イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夫君、今年二度目の窯焚きをする。

今週のイギリスはまた寒気がやって来て、スコットランドや北イングランドでは大雪が降っているようですが、私たちの住む西ウェールズは寒いけれどまだ雨模様で、今週末は雪になるかなぁと窓の外を眺めています。

さて、夫君は昨日今年二度目の窯焚きをしました。
f0217014_19535986.jpg

今年最初の窯焚きをした際にもう釉薬のテストはやらないなんて話していましたが、大きな窯を使う前にもう少しテストをしたかったそうで、夫君の意気込みが伝わってくるようです。
f0217014_20113431.jpg

これはもうお馴染の釉薬。
f0217014_2012752.jpg

こちらは新しいコンビネーションです。
f0217014_20131710.jpg

この釉薬も落ち着いてきたようで、これからが楽しみです。
f0217014_2015442.jpg

今年は1月の間に2度釉薬のテストの為の窯焚きをした夫君の、これからの活躍を期待するばかりです。
ガンバレ!

色々なところで寒波の影響が出ているようです。
皆さんどうぞ外に出られる時は暖かくして、いつもよりお気を付けくださいね。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-30 20:22 | 夫君の陶芸 | Comments(10)

まだまだ完成には遠いツリーハウスだけど・・・

先週末は冷たい北風がピューッと吹き抜けることもありましたが、ご覧の通り青空の広がって気持ちの良い、暗い・寒い・雨の多いウェールズの冬には嬉しいお天気でした。

土曜日に遊びに来ていた次男坊の親友B君と我が家の暴れん坊、北風なんか何のその!と、セーターを脱ぎ捨てて外を走り回っていました。この年の男の子って、本当に元気だわ。笑

静かになったのでふと外を見てみると、二人とも作りかけのツリーハウスの上にいます。
f0217014_053233.jpg

「何してるの~?」と話しかけると・・・。
f0217014_013476.jpg

家からブランケットを持ち出しきて、野鳥を眺めながらモグモグとビスケットを食べていたのでした。
f0217014_014618.jpg

このツリーハウス、もう少し暖かくなったらちゃんと屋根を付けてあげたいね。この様子だと、壁はなくっても楽しいかも?
f0217014_0151241.jpg

このB君の家族、北ペンブロックシャーという坂道の多い田舎に住みつつも車を所有せず、家族皆自転車で行動するというツワモノ一家なのです。

この日も午後に両親とお姉ちゃんが自転車でやって来て、皆で一緒にサイクリングしながら山を越えて帰って行ったのでした。スゴイなぁ。

私たちも寒い寒いと言ってないで、見習いたいものです。

このブログまで遊びに来てくださった皆さん、どうもありがとうございました。
小さな春の足音が聞こえてくる頃ですね、どうぞ元気に2月をお迎えください。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-26 21:03 | 家族と子育て | Comments(6)

たこ焼きバースデーパーティー

もう先週のことですが、カマ―ザンという街の近くにお住いのRさんのバースデーパーティーに行ってきました。

このRさんとは、数年前にブログを通してお知り合いになったんですよ。
ブログを書いていてよかったなぁ、と思える出会いです。

さて、Rさん宅でパーティーと言うと出てくるのが、ポータブルのガスたこ焼き器です。
f0217014_18252851.jpg

元関西人の私はもちろんたこ焼きが大好き!
しかも私の住むペンブロックシャーではなかなかタコが手に入らないので、これは心から嬉しいご馳走です。

早速集まった皆と一緒にワイワイたこ焼き作り。
f0217014_18285452.jpg

出来てきた、出来てきた・・・。
f0217014_18294133.jpg

お~、なんて見事なたこ焼きさんたち♪
f0217014_18301968.jpg

去年もこのたこ焼き器でRさんのバースデーをお祝いしたのを思い出しました。
各自持ち寄ったものをテーブルに並べて、いよいよお食事です。
f0217014_1832298.jpg

これまたお料理が得意な Iさんが作って来てくれた、バースデーケーキ。大きい!
f0217014_18352285.jpg

インターネットのおかげで、日本や世界各地に住む日本人とやり取りする機会が増えて嬉しい限りですが、顔を見て話すことはまだ少ないので、こうやって日本人が何人か集まってワイワイと日本語でお喋りできるのは貴重な機会。

何て書いていますが、去年の暮れにあった忘年会でお会いしたAさんに引き続き、最近また西ウェールズに引っ越してこられたお若い日本人のお二人、Nさん、Kさんと知り合いになる機会に恵まれました。世界はやっぱりドンドンと繋がっているみたい。

Kさんからは、ウェールズに越してくる前、東京に住んでいた時に私のブログを読んでいましたとお聞きして、ビックリ!えらく嬉しい(&恥ずかしい)驚きで、去年はちょっと更新が滞っていたブログをもっと頑張ってアップするぞ、と心に誓ったのでした。

Rさん、それから参加された皆さん、楽しい楽しいひと時をどうもありがとうございました。
またやろうね~♪
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-24 00:19 | 料理 | Comments(4)

夫君、今年最初の窯焚きをする-その2

その1からのつづきです。

今回の窯焚きも半分が釉薬の試験だったので試験用の小さな湯呑み(ぐい吞み)ばかりですが、今回の試験で使いたい釉薬を選んだそうで、これから次の窯焚きに向けて他の作品作りに精を出すそうです。

この釉薬は見たことがあるような・・・。
どれも和風なのが面白い。やっぱり日本の焼き物が大好きなんだなぁと、しみじみ眺めている私です。
f0217014_1245941.jpg

これは初めて見た釉薬。
中々いい感じです。
f0217014_1251756.jpg

この高台の感じも初めてです。
f0217014_1253220.jpg

小さい窯で試験用に焼いたので作品の量は少ないけれど、これで次に向けての方向が見えてきたようなので、有意義な窯焚きになったようで私も嬉しい。
f0217014_1255145.jpg

夫君の作陶はこれからです。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-22 00:17 | 夫君の陶芸 | Comments(2)

夫君、今年最初の窯焚きをする-その1

今週もキ~ンと冷える日々が続いています。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、今年の初めに2015年は例年以上に本業の陶芸とクラフトに力を入れるぞ!、と発言していましたが、皆に言ってしまったというのがよかったのどうか、夫君、先週末に今年最初の窯焚きをやりました。
f0217014_1211914.jpg

ロンドンでは本業として頑張っていた陶芸、13年前西ウェールズに引っ越してきてから色んな理由で中々本腰を入れて出来なかったのが、今年になってようやくやる気が溜まって来たようで、顔つきが違うなぁと思いながら見ている私です。
f0217014_122564.jpg

頭でうんうんと考えていてもしょうがない。
とにかく手を動かす。
が、今年のモットーです。

これは、ウェールズに来てから作るようになった灰釉。
f0217014_1221963.jpg

これはロンドン時代で作ったものを、改良したものらしい。
f0217014_122423.jpg

そしてこちらは、ロンドン時代によく使っていた釉薬で、再度レシピを出してきて試し焼きしてみたもの。
新しい土にもちゃんと付いていて、一安心。
f0217014_1225988.jpg

その2に続きます。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-21 01:23 | 夫君の陶芸 | Comments(0)

この冬2度目の雪-つづきです。

月曜日の夜から降り出した雪ですが、すぐに溶けてしまうかなぁと思っていたら火曜日の夜もドンドンと降ってくれて、水曜日の朝は3センチほどの雪が積もっていました。
f0217014_20124074.jpg

フワフワの雪と言うよりは、ちょっと凍った感じです。
f0217014_2013104.jpg

去年は雨ばかり降って雪が降らなかったのでこの雪を見て大喜びの子どもたち。

次男坊はお腹を下してこの日も学校を休む予定でしたが、上の二人も「去年は雪が全然降らなかったし、今年もこれが最初で最後かもしれないから、学校休んでソリすべりさせて~~~!」と夫君を説得。
結局学校をお休みしたのでした・・・。(学校には二人とも風邪と報告。汗)

家の裏で朝ごはんも食べずにソリすべりする子供たち。
f0217014_20252349.jpg

山の暮らしは山の麓に比べるといつも気温が何度か低くって、普段は街中は暖かくっていいなぁと思うこともありますが、雪が降るとどこよりも遅く溶け出すのでこういう日はなかなか嬉しかったりします。

お腹が痛いと文句を言いながらもソリすべりしてしまう次男坊!
f0217014_20135546.jpg

私はこの雪にもめげず、午後になるとアフリカンダンスのクラスに行きました。-これはもう義務みたいなもの。

帰って来ると、庭に雪だるまが作ってあってちょっと感動したのでした。
f0217014_20213778.jpg

帽子とマフラーを付けて、ハイチーズ。
f0217014_20211878.jpg

今天気予報をチェックしてみると、週末にまた雪が降るらしいとのこと。
雪が沢山降ると山から下りれなくなるので、来週は正々堂々と学校を休めるかも・・・?
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-15 19:06 | 家族と子育て | Comments(2)

この冬2度目の雪-我が家の鳥たちは皆元気です。

今朝、子供たちがドタバタと学校に行った後外を見てみると雪が降っていました。
f0217014_030914.jpg

お腹を下して今日はお休みの次男坊は、お腹が痛いのも忘れて大騒ぎ。笑

見る見るうちにガーデンテーブルの上に白いものが積もって来ましたが、残ってくれるかなぁ・・・。
次男坊、ドレッシングガウンを着たままで野鳥にエサを上げに行きます。
f0217014_0413852.jpg

私はこの時期泥んこになってしまう、滑って滑って危ない鳥小屋へ、アヒルと鶏のエサやりへ。
見よ、この泥~!
f0217014_042336.jpg

アヒルが寒い冬でも元気に池で泳ぐのには、いつ見ても感心してしまいます。
f0217014_044851.jpg

次男坊が撒いたエサを食べにくる野鳥たち。
野鳥へのエサやりは、この時期欠かせない日課の一つです。
雨や雪が降る寒い冬の間、頑張って生きていてね…との思いを込めつつ。
f0217014_045251.jpg

私も先週はお腹をこわしてぐったりとしていましたが、次は次男坊にうつってしまったみたい。
風邪やらインフルエンザやら、色々と流行っているようですので、皆さんどうぞこの時期健康にはお気を付けくださいね。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-13 00:36 | 家庭菜園と動物たち | Comments(6)

オレンジとアーモンドのcouronne を作ってみました♪ レシピをどうぞ!

食いしん坊、バンザ~イ♪

・・・と、このクリスマスには絶対ドイツのお菓子・シュトレンを作るぞ、と決めていたのに結局色んな理由で作ることが出来なくってクリスマスデーに間に合わなかったので(シュトレンは1週間寝かせないといけません)、どうしようかと迷った結果、この「Couronne」のレシピを見つけて作ってみたらまぁ美味しかったので、ここにご紹介します。

見つけたレシピのタイトルはズバリ、「Season’s cheatings: baking easy party pieces」!
この季節の手抜きレシピ:簡単に焼けるパーティー料理、とでも言うのでしょうか。笑

使ったのは「Clementine and pine nut couronne (ミカンと松の実のCouronne)」と言うレシピでし他が、ミカンの代わりにオーガニックのオレンジ2個、松の実の代わりにアーモンドを見つけてクリスマスイブに焼いてみました。
f0217014_2354764.jpg

イーストを使った菓子パンなので時間は掛かりますが、見かけが結構華やかで、それより何よりオレンジの香りがふんわりクリスマスらしくって焼いた甲斐があったなぁと一人大満足。

ミンスパイやクリスマスケーキとまた違った美味しさなので、今後我が家のクリスマス定番料理のリストに仲間入りしそうです。

材料
Makes one large couronne, serving 8–10
強力粉 320g
ドライイースト 7g
塩 小さじ½ 杯
キビ砂糖 大さじ2杯
ミルク 200ml
バニラエッセンス 小さじ1杯
オレンジの皮を削ったもの 1個分
無塩バター 30g 

For the filling
無塩バター 60g, 室温に戻して軟らかく
キビ砂糖 75g
バニラエッセンス 小さじ1杯
オレンジの皮を削ったもの 1個分
塩少々 (私は塩を使う代わりに、無塩バターでなく普通のバターを使用しました)
アーモンドスライス 75g (フライパンで5分ほど空炒めしておく)

To glaze
粉砂糖 100g
オレンジの搾り汁 大さじ1~2杯

作り方
① 大き目のボウルに、強力粉、イースト、キビ砂糖、塩を入れて軽く混ぜ合わせます。
② ミルクをミルクパンの中で人肌に温めたら(熱くし過ぎないよう注意)、バニラエッセンス、オレンジの皮を削ったもの、バターを加えてよく掻き混ぜ、①のボウルに加えます。
③ ボウルの中でさっと生地を混ぜ合わせたら粉を軽く振った台の上に出して、やや滑らかでまとまって来るまで2分ほど生地をこねます。この時普通のパンの生地のようにこねすぎないのがコツ!
④ ボウルに生地を戻してラップをして、室温で1~1時間半ほど、生地が約2倍の大きさになるまで寝かせます。

⑤ 生地を寝かせている間にフィリングを準備。室温に戻しておいたバター、キビ砂糖、バニラエッセンスとオレンジの皮を削ったものを、しっかりとなめらかになるまで混ぜ合わせておきます。

⑥ ④の生地が2倍に膨らんだら、粉を振った台の上に取り出し、45x20cmの大きさになるように麺棒で伸ばします。(ちゃんと測ってくださいね)
f0217014_23504181.jpg

⑦ ⑤で準備しておいたフィリングを生地の全体にまんべんなく塗り、長いソーセージを作るように上から隙間なく生地を巻きます。
⑧ 長いソーセージのようになった生地をオーブンの天台に移し、一方はくっつけたままにして縦にまっすぐナイフで半分に切ります。(ウェブサイトにあるビデオを参照!) 切口が上に向くように生地を置いて、2つの切口を↓の写真を参考に重ね合わせながら丸い輪になるように両端を付け合せたら、ラップを軽くかぶせて45~60分程おいて1倍半くらいの大きさになるように2次発酵させます。
f0217014_23505839.jpg

⑨ オーブンを180度(350F/gas mark 4)に温め、⑧を約30分焼きます。
(この時点でもう食べたくなるけど、今回はちゃんとデコレーションをしたいので我慢!笑)
⑩ couronneが冷めたら、粉砂糖とオレンジの搾り汁を混ぜ合わせたものを上に垂らして出来上がり♪

この後、オレンジの代わりにシナモンパウダーをたっぷり入れて作ってみたものも家族に大好評で、すぐになくなってしまいました。

クリスマスの季節だけでなく、これから何かとお世話になりそうなレシピです。

どうぞ一度お試しを!
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-05 23:54 | 料理 | Comments(2)

2015年もどうぞヨロシクお願い致します。

2015年も明けましておめでとうございます!

ブログを通して知り合えた素晴らしい仲間たちのブログや嬉しいコメントに励まされて、去年も何とかブログを続けることが出来たこと、心から嬉しく思います。
f0217014_23572184.jpg

今年はもっとクラフトの方に精が出せればいいなぁ・・・いや、やるぞ!
夫君にも大工仕事ばかりでなく、(一応本業だったりする)作陶を頑張ってもらわないと。
f0217014_23573742.jpg

クリスマスの後にちょこっと降ってくれた雪。
嬉しかったのでパチリ、パチリ。

でもまたぼんやりと暖かくなって、小雨が降った後の地面はドロドロ!

夫君が歩くところは板を引いてくれて、イギリスのフェスティバルみたいで可笑しいのでそれもパチリ。
f0217014_23581996.jpg

去年一年、私の気まぐれなブログまで遊びに来てくださった皆さん、どうもありがとうございました。
今年も引き続き、どうぞヨロシクお願い致します。

2015年も皆々さんにとって、充実した素晴らしい一年となりますよう心から祈りつつ。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-03 00:55 | 風景 | Comments(10)