イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年作ったブラックカランツのジャムをはさんだ、ビクトリア スポンジ♪

今年はブラックカランツの豊作年に恵まれ(→ ☆)、例年より沢山のジャムを作ることが出来ました。
f0217014_2311314.jpg

瓶詰めにして10個以上出来たので、一人で嬉しい悲鳴を上げています。キャ~♪

ジャムを見ていると無性にビクトリアスポンジが作りたくなってきたので、早速焼いてみました。
f0217014_2343423.jpg

ビクトリアスポンジ」というのはイギリスの有名なケーキのことで、バター風味のスポンジケーキにイチゴやラズベリーのジャムを挟んでいただくとてもシンプルなケーキです。

ビクトリアスポンジと聞いて思い浮かぶのは、イギリスが誇る料理家、メアリー・ベリーさん

BBCでずっと続いている人気番組「Bake Off」の審査員として活躍されているのでテレビでもお馴染、お菓子作りで有名な料理家です。

このメアリーさんの超有名レシピがまたと~っても簡単なので、皆さんも一度お試しを!

準備するもの
直径20㎝のサンドイッチケーキ型 2個 (普通のケーキ型より底が浅いものです)
ベーキングペーパー
ハンドミキサー

材料
卵(L) 4個 (私は自家製アヒルの卵を使いました)
砂糖(上白糖) 225g
セルフレージング粉 225g (手に入らない場合、薄力粉150g にベーキングパウダー小さじ2杯の割合で)
ベーキングパウダー 小さじ2杯
バター 225g (室温に戻しておくこと)

イチゴ、またはラズベリージャムと砂糖、各適量 
(私はタイトルにあるように、ブラックカランツジャムを使いました)

作り方
① まずはオーブンを180度にセットします。
② ケーキ型2個にバター(量外)を塗って、底に丸く切ったベーキングペーパーを敷いておきます。
③ 大きめのボールに卵を割り入れ軽く混ぜたら、砂糖、セルフレージング粉、ベーキングパウダー、バターを入れて、ハンドミキサーでパパッと混ぜ合わせます。ここで、混ぜすぎないように注意しましょう! 全材料が混ぜ合わさったら、すぐミキサーをストップするのがコツです。
④ ③の生地を均等になるように2個のケーキ型に流し入れ、ゴムベラで表面を優しく平らにします。
⑤ ④をオーブンの真ん中の段へ入れて、約25分焼きます。オーブンに入れてから20分は絶対オーブンのドアを開けないように気を付けてくださいね。
⑥ ケーキの表面に綺麗な焼き色がついて、真ん中を軽く押すと弾力があるようであれば焼き上がりです。
⑦ オーブンから取り出した後、5分ほどケーキ型に入れたままにして軽く冷ましたら、網の上にそっと取り出して完全に冷まします。(っと、私はずぼらなのでそのまま冷ましてしまいました!汗)

⑧ お皿の上に、まずは一つ目のケーキを逆さに置いて、お好きなジャムをたっぷりと塗ります。たっぷりがポイント! その上に二つ目のケーキを置いて、白砂糖を振りかけたら出来上がりです。
f0217014_031197.jpg

我が家ではアールグレイのミルクティーと一緒に・・・。
f0217014_041693.jpg

混ぜ合わせるだけで出来てしまうイギリスのお手軽ケーキ、皆さんも是非お試しを。

ごちそうさまでした♪
[PR]
by enjoy-wales | 2014-08-11 01:06 | 料理 | Comments(10)

山向こうの元採石場にある、池へ!

8月に入ってちょっと涼しくなったなぁと思っていたら、木・金曜日と快晴に恵まれて子供たちは大喜び。
よかったなぁと思っていたら、土曜日の夜から日曜日の朝にかけて嵐に見舞われ、日曜日の午前中は雷で電気が止まってしまうほどでした。

あ・・・、でもまた晴れてきた!

夏休みに入ってからまぁ大忙しの我が家ですが、8月ももう10日になるのですね~。

長男坊はずっとスケボー三昧。
せっせとバスに乗ってスケボーパークのあるカーディガン、ハバフォードウェストに通っています。スケボー仲間も夏休みに入ってからグンと増えたようで、毎日いなくなってしまうのは母としては寂しいやら嬉しいやら。

娘も友達と連絡を取り合ってはあちこちへ行きたがるので、気を付けないと夫君と私はタクシードライバーと化してしまいます。以前から田舎に住んでいると子供が大きくなった時大変よ~とは聞いていましたが、こういうことだったのか! と今年の夏はしみじみ思い知らされています。涙

お兄ちゃんとお姉ちゃんに置いてけぼりにされている次男坊。
最初はちょっと拗ねていましたが、両親を独り占めに出来るのは結構嬉しいようです。笑

この日は午後から晴れて来たので、山向こうにある元採石場まで歩きに行ってきました。
f0217014_347980.jpg

スレート(Slate)と呼ばれる石はウェールズで沢山採れることで有名ですが、ここも採石場であっただけあってどこもかしこもスレートだらけ。
f0217014_3504861.jpg

そしてなぜかここにはブルーベリーが沢山あります。ほらね♪
f0217014_3514159.jpg

この元採石場をちょっと登って行くと・・・
f0217014_3521641.jpg

ありました、ありました、深く掘られた穴に水が溜まって出来た池!
f0217014_35361.jpg

水はキリッと冷たく、透き通っています。
f0217014_3543377.jpg

キャ~ッと叫びつつ皆で泳いで日向ぼっこした後、帰路に着いたのでした。
f0217014_3563514.jpg

あ~、冷たかった♪
[PR]
by enjoy-wales | 2014-08-10 00:20 | アウトドア・ライフ | Comments(4)

No More Hiroshima Nagasaki Day に参加してきました。

2日前の8月6日、ペンブロックシャーの州都ハバフォードウェストで行われた『No More Hiroshima Nagasaki Day』に家族で参加してきました。

Robertさんという方がペンブロックシャーのニューポートという街で、20年も前に始められたこの小さな集会。

数年前から所変わってハバフォードウェストで行われるようになったそうで、友人のFreddieさんから「もうずっと長く灯ろう流しをやっているのよ、日本人にも是非来てほしいわ」と言われた時は、西ウェールズのこの小さな街で原爆のない平和な世界を祈るべくこうやって集まる人たちがいるのか・・・!とちょっと感動したのでした。
f0217014_334769.jpg

6時過ぎから会場であったピクトンセンターで、手作りのスナックとお茶を楽しみつつ平和に関するショートフィルムを見た後は、会場の外で行われていたライブを観賞。アマチュアバンドだったので数曲も聴くと飽きてしまって(ごめんなさいね~!)、後は友達や知り合いと空がようやく薄暗くなる9時までお喋り。

灯ろう流しの準備もボランティアの人たちがしているのでアタフタとしていましたが・・・!
f0217014_362952.jpg

・・・手作りの灯ろうに火が入った様子はとっても綺麗でした。
f0217014_372011.jpg

各自灯ろうを手に持って、川辺の方まで行進。
f0217014_373872.jpg

川辺でRobertさんの感動的に長かったスピーチを聴いた後は、2分間の黙祷です。
f0217014_3102569.jpg

夕方からずっと待っていた灯ろう流しは、心がシンとするくらい美しかったです。
f0217014_3112646.jpg

ヨーロッパではウクライナでEU諸国とロシアがかち合い、アフリカ、中東、イスラエルとパレスチナでは宗教を理由に醜い争いが続けられている昨今。

核兵器や戦争のない平和な世界が実現されますよう、心から望みます。
f0217014_3333723.jpg

広島、長崎の被爆者の方々のご冥福をお祈りしつつ。
[PR]
by enjoy-wales | 2014-08-08 03:17 | 思うこと、考えること | Comments(2)