イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:夫君の陶芸( 31 )

夫君、今年最初の窯焚きをする-その1

今週もキ~ンと冷える日々が続いています。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、今年の初めに2015年は例年以上に本業の陶芸とクラフトに力を入れるぞ!、と発言していましたが、皆に言ってしまったというのがよかったのどうか、夫君、先週末に今年最初の窯焚きをやりました。
f0217014_1211914.jpg

ロンドンでは本業として頑張っていた陶芸、13年前西ウェールズに引っ越してきてから色んな理由で中々本腰を入れて出来なかったのが、今年になってようやくやる気が溜まって来たようで、顔つきが違うなぁと思いながら見ている私です。
f0217014_122564.jpg

頭でうんうんと考えていてもしょうがない。
とにかく手を動かす。
が、今年のモットーです。

これは、ウェールズに来てから作るようになった灰釉。
f0217014_1221963.jpg

これはロンドン時代で作ったものを、改良したものらしい。
f0217014_122423.jpg

そしてこちらは、ロンドン時代によく使っていた釉薬で、再度レシピを出してきて試し焼きしてみたもの。
新しい土にもちゃんと付いていて、一安心。
f0217014_1225988.jpg

その2に続きます。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-21 01:23 | 夫君の陶芸 | Comments(0)

夫君、電気窯をガス窯に改良する。 その3

その2からのつづきです。

知り合いにもらった電気窯をガス窯に改良してから、最初の窯焚きをした夫君。

次の日・・・と言っても火を落としたのが次の日の朝でしたが、とにかくまる一日窯の熱が冷めるのを待って、窯のドアを開けました。 愛犬レニーも興味津々?
f0217014_20543989.jpg

次男坊もお手伝い。
f0217014_2056120.jpg

今回は、最近よく使っている灰釉の焼き具合と、テストを中心にした窯焚きだったそうです。
f0217014_20584513.jpg

一昨年辺りからずっと作っていた湯呑み。大きさ、重さと形がようやく定まってきたとのこと。
f0217014_17532997.jpg

今回の灰釉は、前回のよりも色が繊細です。
f0217014_1755927.jpg

ロンドン時代によく使っていたこの釉薬、ちゃんとまた再現出来た様子。
f0217014_17583414.jpg

全体的に窯焚きの結果はまぁまぁとのことでした。これからまだもう少し改良してみるそうです。

今年は、夫君の本格的な陶芸活動が始まりました。
[PR]
by enjoy-wales | 2014-02-07 00:50 | 夫君の陶芸 | Comments(15)

夫君、電気窯をガス窯に改良する。 その2

その1からのつづきです。

夫君、知り合いからもらってきた電気窯をガス窯に改良出来た!と喜んでいたものの、窯の大きさとガスバーバーの調整が上手くいかず、試行錯誤中でした。

バーナーに小さな穴を開けてもらったり、バーナーを設置する穴を大きくしたりと苦労していたようですが、ようやく火を入れる時がやって来ました。
f0217014_20382026.jpg

最初に火を入れた時には部屋中がガス臭くなって心配もしていましたが、今回は大丈夫そうです。
(ちなみに、夫君がかぶっている可愛い帽子は娘の手作りクリスマスプレゼントでした。ふふふ♪)

800度近くまで温度が上がったところで・・・。
f0217014_2042068.jpg

窯の中を覗きます!
f0217014_2043683.jpg

(注: 危ないので知識なしに真似はしないように。)

結局この窯焚き、窯が小さいからすぐに温度が上がるだろうとの夫君の予想を裏切り、1200度以上まで上げるのに18時間かかったそうで、夫君は次の朝の7時まで窯に付きっきりでした。

週末だったので、長男坊も午前1時半まで付き合ったそうです。

結果の方は・・・。
その3につづきます。
[PR]
by enjoy-wales | 2014-02-06 00:59 | 夫君の陶芸 | Comments(2)

夫君、電気窯をガス窯に改良する。 その1

この冬のイギリスは雨ばかり降っていると言っていましたが、週末の新聞によると1月の降雨量は1767年以来の多さだったそうです・・・。 ため息

梅雨も2週間も経つとうんざりとしてくるものですが、冬の雨と言うのもう~ん~ざ~り~!

雨が降らなくって困っている国もあるのでそれを考えると渋い顔ばかりもしていられませんが、夏の海が恋しい今日この頃です。

さてさて最近の夫君、以前知り合いにもらった電気窯をガスの窯に改良しています。
f0217014_1581782.jpg

夫君は普段、電気窯を使わないのですが、窯があるいうともらってきてしまうのです・・・。

ずっと前に自分で作った大き目のガス窯では頻繁に試験など出来ないので、小さめのガス窯が前から欲しかったそうで、じゃぁ電気の窯をガス窯にしてしまえばいいんだ!と思いついたそうです。
f0217014_1584091.jpg

窯の中に付いていたワイヤーやら何やらを取り除き、窯の後ろに二つ穴を開けて、バーナーを取り付けて・・・完成です。 火を入れてみましたが・・・。
f0217014_1585830.jpg

う~ん、部屋がガス臭くない!?

バーナーの火加減が難しいようで、バーナーに小さな穴を開けたり、窯の後ろの穴を大きくしたりと結構大変そう。 ここまできたら絶対諦めない! と試行錯誤中です。

どうなることやら? 

その2に続きます。
 
[PR]
by enjoy-wales | 2014-02-05 00:10 | 夫君の陶芸 | Comments(2)

夫君のスタジオにやって来た、Dough Mixer!

曇り空の西ウェールズからこんにちは。

最近、夫君が大きな買い物をしました。

それはタイトルのあります「Dough Mixer(ドォ・ミキサー」」です。

「Dough Mixer」と言ってもキッチンでパンやケーキ作りに使うものではなくって、夫君の仕事、陶芸の土を混ぜるためのもので、「古いDough Mixerを買った。今週デリバリーしてくれるんだ。」と夫君から聞いた時にはどんなものだろう?と思っていたら、やって来たのは・・・。

むむむ・・・、何やこれは? (急に関西弁。笑)
f0217014_17324142.jpg

えぇっ、むっちゃ大きいやん!?
f0217014_17332894.jpg

最近はもうパン屋さんでもこういうDough Mixerは使っていないそうで、古くって頑丈なものを探していたんだそうです。・・・それにしても、大きい。
f0217014_17373182.jpg

夫君もここまで大きいものを探していた訳ではなかったようですが、何せ古いものを探すしかないので、この機械のことを友人の陶芸家に教えてもらった時すぐに見に行って即買いしたそうです。

たまたま学校を休んでいた次男坊は大喜び。(注: もちろん中に入ってはいけませんよ!)
f0217014_1738053.jpg

この中で土やらを混ぜ合わせます。
f0217014_173998.jpg

肝心の使い勝手の方ですが、夫君曰く「最高や~!」とのことで、固くなってしまった土を水と混ぜて使える固さにしたり、色んな土を混ぜ合わせたり、小さな石やらガラスやらを混ぜ合わせたりするのに大変便利なそうです。
これで一気に土作りが楽になった夫君。今年も陶芸、がんばってください。
[PR]
by enjoy-wales | 2014-01-25 17:44 | 夫君の陶芸 | Comments(2)

焼き上がった作品 - 夫君の陶芸作品・2013年秋

窯出しをした次の朝、挽き立てのコーヒー片手に夫君のスタジオへ。
f0217014_123193.jpg

久しぶりに窯焚きをしていなかったので、前に使った釉薬の調合がちゃんと出来ているのか随分と心配していた夫君でしたが、ちゃんと焼きあがっていたようで一安心。(今年初めの窯出しでも息子二人が手伝っていたなぁ、としみじみ。笑)
f0217014_1285446.jpg

今回は、地元で取れた土を使った化粧土を試してみたそうで、結果の方は釉薬のテカリがなくなって、目指す仕上がりにちょっと近づいてきたそうです。夫君はうちで採れた灰を使った灰釉で釉薬を作っていますが、化粧土を使うことでガラッと違った仕上がりに焼けました。
f0217014_1382399.jpg

これは蝋抜きと呼ばれる方法使った湯飲み。
f0217014_1413458.jpg

朝、ゆっくりとテストピースをチェック。
f0217014_14491.jpg

その夜、最近なぜかお菓子作りにはまっている長男(前は工作だった)が、スコットランドの伝統的なお菓子・ショートブレッドを作ってくれたので、今回焼けたお皿に盛っていただきました。
f0217014_1483122.jpg

目にも心にも、そしてお腹にも嬉しい一日に感謝!

これからの夫君の作品作りが充実したものとなりますよう願いつつ・・・。
[PR]
by enjoy-wales | 2013-11-15 01:51 | 夫君の陶芸 | Comments(16)

窯出し

窯出しの日です。

朝、窯の温度をチェックしに行った夫君。 
「まだまだ熱いからドアは開けられないよ。学校から帰ってきたら、もう一度温度をチェックしよう。それまで開けないから心配しないで!」と、窯出しの手伝いをしたがる息子たち二人に話しつつ子供たちを学校に送り出して、一日中スタジオの掃除をしていました。

午後、子供たちが学校から帰ってきた時間でも窯の中の温度はまだ高かったので、窯出しは夕食を食べてからということになりました。

夕食の片づけ片付けをしてスタジオに行ってみると・・・。いたいた!
f0217014_17451166.jpg

パジャマに着替えた息子たち二人が一生懸命窯出しの様子を見ています。
f0217014_17532641.jpg

今回の焼き上がりは・・・。
f0217014_17541740.jpg

今回は釉薬の試験を沢山したそうで、テストピースがずらり。
f0217014_17554287.jpg

テストの中に数個気に入ったものがあったそうで、次回の窯焚きの楽しみが出来ました。
f0217014_17561939.jpg

暗いために作品の写真をちゃんと撮ることが出来なかったので、焼き上がった作品のアップは明日に!

今日もこのブログに来てくださった皆さん、どうもありがとうございました。
[PR]
by enjoy-wales | 2013-11-13 17:38 | 夫君の陶芸 | Comments(3)

夫君、また窯を焚く!

雨の日が多くなってきたウェールズから、こんにちは。

夫君がこの秋久しぶりに窯を焚きました。
f0217014_4275494.jpg

去年の暮れに窯焚きをして以来(→)一度焚いただけで、随分ご無沙汰となってしまったので、色々と苦労もあったようですが、丸一ヶ月うんうんと苦しんだ後ようやく窯に火を入れることが出来て、傍で見ていた私もホッとしています。
f0217014_4184727.jpg

数年前に夫君が自分で作ったガス窯は、今まで作った窯の中でも一番性能が良いとのこと。
f0217014_4264474.jpg

窯に火の入る日は、夫君の雰囲気を感じてか皆緊張気味です。

どうぞ良い焼き上がりとなりますように・・・。
[PR]
by enjoy-wales | 2013-11-12 04:30 | 夫君の陶芸 | Comments(12)

夫君の、今年初の器たち・・・

もう年も暮れる頃ですので今頃「今年初」というのも可笑しい気がしますが、夫君が今年中にしたかった念願の窯焚きを何とかすることが出来ました。

先日、窯出しをしている様子をアップしましたが、今日は改めまして出てきた器をご紹介します。
(何といっても私もとても嬉しかったので♪)
f0217014_20292389.jpg

夫君が今回釉薬(うわぐすり)に使ったのは、我が家の薪ストーブや暖炉から出てくる灰を使って作った「灰釉」です。 ロンドンで作陶していた頃は、もっとモダンでカラフルな作品を作っていましたが、ウェールズの田舎に住み出してからは「薪窯」や「灰釉」に興味を持って、ここ数年友人陶芸家の薪窯の焚き出しを手伝いにいったり、灰釉の試験を繰り返していました。
f0217014_20361450.jpg

灰釉はどちらかというと地味で西洋人にはそれほど受けないようですが、夫君はこの日本風の渋さが大好きで、それに影響されてか友人達もその良さが分かってきたような・・・?
f0217014_20373538.jpg

パッと見には華やかさに欠けますが、使い込むほど温かみが増して愛着が沸いてきます。

これを機に、新年にはどんどん作陶に励むことが出来ますように・・・!

今日もこのブログにお越しくださって、どうもありがとうございました。
どうぞどうぞこの年の暮れの忙しい中、健康に気を付けて元気にクリスマスを迎えられますように。
[PR]
by enjoy-wales | 2012-12-21 20:41 | 夫君の陶芸 | Comments(18)

今年初の窯焚き・・・2日後に窯を開ける

昨日、子供たちが学校から帰って来ると夫君は、早速楽しみにしていた窯をゆっくりと開けだしました。
f0217014_7334138.jpg

(それを見守る息子たち・・・)

久しぶりの窯焚きだったのでちょっと不安もありましたが、焼き上がりは中々よかったようです。
f0217014_7382720.jpg

ロンドンではカラフルな作品を沢山作っていたのが、ウェールズの田舎に来てから灰釉に目覚め、ここ数年色々と試していた夫君。

今年は陶芸以外の用事で忙しく作陶が殆ど出来なかったのですが、どうにかクリスマス前に窯を焼くことが出来、自家製灰釉の出来具合を見ることが出来ました。
f0217014_7441740.jpg

息子たちも嬉々としてお手伝い。
f0217014_745924.jpg

と言っても、次男坊は自分が作った作品を見るのが楽しみでしかたなく、お手伝いもそこそこに自分の作品を並べて得意げな様子。笑
f0217014_7461568.jpg

土をいじるのが大好きな次男坊、もしかすると将来は・・・?
[PR]
by enjoy-wales | 2012-12-20 22:51 | 夫君の陶芸 | Comments(6)