェールズはあいにく昨日今日と雨模様。
f0217014_18114333.jpg

夜になるとまだまだ寒く冷たい風が吹いているし、日中は雨がしとしとと降っていて、春の訪れ?っとクエスチョンマークを付けたくなりますが、太陽が顔を出してくれると日は暖かく、地面をよく見るとそこここにスノードロップやクロッカスが咲いていて、もうすぐ春だなぁと嬉しくなります。
f0217014_18182710.jpg

2月になって(と言ってももう24日だ!)春の足音が聞こえて来たので、お馴染のネイチャーテーブルはクリスマスの後から登場してくれていた「ウィンターキング」を片付けて、「クロッカス・スノードロップ・プリムローズの妖精」に変わりました。
f0217014_18173725.jpg

そろそろ子羊の鳴く声があちこちから聞こえてくる時期なので、羊さんも登場。

ネイチャーテーブルは子供たちがウェールズの学校に移る前通っていたシュタイナー学校で教えてもらったものですが、季節ごとに飾りを変えることでこんな風に「あぁ、また春がやって来るなぁ」と気分にリズムを刻むことが出来ていいものです。

3月3日のお雛祭りも忘れないようにしないと・・・。

水仙の黄色い花が見れるのはもうすぐ。皆さんどうぞお元気で、美しい春をお迎えください。
f0217014_18244068.jpg

[PR]
by enjoy-wales | 2015-02-24 18:01 | 手作り | Comments(2)

家族でウサギ対策をする週末

もう何年前のことになるのやら、家の前にある牧草地にフェンスを張り巡らして、庭&子どもたちの遊び場&鳥小屋と、馬&羊を放す場所、木々を植える場所を作りました。

イギリスの森を守るチャリティー団体に連絡すると、植え付ける木の苗&植え付けとフェンスの一部はチャリティー団体が受け持ってくれるという、私たちにとってはまたとないオファーを頂いて、その年に約2000本の苗を植えてもらいました。(でも2000本はちょっと大袈裟だと思うけど)
次男坊がまだ赤ちゃんだったので、7年前くらいになるでしょうか。
f0217014_156750.jpg

その時一緒に池も掘ってもらったので、牧草地の家から離れたその場所は、春にはカエルが沢山の卵を産み、年中野生のアヒルやサギがやって来て、ちょっとしたワイルドライフを楽しむことが出来ます。
f0217014_157946.jpg

さて、その植え付けてもらった沢山の木々は、夫君の背丈を越すくらい大きく育ってくれて嬉しいばかりなのですが、今年ウサギが私たちの牧草地にいるのを発見して、もしかすると…と木をチェックしに行くと幹の部分が少し噛じられていました。
f0217014_1594269.jpg

せっかくここまで育ってくれた木を食べられては余りにも残念なので、天気の良かった週末に家族総出でウサギ対策。エコ・プラスチックで作ってある透明の筒のようなものを、木の幹にクルリと巻き付けます。
f0217014_203273.jpg

いつも文句なしで手伝ってくれるわけではないですが、この日は子供たちが大活躍してくれて大助かり。
次男坊もやる気満々?笑
f0217014_214751.jpg

一箱で200個入っていましたがまだまだ足りないので、次のオーダーが届いたら木がまだ大丈夫な内にこれを巻き付けてしまわないと。

うちのニワトリやアヒルを狙うキツネさん、頑張ってウサギも獲っておくれ!
[PR]
by enjoy-wales | 2015-02-18 13:04 | 家族と子育て | Comments(4)

Steph - 西ウェールズの素敵な住人 その2

その1からのつづきです。

Stephのティーカップ&ソーサーのコレクションはまだここにも!笑
(どうしても写真を縦向けに載せられなくって、ごめんなさい。)
f0217014_2301190.jpg

その1を更新した際「魔女のお家みたい」というコメントがありましたが、まさにその通り、といった感じのお家です。「ハリーポッターの友人ロンの実家みたい」というコメントにも納得。
f0217014_2341091.jpg

元旦那さんがアーティストでお金がなかったという理由もあって、家の中には色んな物がアイデアを駆使したお金をかけないもので溢れています。
f0217014_2293460.jpg

シャビーシック・ヒッピーシックの極みのようなインテリアは、楽しくって居心地がいい。
f0217014_2295186.jpg

ヒッピー時代に流行ってまた最近耳にする「マクロビオティックのダイエット「に、17歳の時に出会ってからずっと実行しているヘルシーオタクのSteph。
この日は、具沢山のオーガニック味噌スープとおそばをご馳走してくれました。
(これも写真が反対になってしまって、ごめんなさい)
f0217014_2284647.jpg

心も体もホクホク温まったひと時を、どうもありがとう。

春の訪れが聞こえてくるような今日このごろ。
まだまだ寒い日が続きますので、皆さん暖かくして元気に春をお迎えください。

★只今オフィスのWi-Fiが壊れているので私のPCが使えず、息子のラップトップを使ってブログを更新しています。その為か、写真がちゃんと載せられず見難くなってしまってごめんなさいね。3月の初めまで直してもらえないそうでもうしばらく不便が続きますが、どうぞ気長にお付き合いくださいませ・・・。

★★その後、オフィスのWi-Fiが繋がったので写真を編集し直しましたが、PCでブログを見ると写真がちゃんと見れるのに、タブレットやスマートフォンで見るとまたあちこち変な方向に向いているので、これはもう私の手には負えないなぁとため息をついています。
理由がお分かりの方、是非処理の仕方を教えていただけるとありがたいです。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-02-12 19:33 | イギリス/ウェールズ | Comments(2)

Steph - 西ウェールズの素敵な住人 その1

先週はようやく地面がカチンコチンに凍ってくれた、寒い西ウェールズからこんにちは。

ロンドンのど真ん中から西ウェールズの田舎に引っ越してきて、今年で13年になりました。
13年住んでいると、色んな人との出会いや別れがあります。

気が合う人と友だちになるのは自然なことですが、気が合っても親しくなる機会が無かったり性格が違うのにずっと付き合っている人がいたり、人付き合いというのは面白いものだなぁと思います。

そんな中、毎週水曜日に通っているアフリカンダンスのクラスを通して知り合った仲間は私にとって特別なレディーたちで、年齢も国籍も性格もバラバラですが、もうかれこれ11年(!)の付き合いになる大切な友人たちです。
-11年とは言え、次男坊を妊娠してから6年ほどストップしていたのを去年からまた通いだしました。

このダンスクラスのリーダー的存在なのが、Steph。
南アフリカ出身の元ヒッピーで、5人の子供を育て上げた、いつもカラフルでオリジナリティーに溢れた楽しい格好をしているのでどこにいても目立つこと!笑

そのStephの家に先日、久しぶりに遊びに行きましたので、この機会に彼女のマジカルな家を紹介したいと思います。
f0217014_22461638.jpg

元ヒッピーというだけでなく南アフリカ出身、しかも西ウェールズの田舎に住んでいるというのが彼女の面白いところで、もう30年ほど住んでいるコテージもその彼女のキャラクターを見事に反映しているみたい。
f0217014_225687.jpg

子どもたちが皆巣立って一人暮らしをしているので、大好きなティーカップ&ソーサーのコレクションを好きなように飾れるのが嬉しいんだそうで、もうそこここに可愛らしいコレクションが並びます。あ〜、羨ましいこと!
f0217014_22584196.jpg

まだまだあるコレクションの数々・・・
f0217014_225930100.jpg

殆どがチャリティーショップや友人から来たというのが、また彼女らしい。
f0217014_2301025.jpg

元旦那さんがアーティストだったので、彼の作った戸棚やシンクも楽しくって、撮った写真がここで全部紹介できないのでその2に続けようと思います。
お楽しみに!
[PR]
by enjoy-wales | 2015-02-09 00:01 | イギリス/ウェールズ | Comments(14)

友人のKanaちゃんことKanaexpressさん、本を出版する!

今週は雪に見舞われて、子どもたちにとっては嬉しい週となりました。
しかもずっと晴れ続きで喜ばしい限り。
去年は記録的な暖冬で雨ばっかりだったので、この寒いけれど青空の広がる天気を満喫しています。(いつまも続いてほしいなぁ!)

さてさて、ロンドン時代の友人で、消しゴムはんこアーティストとして活躍されているKanaちゃんことKanaexpressさんが、とうとう消しゴムはんこの本を出版されることになりました。
f0217014_20343563.jpg

以前にもKanaちゃんの作品を紹介したことがありますが、私は可愛いだけでない何か・・・抜群のセンスと楽しいサプライズのある素晴らしい作品たちの大ファンで、毎年新しい作品をワクワクしながら楽しみにしているのです。そんな訳で、こうしてKanaexpressさんの本が出版されるというのは、もう大声を上げたいくらい嬉しい♪
f0217014_20404560.jpg

Kanaちゃんのワークショップにはなかなか参加できないけれど、この本を眺めながらいつか参加するぞと夢見る2015年となりそうです。
f0217014_20432546.jpg

最後になってしまいましたが、Kanaちゃん、おめでとう!
これからのますますのご活躍をウェールズの田舎から応援しています。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-02-06 20:46 | アート&クラフト | Comments(3)

お気に入りのズボンとマフラーを直す

雪がちらちらと舞う西ウェールズから、こんにちは。

日本でも各地で大雪が降っているようですが、イギリスも先週末からどんどん寒くなってきました。
とは言え、例年に比べるとまだ暖かいくらい。

地面がカチカチに凍ってくれないので、春になると出てくるナメクジの発生が心配。あまり寒いのは困りますが、今月はキーンと寒くなってくれる方が土には良いので、天気予報とにらめっこしている毎日です。

さて、先日ずっと直したかったお気に入りの家ズボン(家で着る暖かくて楽チンなズボン)と、カシミアのマフラーにやっと手を入れました。

ズボンの方は、ロンドンのチャリティーショップで買ったウール混・裏地付のもので、もうかれこれ20年近くはいています。えらく年季が入ってちょっとボロッとしていますが、暖かくて着心地が良いので冬になると登場する大のお気に入り。
f0217014_22422416.jpg

学生の頃に買ったグレーのウールのスカート(虫が食ってしまったもの)の生地を使って、手直ししました。
ちょっとポップに楽しく。
f0217014_22442410.jpg


そしてカシミアのスカーフ。
f0217014_22454724.jpg

Broraと言うブランドのもので、亡くなった義理の母からクリスマスプレゼントに頂いたものでした。
長男が生まれたころだったので、このスカーフも15年近く大事に使っています。

大きく開いてしまった穴は、グレーの毛糸でチェーンステッチを駆使して閉じました。
f0217014_22481431.jpg

フロントに来る部分に開いた穴は、グリーンのフェルトを使って。
f0217014_22503579.jpg

新しい服を着るのはもちろん好きですが、こうやって古くなってしまったものをチョコチョコ手直ししながら身に着けるのもなかなか楽しい。これからまだしばらくお世話になりそうです。

今日も丁寧に。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-02-02 22:55 | Upcycling | Comments(8)