イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

春の訪れ

週末は久しぶりに晴れたけど、今週はまた曇り空。
でも随分暖かく過ごしやすくなってきました。
ウェールズにもだんだん春がやってきたのだと、ちょっとワクワクしています。

春になって考え出すことは、庭仕事。

去年せっかくオンドレさんという素晴しいガードナー(というよりは農夫さん)にお手伝いしてもらって、雑草だらけだったうちの小さな野菜畑を耕し野菜を沢山育てたので、今年もその調子で色々な野菜を育てようと心しています。

それで外に出たもののすぐに脱線して、木の枝を切ったり、所構わず出てくるので困りものの野生のクロイチゴ(Black berry)を切ったり、一向に野菜畑に足が向いません。
もう3月になるので、来週こそ始めないと・・・。


桜の枝も少し切ったので、つぼみをつけたその枝を家に飾っておくと、次の日には花が咲いていて大喜び。山の春は他よりも遅いので、いつ咲くかなぁ・・・と待ち遠しいのです。このピンク色を見るのは春からの何よりのプレゼント。
f0217014_19381488.jpg


そして他にも春のプレゼントが!
冬の間、ず~っとなかった卵が次々と産み出されるようになりました。
アヒルの寝床をやっと直したことも大きいです。(ありがとう、夫くん!)
全然なかった卵が、今は日に7~9個もあって、毎日せっせと朝ごはんに食べたり、ケーキを焼いたりしています。ありがたいことです。
f0217014_19425449.jpg


そういえば、今日は4年ぶりの2月29日ですね。
4年ぶりにお誕生日を迎えられる皆さん、どうもおめでとう!
[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-29 23:21 | 風景 | Comments(0)

娘の誕生日

今日は娘の誕生日です。
今朝は皆ちょっと早起きしてお祝いをしました。

我が家では、誕生日はリビングルームに隠れ家を作ってその中にプレゼントを置くのが習慣になっていまして、昨夜も毛布やら椅子やらで作った隠れ家の中にプレゼントを置いておきました。

朝、皆着替えて準備が出来たら、リビングルームまで娘と一緒に隠れ家に向います。今回の隠れ家はとっても大きかったので、私まで中に入りお父さんは頭を突っ込んで、娘がプレゼントを開けたり息子達が羨ましそうに見ているのを眺めました。子供達の嬉しそうな顔を見るのは、親にとっては何よりですね。

もう一つの習慣は、朝のテーブルを特別に準備すること。
テーブルクロスを敷いて、飾り付けをして・・・。
f0217014_0324086.jpg

f0217014_033630.jpg

週日の忙しい朝でしたが、とても楽しかったです。

ロンドンから身重の体でウェールズに引越してきて、大きなトタンの納屋の中で娘を産んだのはもう10年も前になるんだなぁとしみじみ思います。
こちらでは、家でなく石造りの牛舎を3件購入して移ってきました。そんな訳で、引っ越してきたのはトタン板の大きな納屋の中。どうしても自宅出産がしたかったので、その納屋の中を出産まで間に合うよう急いで住めるようにして、無事娘を出産しました。
何事もなく産まれて来てくれて本当によかった。

トタンの納屋には結局2年間も暮らすことになりました。ウェールズの気候とにらめっこしながら、家の工事やらお役所さんとのやりとりやら、まぁ忙しかった2年間でした。よくやったなぁと自分でも思います。
本当に大変だったのでもう一度やりたいとは思いませんが、自分達の家を建てるという素晴しい機会を与えてもらったことに、心から感謝しています。

素敵でお茶目な、心優しい元気な娘に育ってくれて、どうもありがとう。

これからもまた素晴しい出来事が沢山ありますように。

母より愛を込めて。

そ・し・て・・・

こちらは、土曜日にしたお誕生日パーティーに作ったバースデーケーキ。
私が焼いたものを、その日お手伝いに来てくれたEithbedさんの娘さん二人がデコレートしてくれました。と~ても素敵に仕上がって感激でした。
f0217014_0345925.jpg

二人ともどうもありがとう!
[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-27 22:04 | 家族と子育て | Comments(0)

息子の模型飛行機2

息子の作った模型飛行機、第二弾です。

この間作った模型飛行機は、一日で壊れてしまって大泣きしていましたが、めげずにまた作り出しました。我が息子ながら、この情熱には驚きます。

壊れた時には、「これが今までのベストだったのに~!」と大騒ぎしていましたが、何事もやればやるほど上手になっていくもので、最近完成した2機は壊れたものよりもよく飛ぶ!と、おお喜び。調子よく弟の飛行機まで作ってくれました。-こちらの方は、長持ちしませんでしたが・・・。
f0217014_2138931.jpg

f0217014_21371276.jpg

f0217014_21385796.jpg

晴れて風のない日、友達が遊びに来た時には、いそいそと外に出て飛ばしています。

Well done, son! xxx
[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-23 23:21 | 家族と子育て | Comments(0)

友人が作成中の、「Rag Rug タペストリー」

今日、友人がお昼を食べにきました。

クラフトを一緒にしている仲の良い友人で、何か作ると見せ合ったり情報交換をしています。

今日も、彼女の作品を置いているコミュニティー・ギャラリーに、特別な一品を作って欲しいと頼まれたそうで、作成中の「Rag Rugタペストリー」を見せてくれました。

「Rag Rug」というのは、古くなった服やいらなくなった生地を使って作るラグ(マット)の事で、昔から特に北欧で盛んに作られていたようです。布を裂いて織機で織ったり、かぎ編みで編んだり、ジュート地に裂いた布を刺していったりと色々作り方があるようです。

私の友人は、ジュート地に刺すやり方で作っていますが、これは中々の力仕事。私はまだトライしていませんが、いつかやってみたいクラフトです。要らなくなった服や生地が、こんなに素敵な作品になる何て、素敵ですよね。
f0217014_21534729.jpg

f0217014_21543250.jpg
f0217014_21541091.jpg


リサイクルを活用して作るクラフトに興味があります。
日本の刺し子も素敵。

今年はもっと手仕事で何か作れますように。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-22 22:40 | アート&クラフト | Comments(0)

うちのコッキーくんたち

あいにくの雨の日に友人が来た日、一緒に話しているとこつこつ窓を叩く音が・・・。
うちの腕白コッキー君たちでした。

去年沢山孵した内の4羽で、お父さんは山の向こうにお住まいのeithbedさん宅のコッキー君でした。残念ながら、お父さんの方は亡くなってしまったので、うちの1羽をお譲りする予定です。

どんどん育って立派になったコッキー君。
アヒルに乱暴するのが困り者ですが、どうぞキツネから他の鳥達を守っておくれよ。
f0217014_228161.jpg

もう一方には、双子のニワトリが・・・。
一番の下っ端で、いつも一緒に皆から離れて行動しています。
大きく、元気に育って、卵をたくさん産んでね。
f0217014_2293487.jpg

[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-22 21:58 | 風景 | Comments(0)

がんばろう東北! がんばろう福島!

来月11日は、日本人にとっては忘れることの出来ない日となってしまいました。

あの日、東北の大地震によって大津波が起こり、沢山の人々が犠牲となりました。沢山の村や町が壊滅状態になり、自然の恐ろしさを改めて思い知らされた私たちですが、福島の原発問題は人が作った問題です。この原発の問題によって、国民は原子力の恐ろしさを考えるようになりました。多大な犠牲を無駄にしないためにも、是非とも環境や人に優しいエネルギー・生活の仕方を考え、見直していけたらと心から思います。そのために自分で出来ることはないのか? 3児の母としてウェールズの片田舎で暮らすだけの日本人に何が出来るのか? 
チャリティーに寄付する、というのが一番誰にでも出来る参加の仕方ですね。ただどのチャリティーに寄付すれば良いのか決めることも、重要かつ難しいことでもあります。

「あしなが育英会」http://www.ashinaga.org/higashi_nihon/ というチャリティーをお聞きになったことはありますか。神戸の震災の時にも活躍されていたので、名前を知っている方も多いかもしれません。災害等で親を亡くした子供達の育英を助ける団体です。

他にも、西條剛央さんなる方が運営されている、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」という素晴しい団体もあります。→ http://fumbaro.org/ この西條さんのインタビューがほぼ日で読むことができますので、どうぞ読んでみてください。→ http://www.1101.com/funbaro2/2012-02-17.html

その他にもこんな若い人達の活動もあって、「今時の日本の若者は・・・」何て言っている人の目を覚ませてくれました。→ http://schop-dan.com/index.html この「スコップ団」もほぼ日にとりあげられていますので、どうぞ。→ http://www.1101.com/schopdan/2012-02-08.html

私の住むペンブロックシャーには日本人が10人ほど住んでいますが、去年のこの悲しい出来事があるまで会うことはありませんでした。何せ田舎で、皆散らばっているので。
それが、この震災をきっかけに集まる事になり、去年は「Japan Day」なるイベントまで企画・運営し、地元の人達から寄付を募り大成功しました。
そのメンバーがまた集まり、今年も春に「Japan Day」を開催しようと言う話がちゃくちゃくと進みつつあります。悲しい出来事からこんな仲間を授けてもらって、心から感謝しています。今年も沢山の人が集まりますように!

3月に向けて、イギリスでも各地で東北・福島を応援しようとの活動が盛んになってきたようです。下のリンクは、ロンドンで行なわれる予定の、チャリティーウォークです。2月、3月とロンドンに旅行に来られる方、ロンドンにお住まいの方は是非ご覧になってみてください。
→ https://sites.google.com/a/jrtga.org/public/news/chariti-tsua---4tsuki-no-yotei
[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-16 23:51 | イギリス/ウェールズ | Comments(0)

バレンタイン・デー

ハッピー、バレンタインズ・デー!

今年はしょっぱなから何やかんやとすったもんだしましたが、無事バレンタイン・デーを迎えることができた私たち家族。いつも特にこの日をお祝いすることはありませんが、ちょっとおしゃまになってきたもうすぐ10歳になる娘にせがまれて、何かチョコレートを使ったお菓子を作ろう、ということになったのはいいものの、はて何を作ろうか?
そうそう、暮らしの手帳(また!」にアイスボックスクッキーの作り方なるものが載っていたはず、あれを作ろうと言うことになり、材料を用意しだすと肝心のチョコレートが家にないことに気付き、慌てて近所へ買い物に出掛けました。

家に帰ってくると、何と夫がランチに手作りピザを作り出していました。
すごいすごい、と嬉々としてカメラを取り出します。
f0217014_16352042.jpg

生地を寝かせている間にトマトソースも作ったそうで、私も娘も感心しきり。生地もとってもいい感じに膨れています。それを伸ばして、天板にのせて・・・
f0217014_16361120.jpg

娘がトマトソースを塗り塗り・・・
f0217014_163815.jpg

熱いオーブンで焼いて・・・、こんな美味しそうなピザが出来上がりました。
f0217014_1639145.jpg

食卓もちゃんと準備して・・・
f0217014_16405383.jpg

いただきます!
f0217014_16413297.jpg

このピザの美味しかったこと。夫にとって、一から一人で全部作った最初のピザでしたが、上出来上出来! これからもどうぞヨロシク~。

で、例のチョコレートクッキー。午後に急いで作ったけど、結局皆で頂いたのは夕方の5時を過ぎていたのでした。見かけは地味ですがお味の方はバッチリで、全部すぐなくなってしまいました。私からの愛を感じてくれたかな、うちの家族たち。
f0217014_16463618.jpg

皆さんにも感謝の気持ちと愛を込めて・・・。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-14 23:27 | 料理 | Comments(0)

娘の作る、ジャム・バン

今週から、「ハーフターム(学期中休み)」が始まった。

イギリスの学校にはハーフタームなるものがあって、丸1週間学校がお休みになるので、この期間にホリーデに出掛けたり、家族に会いに行ったり、家でゆっくり休んだり・・・、子供達は大喜びである。

先週また学校のクッキングクラブに参加してきた娘は、お休みで時間があるので「ジャム・バン」を作ってくれた。と言っても、もちろん私もお手伝い。
出来たものは・・・、
f0217014_17563761.jpg

イチゴやラズベリーの赤いジャムが家になく、青いブルーベリー・ジャムを使ったので見かけの方はイマイチだけど、お味はばっちりでと~っても美味しかった。簡単で美味しくって、家族にも大好評でした。また作ろう。
f0217014_17573725.jpg


レシピ
材料
薄力粉 3/4lb(340g) -ひゃ~、レシピはパウンドで表示してある!
無塩バター 1/4lb(120g)
砂糖 1/4lb(120g)
ベーキングパウダー 小さじ1杯
卵 大1個
ミルク 少々
ジャム 少々(イチゴ、ラズベリーなどがお薦めですが、何でもオーケー。)

作り方
1. 大き目のボールに、バターを細かく切って薄力粉に加え、指先でこするようにして混ぜ合わせる。
2. 1が湿った砂のようになったら、砂糖とベーキングパウダーをよく混ぜ合わせる。
3. 割ってよく混ぜた卵にミルクを少々加えよく混ぜ合わせ、2.に加えてあまりこねない様にして生地をまとめる。(この辺りでオーブンにスイッチオン。180度にセット。)
4. 打ち粉を少々ひいた台に生地を出し、手早く30cmくらいのソーセージにする。
5. 4.を、12個に切り分け、1個が2~3cmに厚さになるようにお饅頭型に丸める。
6. 1個1個、親指で真ん中に穴を作って、その中にスプーンでジャムを入れる。
7. 天板に並べて(オーブンシートを敷いても良し)、熱くなったオーブンで約20分焼く。バンの真ん中に串をさして、何も付いてこなかったら焼き上がり。熱々でも冷めたものでも美味しい!
[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-13 23:47 | 料理 | Comments(0)

初めての手打ちうどん

2月の寒い日曜日。
外ではびゅ~びゅ~木枯らしが吹いている。

こんな日は家でゆっくりごはんを作るのが一番という訳で、夫に「手打ちうどんを作ってみよう。」と持ちかけてみると良い返事が返ってきたので、「手打ちうどんは男の仕事だしね~。」なんて言いながらレシピが載っていた暮らしの手帳を開いて、材料を見てみる。
「えっ、中力粉なんて聞いたことないで・・・。強力粉に薄力粉をちょっと混ぜてみよう。」と、またまた真剣ながら適当に作業開始。
f0217014_178401.jpg

「よくこねた後は、足で踏むって書いてあるよ!」と私は目を輝かせているけど、夫は「食べ物を足で踏むなんて・・・。」と躊躇気味。でも一度踏み出してみると生地の感触が気持ちいいようで、結局嬉々として踏み踏み。
f0217014_17123936.jpg

こんな素敵な生地が出来上がる。
f0217014_1713132.jpg

ここで、しばらく一休み。
30分から3時間ねかすとあるので、まずはコーヒーでも飲んで外を眺める。
「鶏小屋のそうじと、フェンスの修理をしないとね・・・。」と、風が止んでちょっと晴れてきた外に出る。(約2時間後・・・)

さぁ、お腹が空いてきたので、手打ちうどん作りを再び開始!
まずは生地を伸ばして・・・、
f0217014_1717215.jpg

3ミリの厚さまでになったら、3つ折にして5ミリ幅に切る・・・、
(ここで娘が、外にハリネズミの為に巣を作ってあげたので、写真を撮ってくる!とカメラを持って出て行ってしまったので、アイポッドを出してきて撮影。)
f0217014_1720048.jpg

なかなか上手に切れました。
f0217014_17211155.jpg

外で遊んでいた子供達も帰ってきて、皆でお父さんの作ったうどんを見守る中、ぐつぐつ煮えるお湯の中へ!(子供と一緒にカメラも帰ってきた!)
f0217014_17223375.jpg

うどんだけでは寂しいので、サツマイモのてんぷらも一緒に作り出す。
f0217014_17242513.jpg

うわ~、美味しそう。
手を合わせて、「いただきます。お父さん、どうもありがとう。」
f0217014_17261187.jpg

初めての手打ちうどんはまさに家庭の味で、家族みな大満足でした。また作ろうね。
「ごちそうさまでした。」
f0217014_1728525.jpg


ちなみにこれが娘の作ったハリネズミさんの家なのでした。こちらもご苦労様。
f0217014_17292894.jpg

[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-12 21:01 | 料理 | Comments(0)

ジップライン

2月の土曜日に晴れたので、ずっと作りたかった「ジップライン」を夫と息子達が作り出す。
2年も前に材料を買ってあったので、それを探し当てるだけでも一苦労かと思えばすぐに見つかって、さっそくロープに車輪のようなフックを通して、そのロープを木と木の間につなげる。それだけのことだけど、ロープをぴんっと張るのが中々大変。高さも調整しつつ、夫と上の息子が忙しく動き回る中、下の子も一生懸命参加する。
(娘と私はお出かけ中♪)

こんな素晴しい「ジップライン」が出来て、大満足! 寒くって家にこもる日が多かったけれど、やっぱり外で遊ぶのが一番。子供は風の子!
f0217014_17452715.jpg

f0217014_17455934.jpg

[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-11 23:35 | 家族と子育て | Comments(0)