イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Bettys Cookery School のクリスマスプディング その2♪

さてさて、先日アップしました「Bettys Cookery School のクリスマスプディング その1」の続きです・・・。

5時間蒸したクリスマスプディング、まずは鍋を火から下ろしましょう。

そしてこのプディングボウルを、下に敷いておいたアルミホイルのテープを使ってそろっと鍋から取り出し、完全に冷めるまでそのまま置いておきます。
f0217014_73645.jpg

プディングが完全に冷たくなったら、ボウルを包んでいるアルミホイルを取り外します。
f0217014_743595.jpg

そしてまたボウルをまずはベーキングペーパでしっかり包んで、紐を括り付けましょう。
f0217014_77108.jpg

その上から、アルミホイルでボウルを包み、これも紐で固定してください。
f0217014_784738.jpg

この状態で、1ヶ月以上暗くてひんやりとした所に寝かせて、クリスマスプディングの出来上がり!・・・と言ってしまいたい所ですが、まだ続きます~。笑

 ☆ クリスマスの日・・・☆

クリスマスの当日、その1でお見せした同じ方法でこのプディングを2時間蒸します。

蒸しあがったらボウルを鍋から取り出し、ボウルを包んであったアルミホイルとベーキングペーパー、ペーパーのディスクを取り除きます。 
ボウルの端にナイフを走らせた後、その上にプディングを盛るお皿を乗せてくるっとひっくり返し、お皿にプディングを乗せます。

そして、ここが本番!
ブランデーを50~100mlほど、子鍋で温めて、プディングの上に回しかけ火を点けます。
テーブルの上で火を点けても、テーブルに持ってくる時にやってもいいですね。
 
プディングの上にHollyの枝と赤い実を飾るとよりクリスマスらしくなります♪

生クリームをトロリとかけていただくのが我が家の習慣ですが、ブランデーバターやプレーンヨーグルトと一緒でもいいですよ。

このクリスマスプディング、クリスマス当日に忘れないよう写真を撮ってアップしますので、どうぞお楽しみに~。 皆さんもどうぞ良いクリスマスを!って、まだまだ早かったですね。笑

どうぞ風邪にはお気を付けて、元気に師走をお迎えください。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-11-28 23:52 | 料理 | Comments(12)

Bettys Cookery School のクリスマスプディング その1♪

ではでは、先日の「Stir up Sunday」でお知らせしました、クリスマスプディングの作り方をご紹介!

私の使っているレシピは数年前にイギリスの新聞に載っていたもので、北ヨークシャーにある有名な料理学校、「Bettys Cookery School」でずっと使われている伝統的なレシピだということです。

材料が長い~!?と思われるかもしれませんが、作り方はいたって簡単です。
ただ蒸す時間がな~が~い~んですよね・・・。

準備するもの
11/2パイントのプディングボウル - 約850ml 入る陶磁のボウルが好ましいです。
このボウルがすっぽりと入る鍋
アルミホイル
ベーキングペーパー

材料
230g レーズン
50g カランツ
75g サルタナレーズン
75g ミックスピール
50g 砂糖漬けしたチェリー
15g アーモンドスライス
100ml ブランデー
1 オレンジの皮をおろしたもの (オレンジ色の部分を軽く削るように)
1 レモンの皮をおろしたもの
1/2 オレンジの絞り汁
1/2 レモンの絞り汁

50g ベジタブル スエット(これが日本語で出てこない! 伝統的には牛や羊からとる脂のことですが、植物性のものが手に入ります。)
30g 全粒粉のパン粉
50g 薄力粉
90g きび砂糖
小さじ1/2 ミクスドスパイス
小さじ1/4 ナツメグ
小さじ1/4 シナモン
小さじ1/4 クローブ
* 粉になったスパイスです。
2個 卵(中) - 割って混ぜておく 
小さじ1/2 塩


作り方
一晩前に・・・ 全てのドライフルーツとアーモンドをボウルに入れて、ブランデー、オレンジとレモンの皮をおろしたもの、オレンジとレモンのジュースを加え、軽く混ぜます。 ラップを上にかけて、一晩寝かしてください。
f0217014_5515333.jpg

① 上記の一晩寝かせたドライフルーツのブランデー漬けに、他の材料を全て混ぜ合わせましょう。
   注意! ドライフルーツを潰さないように、軽く手で混ぜてください。

② プディングボウルの底に、丸く切ったベーキングペーパーを敷いて、①を流しいれます。生地の上を軽く      おさえて平らになるようにしましょう。
f0217014_5525327.jpg

③ ②の生地の上に丸く切ったベーキングペーパーを置きます。生地がきれいにかぶさるように!

④ ③のプディングボウルにアルミホイルをかぶせて、中に水気が入らないようにしっかりと紐かゴムでホイ     ルを固定してください。
f0217014_9291552.jpg

⑤ このボウルを鍋に入れた際取り出しやすいように、アルミホイルで長くて太いテープ状のものを作ってそ    れを鍋に敷き、その上にプディングボウルを置いて脇から沸かしたお湯を、ボウルの半分くらいの高さ     まで流しいれます。 鍋に蓋をして強火にかけ、お湯が沸いたら弱火にして約5時間(!)ゆっくり蒸しま      す。お湯が足りなくなったら、差し湯をしてくださいね。
f0217014_9195293.jpg

この5時間蒸すというのが難点なので、イギリスにお住まいの方でもやっぱりお店で買おう~っとと思われるかもしれませんが、自分で作ったクリスマスプディングは格別ですよ。是非お試しくださいね。

このプディング、まだまだ次回に続きま~す!

PS 
只今真夜中にしてやっとプディングが蒸し終わったところなので、明日になったら続きをアップします♪
→その2はこちらから・・・
[PR]
by enjoy-wales | 2012-11-26 23:58 | 料理 | Comments(4)

Stir up Sunday

皆さん、「Stir up Sunday」という日をご存知でしょうか。

イギリス人でも知らない人が多いようですが、これはイングランド国教会に縁のある日曜日で、クリスマス前の4日曜日の前の日曜日(ややこし~!)なのです。 
簡単に言うとクリスマスの日から数えて、5つ前の日曜日ということ。

慣習としてイギリスでは、この日にクリスマスプディングを準備する日とされています。

というのも、このクリスマスプディング、何と作ってから一ヶ月以上は寝かさないとダメという恐るべきデザートで、初めて聞いたときにはビックリしたのを覚えています。

ドライフルーツがたっぷりのねっとりとしたプディング・・・。

蒸したてのクリスマスプディングに温めたブランデーをさっとかけて、火をつけるとプディングが燃えているようでなかなか迫力があります。我が家ではクリスマスの日にこれを見ないと、クリスマスディナーが終わらない!

生クリームまたはブランデーバター(バターに砂糖とブランデーを混ぜ込んだもの)と一緒にクリスマスの日に頂きます。 
そうそう、もう一つ大事なことは、このプディングにシルバーコインならぬ1ポンド硬貨をいれておくこと。
このコインに当たった人がその夜キングとして扱ってもらえるのです。
(フランスでは1月のエピファニーと呼ばれる日に似たようなことをするんですよ。)

これは夫君の家の習慣だったのを、我が家でも受け継いで楽しんでいます。

イギリス人でも苦手な人が結構いますが、イギリスの長くて暗い冬に体が欲するのでしょうか、私は大好き♪

次回は、このクリスマスプディングの作り方をお教えしますね。お楽しみに~!
[PR]
by enjoy-wales | 2012-11-25 22:50 | イギリス/ウェールズ | Comments(0)

初冬の庭・・・

このところ変わりやすいお天気が続いています。

イギリスはどういう訳か日本に比べるとお天気が変わりやすいのですが、私達家族の住む西ウェールズの山ではその上もっと変わりやすくって、昨日は一日中ずっと雨が降っていて、夜には嵐のようになって大変だったのが、今日はすっきり青空が広がっていました。

今週は風邪気味でちょっと元気のなかった私ですが、青空を見ている内にむらむらと庭仕事をやる気が沸いてきて、家の外に飛び出しました。

まずは、今年最後の落ち葉集め・・・。

でも、こんな綺麗な落ち葉はもうしばらく残しておこう。
f0217014_7123934.jpg

初冬ともなると木の葉がなくなって緑色が減る分、石の色やそれに付いた苔などの色が目に付いて、なかなか楽しいものです。
f0217014_85872.jpg

私のささやかな家庭菜園にはもうあんまり見るものもありませんが、今年植えたブラッセル・スプラウツ(Brussels sprouts)には可愛いスプラウツが生っていました。
f0217014_89488.jpg

ブラッセル・スプラウツを半分に切って、チョリソ (Chorizo)と一緒に炒めると美味しいんですよ~♪

リークも小さいながら元気に育っています。
f0217014_8113470.jpg

3~4年前は枯れかけて、小さく小さくなってしまったローズマリーはこんなに大きく成長してくれました。
f0217014_8132533.jpg

2年前の冬にあった大寒波を乗り越えてくれた強者です。

後は垣根を刈って落ちた枝を集めて、傷んだ木の面倒を見て、植えたい木を植えてしまうとクリスマスがやってきます。もうひと踏ん張り、頑張るぞ~!

皆さんもどうぞ風邪にはお気をつけくださいね。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-11-23 23:04 | 家庭菜園と動物たち | Comments(10)

霜が降りた朝・・・

昨日はとっても晴れていたので、午後に家族で近所の山に登りに行きましたが、その帰り雲行きが変わってきたなぁと思っていたら、雹が降ってきて、皆犬2匹と一緒に大騒ぎで帰ってきました。
その夜は寒かったけど、とても綺麗な星空が広がっていました。

・・・で、今日の朝起きてみると。
f0217014_20184866.jpg

またまた嬉しい秋晴れ!そして、牧草地はぼんやり白く霜が降りていました。

こんなにしっかり霜が降りたのはこの冬初めてです。
f0217014_20214283.jpg

やっぱり冬がやってきたんだなぁ、としみじみ。

我が家のアヒルとニワトリたちはこの寒さの中、相変わらず元気そうで、まだ卵を産んでくれています。
f0217014_20224310.jpg

でもアヒルの数が増えて、今のアヒル小屋が余りに汚くなってきた上に掃除がしにくいので、夫君にクリスマスまでに新しいアヒルの小屋を作ってもらわないと・・・!

夕方、空はまたこんなに美しい色を見せてくれました。
f0217014_20272189.jpg

ありがとう。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-11-18 23:04 | 風景 | Comments(10)

ちょっと近所の山まで・・・その2

ふ~ふ~言いながら私も頂上に辿り着いて「はい、ポーズ♪」。
f0217014_2371587.jpg

山の天気は変わりやすく、ちょっと雲が出てきた模様・・・。
f0217014_2310336.jpg

皆揃ったので岩の陰で一休みです。
今日はご近所のEithbedさん宅のまだまだ若くって元気なミリーちゃんを預かっていまして、うち老犬レニー君も歳を忘れて一緒に走り回っていたので疲れ気味。笑
f0217014_23135458.jpg

家から持ってきた魔法瓶に入った温かいお茶、そしてクロワッサンにビスケットなどを食べて一休みしていると、肌に当たる風が急に冷たくなってきました。 山の向こうを見ると小雨が降っているみたい・・・?
f0217014_23164219.jpg

「さぁ、帰るぞ~!」と皆で一気に山を駆け下ります。
f0217014_23173476.jpg

山を駆け下りている途中、降ってきたのは雨ではなくって何と雹(ひょう)でした。
f0217014_23194991.jpg

西ウェールズにもとうとう冬がやってきたようです。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-11-17 23:50 | 風景 | Comments(8)

ちょっと近所の山まで・・・その1

今日は週日降っていた雨が上がってこんなに綺麗な青空が広がっていました。
f0217014_2231564.jpg

こんな日に家にいるのはもったいない!とお昼の後、近所の山まで家族皆で散歩に出掛けました。

ここは私達の家からも見えるPreseli Mountainsの山の一つで、車で3分ほどの所にあります。
国立公園に指定されていて、石器、青銅器、鉄器時代の発掘・研究場所でもあるので、入り口にはこんなサインがあります。
f0217014_22411340.jpg

ゲートを開けるとこんな気持ちの良い景色が広がっていて、いつどんな季節に来ても嬉しくなります♪
f0217014_22434377.jpg

いつも放し飼いにされている羊たちはいない様子。
穏やかな丘なのですぐに上まで登れてしまうのですが、この辺りまで来ると汗ばむほど体が温かくなってきます。ふ~ふ~、頂上までもうすぐだよ!
f0217014_230695.jpg

上を見ると、息子たちはもうあんな所まで登っていました・・・。
f0217014_231968.jpg

つづく・・・
[PR]
by enjoy-wales | 2012-11-17 22:29 | 家族と子育て | Comments(0)

kanacancut♪

先日、郵便受けに日本から小包が届いていました。

誰だろう・・・?と中を見てみると、何とKanaちゃんからの届け物でした。
f0217014_0233164.jpg


Kanaちゃんとは私がロンドンに住んでいた20代の頃、ソーホーにあった日本食レストランで一緒に働いた仲です。ロンドンのアートカレッジで学位を取ったKanaちゃんが日本に帰り、私がウェールズに引っ越して来てから連絡が途絶えてしまっていたのが、最近になってお互いを見つけて喜んでいたのでした。

ロンドンではいつもカメラやビデオを持ち歩いて色んなアートプロジェクトを製作していたあのKanaちゃんは、日本に帰って東京に住むようになってからもこうやって活躍していると知って、本当に嬉しい限り!
f0217014_030274.jpg

消しゴムを使ったスタンプをデザインしてこんな素敵な作品を手作りされています♪
Kanacancut

f0217014_0341361.jpg

東京を中心に販売&ワークショップなどしながら活躍しているKanaちゃん、ありがとう~!&応援しています!
[PR]
by enjoy-wales | 2012-11-16 00:40 | アート&クラフト | Comments(4)

ロンドンへプチ旅行 その6-Lambeth North

Lambeth North・・・と聞いても、ロンドンのどこ?と思われる方が殆どかもしれませんね。

Lambethってサウスロンドンのカウンシルなので、ノースロンドンにお住まいの方にはあんまり良い印象がないようですが、このLambeth Northはウォータルー駅まで徒歩5~10分くらいの所にあるゾーン1内にありまして、私と夫君が昔住んでいたところです。

長男はその名もLambeth Walkという名前の道に建っている家で自宅出産したので、私達家族にとっては馴染みの深い土地です。夫君の陶芸スタジオもここにあったんですよね~。

この辺りは実は結構穴場で、ウェストミンスターやサウスバンクにも歩いて行ける便利な所。
住んでいた頃はいつも徒歩か自転車で行動していました。懐かしいわ・・・。

と言う訳で、久しぶりに友人に会いにLambeth Northにやって来ました。

でも子供たちはお喋りにはすぐに飽きちゃって、「田舎に帰る前にキックスクーターを乗り回したい!」と言うので、昔よく行った公園に連れて行きました。
f0217014_7531100.jpg

ロンドンの秋もなかなかいいものですね。

そこでこんな楽しい彫刻?を見ました。
f0217014_7535681.jpg

ロンドンオリンピックの影響がこんな所にも!ちょっと感動です。

とっても楽しかったロンドン・プチ旅行・・・、次はいつ来れるかな。
サンキューロンドン!
[PR]
by enjoy-wales | 2012-11-12 20:08 | イギリス/ウェールズ | Comments(8)

ロンドンへプチ旅行 その5-Piccadilly and St. James Park

前日にイーストロンドンのドックランズとノースグリニッジ、それからテムズ河でのクルーズを満喫した私達。
この日はグリーンパークにある日本領事館へ次男の日本パスポートを申請する理由もあって、セントラルロンドンにやって来ました。

ロンドンから遠く離れた所に住んでいるとパスポートの当日発行をしてもらえるのですが、その為の申請は朝の10時半までにしなくてはいけません。ホリデー中なのでゆっくり朝食を食べている家族皆を「早く、早く~」と急かして、何とか10時半までに申請することが出来ました。よかった・・・。

申請が済んだら、パスポートが発行される3時半まで観光です♪
f0217014_22133288.jpg

私はピカデリーサーカスにあるJapan Centreで日本食の買い物、娘はリージェントストリートにあるH&Mでクリスマスパーティーに着る服を見たいそうで、息子たちはイギリスで一番大きいおもちゃ屋さんHamleysに行きたいと意見が分かれたので、夫君に息子たちをまかせて私は娘とお買い物です。

買い物の後、エロス像の前で写真を撮って・・・
f0217014_0524347.jpg


皆で集合した後、無事にパスポートも受領してセントジェームスパークへ・・・。
f0217014_0561384.jpg

やっぱり田舎育ちの子供たちは、思いっきり走り回れる公園が一番いいようです。笑
f0217014_0591269.jpg

次男坊がリスを見たら追い駆け回すので、リスはあんなに高い所まで登っていっちゃった。
f0217014_101110.jpg

セントジェームス公園には沢山の水鳥、リスにペリカンまでいて、まさに都会のオアシスと言った感じです。これはまだ成長していない白鳥でしょうか。
前回ここに来たときには、ペリカンが2羽、散歩道でくつろいでいて一緒に写真を撮ったんですよ。
f0217014_13817.jpg

散歩が終わる頃にはすっかり日が暮れて、イルミネーションが美しいビッグベンを見てから帰路に着きました・・・。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-11-12 01:06 | イギリス/ウェールズ | Comments(0)