イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:家族と子育て( 70 )

自転車の修理

ここ数日すこぶる良いお天気で、家にじっとしていられなくって、親も子供も外に出る。
イギリスの冬は長くて暗いので、皆お天気の日はいそいそと太陽を眺めに外に出る。

午後、学校から帰ってきた息子にせがまれて、夫が自転車の修理を始める。
そういえば、うちの父もよく自転車のタイヤがパンクしたのを嬉しそうに修理してくれたなぁ・・・なんてことを思い出して、ちょっと嬉しくなった。タイヤの修理は何故か文句も言わず、すぐに直してくれたんだった。
f0217014_177479.jpg

機嫌の悪い日も多くって、だんまりしている難しい父だったけど・・・。
優しいところもあって、やっぱり愛してもらったのかな、なんてね。
お父さん、ありがとう。
お天気の日に、父への感謝の気持ちを込めて。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-03-23 22:01 | 家族と子育て | Comments(0)

母の日

今日は母の日です。
日本では5月にあります母の日ですが、こちらでは3月にお祝いします。

こちらのお母さんが母に日にしてもらいたいこと・・・とあげますと、カードと花束をもらうのはもちろんですが、ベッドにティーを持ってきてもらう、朝ごはんを作ってもらう、サンデーランチを作るか、食べに連れて行ってもらう、などなどでしょうか。

今週末は夫と上の息子が卓球大会に出かけてしまっていて留守でしたので、下の子供達が学校で作ってきたカードをもらうくらいだなぁ、と思っていたのが、何と娘が朝の7時に起きて花を摘み、特別な朝のテーブルセッティングを私が寝ている間にしてくれました。本当に嬉しい驚き!

最近10歳になったばかりの娘。ますます女の子らしく成長してきました。
今朝のように、自分から人を喜ばせることをしてあげようという優しい心が養われてきたことは、母としては涙が出るほど嬉しいことです。

下の息子は学校で作ったカードに「自分でサインしたんだよ!」、と自慢げに見せてくれました。ヤンチャ盛りで周りは大変だけど、子供はヤンチャくらいがいいのかもね。子供らしく子供時代を過ごしておくれ!

どうもありがとう。母より心を込めて。
f0217014_19191966.jpg

[PR]
by enjoy-wales | 2012-03-18 19:02 | 家族と子育て | Comments(0)

3月のネイチャーテーブル

3月のネイチャーテーブルは、初春ということで、こちらでこの時期に咲き出す「スノードロップ」や「プリムローズ」、「クロッカス」の花の子たちに、子羊を並べます。

下地は緑色のフェルトを牧草地に、茶色で土と見立てて・・・、こんな感じです。
f0217014_2056083.jpg

外は木の芽がどんどん出だし、明るい色がふつふつと景色に現れて綺麗なこと!
日が長り暖かくなってきて、春が来たことをひしひし感じさせます。
嬉しい季節ですね、皆さんもどうぞよい春をお過ごしください。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-03-07 20:47 | 家族と子育て | Comments(0)

娘の誕生日

今日は娘の誕生日です。
今朝は皆ちょっと早起きしてお祝いをしました。

我が家では、誕生日はリビングルームに隠れ家を作ってその中にプレゼントを置くのが習慣になっていまして、昨夜も毛布やら椅子やらで作った隠れ家の中にプレゼントを置いておきました。

朝、皆着替えて準備が出来たら、リビングルームまで娘と一緒に隠れ家に向います。今回の隠れ家はとっても大きかったので、私まで中に入りお父さんは頭を突っ込んで、娘がプレゼントを開けたり息子達が羨ましそうに見ているのを眺めました。子供達の嬉しそうな顔を見るのは、親にとっては何よりですね。

もう一つの習慣は、朝のテーブルを特別に準備すること。
テーブルクロスを敷いて、飾り付けをして・・・。
f0217014_0324086.jpg

f0217014_033630.jpg

週日の忙しい朝でしたが、とても楽しかったです。

ロンドンから身重の体でウェールズに引越してきて、大きなトタンの納屋の中で娘を産んだのはもう10年も前になるんだなぁとしみじみ思います。
こちらでは、家でなく石造りの牛舎を3件購入して移ってきました。そんな訳で、引っ越してきたのはトタン板の大きな納屋の中。どうしても自宅出産がしたかったので、その納屋の中を出産まで間に合うよう急いで住めるようにして、無事娘を出産しました。
何事もなく産まれて来てくれて本当によかった。

トタンの納屋には結局2年間も暮らすことになりました。ウェールズの気候とにらめっこしながら、家の工事やらお役所さんとのやりとりやら、まぁ忙しかった2年間でした。よくやったなぁと自分でも思います。
本当に大変だったのでもう一度やりたいとは思いませんが、自分達の家を建てるという素晴しい機会を与えてもらったことに、心から感謝しています。

素敵でお茶目な、心優しい元気な娘に育ってくれて、どうもありがとう。

これからもまた素晴しい出来事が沢山ありますように。

母より愛を込めて。

そ・し・て・・・

こちらは、土曜日にしたお誕生日パーティーに作ったバースデーケーキ。
私が焼いたものを、その日お手伝いに来てくれたEithbedさんの娘さん二人がデコレートしてくれました。と~ても素敵に仕上がって感激でした。
f0217014_0345925.jpg

二人ともどうもありがとう!
[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-27 22:04 | 家族と子育て | Comments(0)

息子の模型飛行機2

息子の作った模型飛行機、第二弾です。

この間作った模型飛行機は、一日で壊れてしまって大泣きしていましたが、めげずにまた作り出しました。我が息子ながら、この情熱には驚きます。

壊れた時には、「これが今までのベストだったのに~!」と大騒ぎしていましたが、何事もやればやるほど上手になっていくもので、最近完成した2機は壊れたものよりもよく飛ぶ!と、おお喜び。調子よく弟の飛行機まで作ってくれました。-こちらの方は、長持ちしませんでしたが・・・。
f0217014_2138931.jpg

f0217014_21371276.jpg

f0217014_21385796.jpg

晴れて風のない日、友達が遊びに来た時には、いそいそと外に出て飛ばしています。

Well done, son! xxx
[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-23 23:21 | 家族と子育て | Comments(0)

ジップライン

2月の土曜日に晴れたので、ずっと作りたかった「ジップライン」を夫と息子達が作り出す。
2年も前に材料を買ってあったので、それを探し当てるだけでも一苦労かと思えばすぐに見つかって、さっそくロープに車輪のようなフックを通して、そのロープを木と木の間につなげる。それだけのことだけど、ロープをぴんっと張るのが中々大変。高さも調整しつつ、夫と上の息子が忙しく動き回る中、下の子も一生懸命参加する。
(娘と私はお出かけ中♪)

こんな素晴しい「ジップライン」が出来て、大満足! 寒くって家にこもる日が多かったけれど、やっぱり外で遊ぶのが一番。子供は風の子!
f0217014_17452715.jpg

f0217014_17455934.jpg

[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-11 23:35 | 家族と子育て | Comments(0)

息子の模型飛行機1

息子に、「今週がんばって作っていた気球とキャノンの事を、ブログに載せたよ。」と教えたら、「これも是非アップして!」と、最近作った模型飛行機を持って来てくれた。

去年から紙でなしに軽い模型用の木を使って、もう少し本格的に飛行機を作り出した。
これはキットが売っていて、初心者用のレベルから上級者レベルまで色々と揃っているそうで、何度か失敗を繰り返しつつも、今では上級者レベルの物を作っている。

去年、これまた工作好きなうちの父が日本からやってきた時に、一緒に難しいのを作って外で飛ばして遊んだのも良い思い出になった。

今まではゴムの動力を使って飛ばすものを作ってきたが、今年はそれをラジコンにするのを試したいそうだ。
こちらの方も、こうご期待!
f0217014_19482116.jpg

f0217014_19512764.jpg

f0217014_19521445.jpg

[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-10 23:32 | 家族と子育て | Comments(0)

息子の工作

上の息子は11歳。
読書と卓球と、そして何より工作が大好きである。

小さい頃から絵を描いたり、紙を切ったり、手を動かすのが好きな子で、シュタイナーの幼稚園に通っていたことも影響を与えていると思う。

先週の雪の降る寒い中、風邪を引いて丸一週間学校を休んだのだが、読む本もなくって暇なのでお気に入りのユーチューブ・サイトから、前から作ってみたかったプロジェクトに取り組みだした。

まずは「気球」。
ゴミ袋と針金とバースデーの小さなロウソクで作ってみるが、上手くいかない。
火を大きくしようと、パラフィンを綿に含ませることを思いついて試したのはいいが、家の中でやってくれたので危ないし、臭いこと! ちょっと怒られて、次の日に、夫の仕事場(陶芸)で何度かトライした後、やっと気球が浮いた・・・。まさに10回目の挑戦後でありました。

その後作り出したのが、「キャノン」。
ボールペンを解体して作る、どこがキャノンなのか一見よく分からないけれど、ライターまで解体して何やら面白そうである。
「アルコール」が必要とのことでお預けになってしまったが、本人はおお張り切りで、せっせと綿棒とピンを使った「槍???」を作っている。
f0217014_17153589.jpg

無事完成するのかどうか、こうご期待!
[PR]
by enjoy-wales | 2012-02-08 22:56 | 家族と子育て | Comments(0)

娘(とお父さん)の作った朝のスコーン

もうすぐ10歳になる娘が、土曜日の朝にスコーンを作ってくれました。

数日前に学校のクッキングクラブで作ったのが余程楽しかったのか、週末に作ってあげると言っていたのが、本当に作ってくれてびっくり。
朝から主人と下の息子も一緒にキッチンでてんやわんやしていたようですが、こんなに素敵なスコーンを作ってくれて嬉しい限りです。
f0217014_8315070.jpg


こうやって、どんどん自分で何かやってみるのは子供にとってとても大切なことですね。

子供たちよ、すくすく元気に育っておくれ。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-01-28 21:25 | 家族と子育て | Comments(0)

Winter King (ウィンター・キング)

今日も私たちの住む南ウェールズ、ペンブロックシャーにありますプレセリ・マウンテンズ(ヒルズ)は曇り空。

昨年は記録的な大雪に見舞われて、11月の終わりから2~3ヶ月間も雪と氷の世界に使っていたのに、この冬はうってかわっての暖冬で、雪どころか霜も降りてきません。

1月も初旬だというのに水仙や梅の芽がもう出てきそうな、そんなお天気が続いています。

そんな外のお天気は何のその。
我が家の「ネイチャーテーブル」なるものに、「ウィンターキング」が登場しました。
f0217014_19215959.jpg


そう、我が家には「ネイチャーテーブル(季節のテーブル)」なるものがあります。
季節、お祝いの日や1年の催しごとによって、飾りや置物、下地になる布やフェルトを替えて、1年のリズムを子供たちと楽しみます。

これは以前、上の子供たち二人がシュタイナー・スクールに通っていた時に教えていただいたもので、上の子は中学校に、下の二人はウェールズ語の学校に通いだした今も続けています。
後で知ったことですが、これは北欧の家庭でも見られるようです。

日本には1年を通して沢山のお祝い事や催しごとがあり、四季をはっきり感じることが出来ますね。
イギリスではそういったお祭りに出会う機会があまりなく、四季の変わり目も日本に比べるとぼんやりしているため、もっと季節のリズムを感じたい・・・と思っていた時にこの「ネイチャーテーブル」に出会い、これはいい!と生活に取り入れました。

シュタイナー・スクールでは、「1年を通して季節のリズムを感じる」ということが子供たちにとって重要とされています。地に足をつけて、季節ごとに変わっていく自然の小さな変化を目と心で感じる、ということでしょうか。子供たちの感受性、優しい心を養うだけでなく、大人にとってもちょっとほっこりとした気持ちにさせてもらえる素敵なアイデアです。

11歳になる息子は、以前に比べると興味がなさそうな顔をしていますが、飾り付けの替えを忘れていると、「今これだっけ?」と聞いてくるので、まんざら興味のないわけでもなさそうです。知らず知らずの内に、リズムを感じているのかも知れません。

9歳になる娘はこのネイチャーテーブルを飾るのが大好きで、最近は自分でカレンダーの日付をチェックして、「次はこれを飾るの?」と聞いて大はりきりで飾り付けをしてくれるます。

4歳になる息子はワイワイ言われながらお姉ちゃんと飾り付けをするのが好き。
去年は飾りをぐちゃぐちゃにして遊んでいたこともありましたが、そうやって親しんでいくものなのかな・・・?

外に散歩に行った時に、木の枝や葉っぱを拾ってきて一緒に飾るのも楽しいものです。
皆さんもいかがでしょうか。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-01-11 19:52 | 家族と子育て | Comments(0)