イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

4月は雨ばかり

パッとしないお天気が続いています。

3月の終りにとっても暖かくなったので、皆これで春が来たものだと大喜びしたのも束の間、雨の多い寒い日が続いていて地元人は皆顔をしかめています。何だか冬が戻ってきたよう。

せっかく植えた種も中々芽が育たずやきもきしてしますが、気を取り直してみてみるとやっぱり春はここにあり。大好きなリンゴの木にも花が咲いていました。
f0217014_11383319.jpg

ブラック・カランツもグングンと葉っぱが育っています。
f0217014_11394742.jpg

それから、一昨年クリスマスのセールで買ったミニ・ツリーも元気に冬を越えて、明るい黄緑の葉をニョキニョキ
と出していました。
f0217014_11414428.jpg

どうぞどうぞ、5月にはまた暖かい陽気が帰って来てくれますように!
[PR]
by enjoy-wales | 2012-04-30 11:33 | 家庭菜園と動物たち | Comments(0)

息子の誕生日

今週は下の息子の誕生日。

イースターホリデーが終わって学校が始まったばかりで、家族皆遊び疲れたのもあってイマイチ本調子ではないものの、私は母の努め・・・!と学校に持って行く用にカップケーキを36個、夜中にせっせと焼きました。
(写真を撮らなかったのが残念! ホントに作ったんですよ~)

週末は親しい友達を呼んでのパーティー。
その前に腹ごしらえ、と夫が前日の晩ごはんの残りのマッシュド・ポテトを使ってジャガイモのお焼きを作ってくれました。卵と小麦粉を加えて丸めて焼くだけですが、これが美味しかった!
f0217014_11193132.jpg


そうそう、肝心のバースデーケーキは、上の息子が作ってくれました。
去年作ってくれたのがと~ってもよく出来ていて皆にも評判だったので、今年もまた挑戦。
友人の娘さんもデコレーションのお手伝いをしてくれて、こんなに素敵なケーキが出来上がりました。
f0217014_11231628.jpg


週日の天気予報を裏切る良いお天気に恵まれて、子供達は外で大暴れ、お母さん達はお喋りに花を咲かせ、お父さん達はギター片手に一日中音楽を奏でていたのでした・・・。

次の日、バースデー・ボーイはぐったりと疲れて寝ている他の家族を横目に、さっさと早起きしてプレゼントにもらった家の模型作りを始めたのでした。
f0217014_11282945.jpg

もちろん私は起こされてお手伝いしましたけどね・・・。笑
[PR]
by enjoy-wales | 2012-04-21 11:03 | 家族と子育て | Comments(2)

Cranks のキャロット・ケーキ

f0217014_17303744.jpg

昨日、キャロットケーキを作りました。

最近、イースター・エッグやらチーズケーキやら、お腹にもたれるものを食べすぎだったので、バターを使わないちょこっとヘルシーなケーキを作くろうと、以前よく作っていたこのケーキのレシピをゴソゴソと出してきて作ってみると、これが美味しかった~。
沢山人参が入っていてスパイスが効いている上に、ふんわりしっとりとした食感で家族にも大好評でした。
イギリスのベジタリアン・レストランの先駆けであった「CRANKS」さんの初期の頃のレシピです。
簡単で美味しいので、皆さんもどうぞ!

材料
18cm四方のの四角い型 (★もしくは、私の使った22cmの丸い型。以下カッコ内を参照)

人参 175g (210g) -皮を剥いて、へたを取った重さです。
卵 2個 (3個)
きび砂糖 100g (110g)
オイル 60ml (75ml)
全粒粉のセルフレイジングフラワー* 100g (120g)
 *今では日本でも売っているようですが、手に入らない場合は、全粒粉の薄力粉1カップに対し、ベーキング  パウダーを小さじ1杯半と塩小さじ半の割合で混ぜたものを使用してください。
シナモンパウダー 小さじ1 (小さじ1杯半)
ナツメグパウダー 小さじ半 (小さじ1)
ココナッツパウダー(ミルクパウダーのような粉ではなく、粗いもの。) 50g (60g)
レーズン 60~70g (70~80g)

作り方
① オーブンを190度にセット。型に薄くオイルを塗って、ベーキングペーパーを底に貼りつけます。
② 人参を粗めにおろします。
③ 卵と砂糖をハンドミキサーなどで、トロッとクリーム上になるまで一緒によく混ぜ合わせます。
④ ③にオイルを少しづつ少しづつ足しながら、よく混ぜ合わせます。
⑤ ほか全ての材料をへらで切るようにして混ぜ合わせます。
⑥ ⑤を型に流し入れ、温めておいたオーブンで約20~25分焼きます。ケーキの真ん中に竹串を刺してみて  何も付いてこなかったら焼き上がりです。

焼きたても美味しいですが、次の日もよりしっとりとして美味。
ケーキの上にクリームチーズを塗るもよし、粉砂糖をふりかけるもよし、お好みでどうぞ。

Enjoy!
[PR]
by enjoy-wales | 2012-04-19 23:09 | 料理 | Comments(4)

The present moment...

f0217014_1775121.jpg

Do not encumber your mind with useless thoughts.
What good does it do to brood on the past or anticipate the future?
Remain in the simplicity of the present moment.
(Dilgo Khyentse Rinpoche)


あなたの心をくだらない考えで妨げないで。
過去に起こったことでふさぎ込んだり、未来のことを心配したりして何になるでしょう。
ただ単純に今この時にいればいいのです。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-04-18 23:35 | 思うこと、考えること | Comments(0)

今年初のヒナちゃん

今日は昨夜の大雨がウソのような、カラッとした良いお天気。
風は冷たいけれど、青空が気持ちいい。

f0217014_2329306.jpg

昨夜、インキュベーターに入っている卵たちをひっくり反していると(日に2回反します)、ピーピーという小さな鳴き声が聞こえてきました。ヒナが孵るのはまだ1週間ほど先なので、ビックリ!
もしかすると・・・と思って寝床に着き朝起きてみると、1羽いたいた、孵っていました。
f0217014_23295433.jpg

子供達が学校から帰って来た時にはもう2羽孵って、計3羽のヒナになりました。
f0217014_23302850.jpg

後で近所の人に聞いたところ、小さい種類のニワトリのヒナは早く孵ることもあるんだそう。
インキュベーターを設置した数日後に、うちのニワトリ2羽が小屋の中で座りだしたので、今年は沢山のヒナちゃんが誕生するかもしれません。次はアヒルたちのヒナを孵す予定です。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-04-17 23:16 | Comments(0)

模倣犯1~5巻 宮部みゆき著 新潮文庫

昨日ようやく宮部みゆきさんの「模倣犯」1~5巻を読み終える。
もう11年も前に文庫化していてベストセラーでもあったようなので、読んだ人も多いだろう。

今年始めに友人から借りた、東野圭吾の「時生」と「予知夢」に続いて、宮部みゆきの「我らが隣人の犯罪」「取り残されて」「蒲生邸事件」に「鳩笛草」と、イースターホリデーが始まったと同時に一気読みした後取りかかったので、さすがに疲れた~。

東野さんの「時生」と「予知夢」、特に「時生」は読み甲斐があったのだけれど、宮部さんの作品はちょっと寂しげで悲しげで、人の痛みが本当に上手く表現されていてほとほと感心してしまう。

「取り残されて」と「蒲生邸事件」はSF小説もの、「鳩笛草」には超能力者が出てきたりと、読む前には「?」マークが頭に浮かんできそうだけど、これが宮部さんの手にかかるとむむむ~と唸るほどに良い小説になってしまうのだ。

「火車」を読んだ時に、こんなスゴイ作家が出てきたのか!とビックリしたのを覚えているが、彼女の書く作品はどれもこれも質の高いものばかりというだけでなく、バラエティーに富んでいて、読むたびにむむむ~っと唸らせっぱなしなのである。

そんな訳で、最後に取っておいた「模倣犯」を読むのを楽しみにしていたのだけれど、期待以上の読み応えだった。ふう~。ただ、一家殺人事件やら連続誘拐殺人事件が話の軸になっているので、そういうのは好きでないという人にはお薦めできない。

話しの展開はもちろんのこと、キャラクターの豊富さと現代社会の描写が素晴しい。
二つの事件に関わる人々・・・、被害者の家族や関係者、警察、マスコミと犯人。
特に被害者の家族が丁寧に描かれているので、やはり想像を絶する痛みがよく伝わってくる。
暗いテーマではあるので、どっぷり悲しくなったのだけれど、宮部さんは本当に人間が好きなんだなぁ、なんてしみじみと思った。

こんな作品を読んだ後は、しばらく休憩。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-04-12 22:04 | | Comments(0)

スフレタイプのチーズケーキ

先週、私のだ~い好きな「暮らしの手帳・57,4-5月号」が届きました。

早速ページをめっくてみると、チーズケーキ入門なるページが!

こちらに来てから、日本でよく食べたフンワリしたチーズケーキを食べていなかったので、無性に食べたくなって、早速スフレタイプのケーキを作ってみることにしました。

クリームチーズを室温に戻して、水きりヨーグルトを用意するのに数時間かかります。

その後は普通のケーキ作りと同じ感じ。
卵を黄身と白身に分けたり、レモンの皮をすりおろしたり・・・。
クリームチーズとヨーグルト、卵黄とレモン汁などなどを混ぜて、メレンゲ作り。
ベーキングペーパーを貼り付けた型に入れて、1時間ほど湯せん焼きします。

出来上がりはこんな感じ。
f0217014_0461621.jpg

その夜、友人家族もやって来たので、夕食のデザートに皆で食べることが出来ました。
f0217014_0482785.jpg

今日は一日中雨だったけど、明日は晴れるかな?
[PR]
by enjoy-wales | 2012-04-09 00:34 | 料理 | Comments(2)

Happy Easter!

f0217014_18384915.jpg

イースター・サンデーがやって来ました!

イースター・バニーは今年もやって来てくれたようで、チョコレートの卵(イースター・エッグ)を沢山置いていってくれました。娘の作った素敵なカードも届いたようです。

オーストリアの友人にこの日はネコヤナギを飾ると教えてもらってから、ずっとネコヤナギをイースターの飾りに使っているのですが、いつもはふわふわの可愛い花穂がすっかり咲き終わってもう葉が出始めていました。
こんなことは初めてなのでビックリ。急に暖かくなった3月の終りの週に木や花も急いで出てきたので、また寒くなってしまったこのお天気をどう思っているのやら。

このネコヤナギにフェルトで作ったイースター・エッグやら、小さな松ぼっくりを使って作ったハチさんを飾ります。
f0217014_18513145.jpg

ネイチャー・テーブルにもイースター・エッグが沢山あったのに、真っ先に見つかってちょっと寂しげ。
ここにはフェルトで作ったうさぎさん達を飾ります。
f0217014_18543593.jpg


肝心のイースター・カイト(凧)の方ですが・・・、揚がった、揚がった!!!
f0217014_18562264.jpg

これはとっても楽しかったので、我が家の恒例行事となるかもしれません。
他の家族も参加すればもっと楽しそうですね。

その後、エッグ・ハンティング(チョコレートの卵を色んな所に隠して子供達に見つけてもらう遊び)をわいわいして、今年のイースター・サンデーを終えたのでした。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-04-08 22:37 | イギリス/ウェールズ | Comments(2)

イースター・カイト

明日はイースター・サンデーです。

今年は家で過ごす予定なので何をしようかね~と話していると、夫が急に思い出したように「子供の頃、カリブ海に住んでいた時には、イースターと言えばカイト(凧)を作ったんだった!」と言い出し、早速子供達とググッてみると、ありましたありました、YouTubeに沢山の情報が載っていました。

その中から一つ「Bermuda Kite Making」を選んで、夫と子供達は早速そのバミューダ・カイトなるものを作り始めました。
f0217014_18262276.jpg

まぁまぁそれにしても、皆騒がしいこと。
あ~でもない、こ~でもないと言い合いつつ、何時間かかけてこんな風に形になってきました。
ふむふむ、なかなかいい感じ。
f0217014_1828328.jpg

明日のイースター・サンデーまでに完成するのかどうか・・・。

この夜、凧作りに参加せず、一人忙しくイースター・バニー(イースターうさぎ)にカードを作っていた娘は、明日のためのテーブルセッティングをお手伝いしてくれた後、そのカードをテーブルに残してベッドへ向いました。
f0217014_18362425.jpg

イースター・バニーは無事にやって来てくれるかな・・・?
[PR]
by enjoy-wales | 2012-04-07 22:11 | 家族と子育て | Comments(1)

グッド・フライデー

今日はグッド・フライデーです。
日本語では聖金曜日と呼ばれるこの日は3日後の復活祭前の金曜日で、イエス・キリストの受難と死を記念する日だそうです。
キリスト教が主流である国々ではこの日から来週の月曜日までの4日間は、イースター・ホリデーと言ってお休みとなりまして、帰郷する人や旅行に出かける人が多くなります。

グッド・フライデーを記念して、今日はホットクロスバンとチョコレートの巣を作ることにしました。

チョコレートの巣は、チョコレートとバターをちょこっと一緒に湯せんで溶かして、こちらで売っているシリアル「Shredded Wheat」なるものを混ぜるだけ。
暖かいうちにスプーンで巣の形にしたら、上に小さなチョコレートの卵を載せて出来上がり。
f0217014_1626575.jpg


次はホットクロスバンを作ろう。
いつものパンを作る感じで・・・、水の変わりにミルク、それからカランツやレーズンも入れて、バンの上にクロス(十字)を付けます。
f0217014_1634875.jpg

オーブンで15分ほど焼き上がったら、お砂糖とスパイスにちょこっとのお水を火にかけてシロップを作り、それをバンに塗って出来上がり!
f0217014_1635081.jpg


このバンですが、夕方に訪ねて行ったEithbedさんのお宅でも娘さんが朝からキッチンで大忙し。
沢山のホットクロスバンに小さなシュークリームまで作っていたのを一つまみ。どちらもまぁ美味しいこと!
ホットクロスバンのレシピは、こちらで有名な料理家のデリア・スミスさんのものだったそうです。
次はこのレシピで作ってみようっと。

我が家はどこに行く予定もないので、お天気だったらビーチにでも行こうねと話しています。
日曜日のエッグ・ハンティングは子供達が楽しみにしているので、「これだけは欠かさずやってね!」と釘を打たれたのでした。イースター・バニーは来てくれるかな?

皆さんも良いイースターをお過ごしくださいね。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-04-06 23:09 | イギリス/ウェールズ | Comments(2)