イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

手作りジャングルジム、完成!

こんにちは。

今年の5月は何かと忙しく、気が付くともう29日! 
ブログの更新もすっかりご無沙汰してしまいました。

先週末は夫君のバースデー。 
大台にのる記念すべき年ということでパーティーをすることになり、先週一杯はロンドンとワイト島から古い友達が泊まりに来たり、パーティーの準備をしたり・・・と大忙しとなりました。

パーティーには大勢の家族が参加することになっていたので、この機会に今年作り始めたジャングルジムを完成させようと、夫君は大ハリキリ。

電柱として使われていた大きなポールを手に入れてきて、それを組み立てます。
写真の左側に見えるのは、子供たちが作った隠れ家♪

お気に入りのオンボロミニディガーまで出動させて・・・
f0217014_2131834.jpg

次男坊と居候のディブも手伝い・・・
f0217014_2121971.jpg

友達家族がやってくる前に何とか完成させることが出来ました。やった~!
f0217014_21222774.jpg


パーティー当日は沢山の友達が参加してくれて、持ち寄ったご馳走やバーベキューを楽しみました。
手作りジャングルジムは子供たちに大人気!
写真を撮りたかったのだけど、私は家の中でパーティーの準備に大忙しで外に出る暇がなかった~。
夜はギターとドラムを持ち出し、ワイワイと朝方まで騒いだのでした。

ハッピーバースデー、夫君♪
f0217014_21345212.jpg

[PR]
by enjoy-wales | 2013-05-29 21:35 | アウトドア・ライフ | Comments(19)

Made by Hand - No 5 The Bike Maker -

私の大好きなNYのショートフィルムメーカー Made by Hand から、新しいショートフィルム(No.5)がアップされました。(こちらからどうぞ→No 5 The Bike Maker

モノクロのクールだけど人間味のある素晴しいフィルムを作っているグループで、その名の通り、現代の手作りをテーマに作品を作っています。

今回は、Ezra Caldwell(エズラさん)という名のバイクメーカー(自転車メーカー)のお話です。
f0217014_4215373.png

プロダクトデザインを学ぶ為にアートカレッジに通っていたエズラさんでしたが、そのコースに嫌気が差したこともあって(なぜか)踊ったことのないダンスにコースを変更、その後ダンスの先生として活躍していました。

趣味を兼ねて大好きな自転車の修理や改造を友人たちの為にしていた彼は、ダンスを教えることに不満を持っていました。そして、その仕事がパートタイムになったのをきっかけに、本格的に自転車作りを始めます。

バイクメーカーとして仕事を始め出した1年後の2008年。
肛門に癌を患っている、自転車に乗ることも禁止、と医者に宣言されます。

大きなショックを受けた彼でしたが、それでもくじけずにシートのない自転車を自分用にカスタマイズして乗ったり、自身の癌治療の様子をセルフポートレートとして毎日写真に撮ったりしながら、闘病生活を始めます。

来月にはもう仕事が出来ないかも知れない、死んでいるかも知れない・・・と考えていては大好きな仕事も手に付かないので、明日も生きていると信じて仕事を続けているエズラさん。

このフィルムが撮られた2012年1月では、癌は進行を続けていて、あと6~8ヶ月の命だろうと宣言されました。

私の拙い想像力では分からないエズラさんの気持ちですが、「生きる」ということ、「手で物を作りたいという気持ち」、について改めて考えさせられました。

英語のみで字幕はありませんが、イメージを観るだけでも価値があると思います。
どうぞ一度ご覧ください。
[PR]
by enjoy-wales | 2013-05-20 17:25 | Comments(2)

佐治妙心さんの世界平和を祈る、手作り紙芝居イベント♪

f0217014_21233391.jpg

先週の土曜日5月11日、私の住むイギリス西ウェールズにありますペンブロックシャーで、日本の伊豆から遥々やって来られた歳若い尼僧佐治妙心さんをお招きして、『世界平和を祈る、手作り紙芝居』なるイベントを開催しました。

初めてお会いする妙心さんは、笑顔の本当に可愛らしい、とてもフレンドリーでオープンな方で、私はもちろん家族も地元の仲間もすぐに打ち解けて、妙心さんの優しいお人柄が大好きになりました。

その小さいお体のどこからあれだけのパワーが出てくるのか?と思うくらい、世界平和を祈る為に日本や海外で活発に活動されています。

この妙心さんをイギリスでサポートされている、カーディフ在住のMさんとSさんにも今回初めてお会いしました。 お二人ともカラッと明るく素敵な方々で、イギリスに長くお住まいで経験豊か! 楽しいお話を沢山聞かせてくださいました。 お二人とも心から妙心さんのことがお好きで、妙心さんの活動に共感されているご様子で、素晴らしいことだと思いました。

三人方ともこのイベントの前日に朝早くカーディフを出てペンブロックシャーに来られ、二校の学校で講習会をされた後に友人宅と我が家でもお茶をされるという強行スケジュールで随分お疲れだったでしょうに、この日はずっと会場の皆に笑顔を見せておられました。 本当にお疲れ様でした・・・。

当日は曇り空の広がる寒い一日となりましたが、会場となった森「Nant-y-Cwm Community Woodland」には地元の日本人たちはもちろん、イギリス人やウェールズ人も集まって和気藹々とした雰囲気。 日本人の仲間が持ち寄ってくれた、数々の美味しいケーキを味わいつつお喋りに花が咲きます。
f0217014_17465078.jpg

今回のイベントを開催する機会を作ってくださったEithbedさんのスピーチの後、妙心さんの紙芝居が始まります・・・。

子供連れのファミリーから、子供たちが妙心さんの紙芝居をちゃんと座ってみていられるのか心配する声も聞かれていましたが、お話が始まると皆紙芝居に目が釘付け!
f0217014_17493696.jpg

大人も子供も、戦争のない平和な世界を祈るお話に聞き入りました。
f0217014_21242185.jpg

お話の後、伊豆にあります妙心さんのお堂に飾ってくださるという、桜の花びらの形のピンク色の布に、皆それぞれ世界平和を祈るメッセージを書きました。
f0217014_17593079.jpg

最後に妙心さんと一緒に、ハイッチーズ♪
f0217014_21292384.jpg

来てくださった皆さん、どうもありがとう!
f0217014_187273.jpg

佐治妙心さん、遥々日本からウェールズまでお越しくださりどうもありがとうございました。
世界平和を祈る妙心さんの熱く優しいお姿に皆心を動かされました。

Mさん、Sさん、お二人の妙心さんをサポートされている、妙心さんを見守る姿にも感動しました。
これからまだまだお忙しい日々が続くようですね。どうぞお体には十分気をつけてください。応援しています!

Eithbedさん、色々とお疲れ様でした。素晴らしい機会を作ってくださりどうもありがとう~!

地元の日本人の皆さん、心温まるサポートの数々をどうもありがとうございました。
皆でワイワイと楽しかったですね♪

戦争のない世界の平和を心から祈りつつ・・・。
[PR]
by enjoy-wales | 2013-05-14 18:30 | イギリス/ウェールズ | Comments(9)

イベント予告! 世界平和を祈る、手作り紙芝居・・・

f0217014_6262579.jpg

2011年に東北で大地震・大津波があった際、ペンブロックシャーに住んでいる日本人が集まって「JAPAN DAY」というファンドレージングのイベントを開催しました。

それまでこの田舎にバラバラに住んでいた日本人同士が、遠く離れた母国の大災難に心を痛め不安に思っていたのを、色んな伝を使って集まり顔を合わせ、知り合う機会を作ってもらえたことに心から感謝したものでした。

このイベントは大盛況に終わり、沢山のお金が集まり、東北と福島で被害を受けた人々を助けるチャリティーに寄付をしました。 昨年の春にもまた、この時集まった日本人同士で「JAPAN DAY」を開催し、沢山の地元人に参加してもらうことが出来ました。
( →詳しくはこちらから ) 

今年は、佐治妙心さんという若い尼さんが、わざわざイギリスに来て「手作り平和紙芝居」をしてくださると聞いて、今週の土曜日に地元の森で小さなイベントを開催することになりました。
f0217014_643469.jpg

シュタイナー学校のすぐ横に位置するこの小さな森はとても素敵なところで、先週土曜日にワークデーと称して何人かが集まって、掃除やイベントの準備をするために一日を過ごしましたが、木々のざわめきや鳥の鳴き声が聴こえて、体はとても疲れたけれど元気をもらえたように思います。
f0217014_6443880.jpg

もしも西ウェールズに来られる予定のある方、知り合いのおられる方は、是非ご参加くださいね。
f0217014_6503029.jpg

どうぞ素晴らしいイベントとなりますように・・・!
[PR]
by enjoy-wales | 2013-05-08 06:54 | イギリス/ウェールズ | Comments(12)

高山なおみさんのプラムソース♪

4,5年前、雑誌「暮らしの手帖」で紹介されていた塩豚とじゃがいもの料理を読んだのが、高山なおみさんという料理家のことを初めて知ったきっかけでした。

何だか懐かしいようなシンプルなレシピと気取らない文章が気に入って、すぐに実家の母に頼んで「のんびり作る おいしい料理」という料理本を送ってもらいました。

それ以来、もう数冊彼女の料理本を手に入れまして、時々出して来てはひらめきやアイデアをもらっています。

このプラムソースもその一つ。

これはその「のんびり作る おいしい料理」の'Summer'で紹介されていまして、お店でプラムが安くなっているのを見つけると、買ってきて作っています。 材料がプラムとグラニュー糖だけで、とても簡単に出来て美味しい。 家族にも大人気のレシピです。

作り方は・・・
プラム(完熟のものとありますが、完熟でなくっても上手くできます。)1パック(600~700g)を、よく洗って水をきり、真ん中にぐるっと切り目を入れたらひねって半分にします。種は付けたままで。

これをお鍋に入れて、グラニュー糖150~200gと一緒に混ぜ合わせて弱めの中火にかけます。
f0217014_1312778.jpg

水分が出てきたら弱火にして、あくを取りながら少しに崩れるまで煮るだけ。
f0217014_1314453.jpg

焦げやすいので、時々混ぜてあげましょう。
f0217014_1315946.jpg

冷めたら保存容器に入れて、冷蔵庫で10日ほど保存できるとのことですが、我が家では1、2日で無くなってしまいます。

我が家のお気に入りは、プレーンヨーグルトと一緒に♪

プラムの綺麗なピンク色とヨーグルトの白が混ぜ合わさって、目にも美しい簡単美味しいデザートの出来上がり。 
プラムが出始めるこの季節、どうぞお試しを!
[PR]
by enjoy-wales | 2013-05-06 00:41 | 料理 | Comments(2)

やっと出来上がった、ジャンベケース♪

ジャンベと呼ばれるアフリカのドラムが好きで、大小合わせて5個ほど持っています。

以前は結構ドラミングにはまっていて、ドラムのワークショップに参加したりと活発に叩いていましたが、最近はミュージックパーティーの時に叩いたり、キャンプの時に叩いたりするくらいです。

夫君の、若くして亡くなったお姉さんから譲ってもらった思い出のあるクッションカバーが、古くなってしまったのでどうしようかと思っていたときに閃いたのが、ミニジャンベのケースを作ろう!というアイデアでした。

いつ作り始めたっけ?と調べてみると、去年の9月とありました。→ここからどうぞ

そうそう、我が家のアイドルだったニワトリのモヒちゃんが元気だった頃だった・・・(涙)なんて、色んなことを思い出してしまいました。

そのジャンベケースがとうとう出来上がりました!
f0217014_172322.jpg

結構大きなクッションカバーでしたが、使える布に限りがあり、プリントを生かして作りたかったので思ったより苦労しました。
f0217014_17421.jpg

しかも、キルティングを手縫いしたかったので余計に時間がかかりましたが、思い出のある布をこうやってゆっくり再利用するのは楽しいものです。
f0217014_1763235.jpg

忙しい毎日だけど、たまには立ち止まって深呼吸。ゆっくり、ゆっくり。

そして思い出す、「暮らしの手帖」編集長の松浦弥太郎さんがいつも使われる表現。
「今日もていねいに。」

Happy Handmade & Homemade!
[PR]
by enjoy-wales | 2013-05-02 17:12 | Upcycling | Comments(14)