イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

手作りスパイシー アップル チャツネ (Apple Chutney) -作り方♪

こんにちは!
皆さん元気に秋をお過ごしでしょうか。

昨日はカラッと晴れて暑いくらいだったのに、今日は灰色の雲が空を覆って秋模様。
山ではベストとセーターを着てちょうどいいくらいです。

ウェールズは冬になると雨が多くなるので、9月~11月の間は冬支度の為に家周りの修理や庭仕事で忙しい毎日を過ごしています。

そして秋は収穫の時期。
前回ブログを更新した時に書きましたように、リンゴを友人宅から沢山もらってきたので、今月はケーキやクランブル、ドライリングやチャツネを作ってせっせと食べています。
f0217014_1252157.jpg

この写真を撮ったのは今月初めごろ。
どっさりと木に生る赤いリンゴが可愛いですね~。
f0217014_130193.jpg

前置きはさておき、このいただいたリンゴを使ってアップル チャツネを作ったのが美味しかったので、ご紹介!
f0217014_1314025.jpg

イギリスでは「チャットニ―(chutney)」と呼ばれるチャツネ。
ちょっと調べてみると・・・「南アジア・西アジアを中心に使われているソース、またはペースト状の調味料。豆と各種スパイスで作る日本のふりかけに類似したものもある。名前はヒンディー語で「舐める」を意味する「チャートゥナー(चाटना)」に由来する。各家庭ごとに独自のレシピがあり、味は多様である。」とありました。

日本ではカレーにラッキョウや福神漬けを添えますが、イギリスでは気に入ったチャツネと一緒にいただきます。チーズやサンドイッチと一緒にいただくこともあるんですよ。

酸味と甘みのあるこのスパイシーなアップルチャツネ、これも簡単にできますので一度お試しを♪
f0217014_1312510.jpg

用意するもの
大きめのお鍋 2個
保存用の瓶 8個ほど (これは瓶の大きさによります)
ベーキングペーパー → 瓶の開け口の大きさに合わせて、丸く切っておきます。

材料
☆ 私は以下の材料で作りましたが、これだと多すぎる!と言う場合は半分の量を使ってくださいね。☆

2㎏ *リンゴ (*普通は酸味の強いリンゴを使いますが、私が頂いたのは甘めのリンゴでした)-皮をむいて芯と種を取り除いた量
2個 玉ねぎ(大)
400g レーズン
大さじ山盛り1 マスタードシード
大さじ山盛り1 コリアンダーシード
小さじ1 チリパウダー
大さじ1 グラウンド ジンジャー又は大さじ1 生姜を刻んだもの
小さじ1 塩
450g キビ砂糖
500ml アップル酢 又は白ワイン ビネガー

作り方
① リンゴ、玉ねぎを細かく刻んでください。
② 大きめの鍋に、全材料を入れて強火で煮て、ブクブクと沸騰してきたら弱火で30分~1時間くらい、時々かき混ぜながら煮ましょう。
③ 煮ている間に保存用の瓶の準備!
大きめの鍋にグラグラとタップリのお湯を沸かし、保存用の瓶と蓋をその中で10分程煮たら準備オーケーです。(瓶から蓋は外してくださいね)
④ 出来上がったチャツネが熱い内に、保存瓶に入れます。丸く切ったベーキングペーパーをチャツネの上に敷き、蓋を閉めたら出来上がり。

☆ 蓋を閉めておくと、1年以上保存出来るそう。蓋を開けたら冷蔵庫に入れて、3週間以内に食べてください。
☆ チャツネは家庭によって色々。スパイシーなものがお好きな方は、色々他のスパイスを試してみるのもいいですね。スパイシーなものが苦手な方は、スパイスの量を減らしてももちろんオーケーですよ。

Happy Cooking♪
[PR]
by enjoy-wales | 2014-09-28 01:31 | 料理 | Comments(4)

秋のアップル・ピッキング♪

まだまだ秋晴れの続くに西ウェールズから、おはようございます。

先日、去年イングランドから引っ越してきた山向こうに住む友人カップルから電話がありました。

「また今年もリンゴが沢山なっているから採りにおいで」とのこと。
これはすぐに行かねば!と、週末に夫君と次男坊を連れてアップル・ピッキングに行ってきました。

この大きなリンゴの木、友人カップルが引っ越してきた時は雑草やら低木やらにおおわれて、去年はリンゴを採りに行くのも大変だったのですが、二人が一生懸命庭の大掃除をした甲斐があって今年は立派な姿を見せています。頑張ったね~。
f0217014_17584124.jpg

このリンゴたち、彼らの村であった「野菜&フルーツの品比べ」で一等賞をもらったそうで、わさわさとなっている大きな実がまぁ美味しそう。
f0217014_182545.jpg

リンゴの木にハシゴを立て掛けると、我が家のわんぱく小僧君、早速一番上まで登ってしまいました。笑
f0217014_18134187.jpg

おいおい、気を付けてよ~! (リンゴをハシゴの上から落とすので、次男坊より下にいる私たちが大変!)
f0217014_18143565.jpg

こんなに沢山のリンゴが採れて、大満足。
f0217014_1815536.jpg

この日はついでに、ブラックベリーやプラムにちょこっと残っていたラズベリーも一緒にいただいてきました。
f0217014_1816416.jpg

そう言えば、先週の火曜日はハーベストムーンでしたね。
f0217014_18183357.jpg

さぁ、このりんごをどうしようか。また忙しくなりそうです。

収穫の秋に感謝しつつ・・・!
[PR]
by enjoy-wales | 2014-09-15 18:20 | 家族と子育て | Comments(14)

秋晴れが続く西ウェールズ♪

f0217014_17451120.jpg

タイトルにありますように、秋晴れの続く西ウェールズからこんにちは。

9月に入って子供たちの学校が始まり、夏休みの間手を付けられなかったデスクワークやら庭仕事に忙しい今日この頃。

イギリスの夏は8月は天気が崩れて困ることが多いのですが、9月は何故か好天の続く日が多いのです。

この時期嬉しいのが、キッとしたゴールデンイエローが目に嬉しい「Gorse」とふんわり香るピンク色が可愛らしい「Bell Heather」。
f0217014_17401156.jpg

f0217014_17403612.jpg

山や高原がこの2色ですっかりおおわれる様子は、毎年楽しみにしている風景の一つです。
f0217014_17445814.jpg

f0217014_17431260.jpg

寒~い暗~い日が続く冬がやって来る前に、庭仕事をやってしまわないと!

皆さん、どうぞお元気に良い秋を過ごされますように。
[PR]
by enjoy-wales | 2014-09-14 17:27 | 風景 | Comments(2)

一番のお気に入り、バナナブレッド・レシピ♪

f0217014_1914479.jpg

バナナブレッドのレシピはレシピ本、友人にもらったものなどいくつか持っていますが、ウェークエンドの新聞に読者のお勧めとして載っていた「我が家のバナナブレッド」のレシピを使って作ってみたら、ビックリするくらい美味しかったのでここにご紹介します♪

バナナが余って古くなっていればよりGood。
3~4本ほど使うので、フルーツバスケットにバナナが残っている方は是非!


用意するもの
900g の大きさのローフ型 (約25.75 X 12.75 X 6.75 cm くらい)
ベーキングペーパー
大きめのボウル2つ

材料
115g 冷たいバター -小さ目のサイコロ状に切っておく
230g セルフレージングフラワー(手に入らない場合、薄力粉150g にベーキングパウダー小さじ2杯の割合でお使いください)
140g 砂糖 (私は軽めのきび砂糖を使いました)
30g クルミ (私は家になかったので代わりにアーモンドを使いました)
120g サルタナレーズン (普通のレーズンでもOK)
2個 卵 (L)
500g バナナ

作り方
① まずはオーブンを180度(ガスマーク 4)にセットしましょう。
② ローフ型に軽くサラダオイル(バターでも)を塗って、ベーキングペーパーを敷きます。(写真を参考)
③ 大きめのボウルにセルフレージングフラワーと切っておいたバターを入れて、指先でバターを粉にこすりつけるようにして混ぜ合わせます。湿った砂のようにバターが全部粉と馴染んだら、砂糖、ナッツ、レーズンを加えて混ぜ合わせましょう。
④ もう一つのボウルに卵を割り入れて軽くかき混ぜます。バナナを切ってフォークなどで軽くつぶしたものを卵と混ぜ合わせます。
⑤ ④の卵とバナナを③のボウルに加えて、切るように粉っぽさがなくなるまで軽く混ぜ合わせたらローフ型に流しいれます。☆ 混ぜ過ぎないように注意!
⑥ 温めておいたオーブンで、約75分焼きます。☆ 長い時間焼きますのでブレッドの表面が焦げる可能性大です。30分ほどして焦げているようでしたら、アルミホイルなどでカバーしてくださいね。
⑦ ブレッドに串を刺してみて、何も付いてこなかったら焼き上がりです。

次の日まで置いておくとより美味しいのだけれど、それまで我慢できるかな・・・。
我が家のはすぐになくなってしまって、写真が一枚しか撮れませんでした。笑

このブレッドも簡単にできてしまうので、是非是非、お試しください♪
[PR]
by enjoy-wales | 2014-09-09 17:33 | 料理 | Comments(6)

夏休みの恒例キャンプ!Vol.2

Vol.1からのつづきです♪
海辺での恒例キャンプへは愛犬レニーを一緒に連れて行きます。
その時ちょっと考えないといけないのが、朝の散歩とどこへ一緒に行けるかと言うこと。

田舎暮らしなので、普段は勝手に牧草地のどこかで用事を済ましてくれるレニーですが、キャンプ場で他の人たちと過ごすとなると朝の散歩が必要になります。朝が苦手な(特にホリデー中は・・・)私も、キャンプ中はちゃんと起きて朝一番にレニーとお散歩。でもこれも楽しみの一つとなったかな。

そしてペンブロックシャーの人気ビーチはシーズン中(4~9月)犬連れ禁止となるので、ビーチへ行こう!となるとキャンプ場から見渡せるWhitesands ビーチではなく、フットパスを20分程歩いたところにある小さなビーチへ行くことになります。

Whitesandsビーチはイギリスでも結構有名なビーチで良い所ですが、この小さなビーチがまたとても素晴らしくって、潮が引くと小さな洞窟へ行くことも出来て楽しい♪
f0217014_22161945.jpg

で、それを見ると子供たちは早速登りだします。笑
f0217014_2218692.jpg

次男坊もお兄ちゃんとその友達に続いてもちろん挑戦・・・。
f0217014_22195781.jpg

ボーイズたち、私たちが見ない間に調子に乗って崖を登りだしてこんな上の方まで登ったものの、恐くなってしまって夫君に救助された後、しこたま怒られてしまったのでした。元気なのはいいけれど、程々にしておくれよ・・・。危ないからどうぞ真似されませんように!
f0217014_2222590.jpg

いっぱい遊んだ後、キャンプ場で食べる夕食ほど美味しいものはないかもしれません。
f0217014_22244720.jpg

今年は例年に比べるととても短いキャンプだったけど、お天気に恵まれて楽しかった。
年によっては、雨ばかりだったり、嵐に見舞われてテントが壊れたりと大変なこともあったんですよ。笑

来年もまた来れますように!
f0217014_22264133.jpg

[PR]
by enjoy-wales | 2014-09-04 22:26 | アウトドア・ライフ | Comments(10)

夏休みの恒例キャンプ!Vol.1

とうとう夏休みが終わってしまいました。

イギリスの今年の夏は好天に恵まれて楽しかった・・・、楽しかったけど大変だったよ~!

最後にブログを更新したのが8月11日だったので、3週間ずっと自分の為の時間が取れなかったということになります。今日から子供たちの学校が始まって、やれやれと一息つきつつ「やった~!」と一人でガッツポーズを取っている私です。笑

自宅で自営業と言うのは利点が沢山ありますが、夏休みは大変。
6週間子供たちは家にいるし、田舎に住んでいるので子供たちが出掛けるとなるとタクシードライバーにならないといけないし、夏はお客さんも多いのでまぁ毎日ドタバタとしています。

夏が過ぎ去って、日に日に秋模様に変わっていく景色を見るのは物悲しいものもありますが、「あ~、今年もよく頑張ったわ。」とホッとしているのが本音です。

何~て心まで秋模様になっちゃいましたが、夏休みの恒例イベント、St. David's, Whitesandsでのキャンプは今年も実行することが出来て、夏休みのハイライトとなりましたのでアップさせてくださいね。

いつもは2週間ほどキャンプするのですが(→*)、今年は残念ながら1週間弱・・・。

この景色を見ながらいただく朝食が例年より美味しかった。
f0217014_1916594.jpg

愛犬レニーももちろん一緒です。
f0217014_1922198.jpg

この週は素晴らしいお天気で、ゆっくり朝食を楽しんだ後は込み合うWhitesandsビーチではなく、フットパスを20分程半島の先に向かって歩いて行った所にある犬もOKなビーチへ。
f0217014_19252024.jpg

長男坊は友達から借りた本が面白すぎて、泳ぐよりも読書に必死。
f0217014_19254991.jpg

次男坊はもちろん海に直行!はまっているボディーサーフィンをめい一杯楽しみましたよ。
f0217014_1928237.jpg

海辺のピクニックで嬉しいのは何といってもスイカですよね。歩いて持って行くのは重かったけど、この日は暑かったので格別の美味しさでした。冷たい海で泳いだ後のチョコレートも美味♪
f0217014_1930582.jpg

静かに海の向こうへ沈んでいく美しい夕日を見つつ、「今年も来れてよかった・・・」としみじみ思ったのでした。 
f0217014_21561846.jpg

Vol.2 へつづきます。
[PR]
by enjoy-wales | 2014-09-03 19:33 | アウトドア・ライフ | Comments(2)