イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:夫君の陶芸( 31 )

夫君の土作り

ビュービューと雨と風の吹き荒れる西ウェールズからこんにちは・・・。
木の葉も随分と落ちて、もう冬が目の前にやって来たような感じです。

ガーガーグングンと大きな音が聞こえるので見に行ってみると、夫君が土を混ぜている所でした。
f0217014_23244954.jpg

これは古いブレッドミキサーで、去年の冬にやって来て以来陶芸用の土作りに大活躍してくれています。
f0217014_23275416.jpg

これは固まっている土を広げて、こん棒でゴンゴンと粉々にしている所。
こういうことをやり出すとすぐにやって来る次男坊ももちろんお手伝い。
f0217014_23283549.jpg

これがまた陶土になって、色んな陶器になっていくと思うと面白いものですね。
f0217014_23301661.jpg

天気が悪くなるということは、陶芸やクラフトに時間が費やせるということ。

クリスマスに向けてますます寒く&暗くなってくる天気ですが、ちょっとワクワクしているのでした。

皆さん風邪にはお気を付けくださいね。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-11-09 00:05 | 夫君の陶芸 | Comments(2)

週末に、陶芸ワークショップを開催!

落ち葉と紅葉が目立ちだした西ウェールズ。
もう嬉しくって踊り出した暗るくらいの秋晴れが続いています。来週はまたガラリと天気が変わるそうなので、夫君は納屋の裏の掃除と新たな納屋作りに追われています。

さて昨日の更新に引き続きまして、今日は先週末に夫君のスタジオで開催した陶芸ワークショップについて。

計11名様。
日本人のお母さん3人とティーン8人が、金曜日の夜にロンドン近郊から遥々やって来てくれました。

合宿のノリで楽しくやりましょう!との予定通り、子供たちは皆すぐに仲良くなってくれて、良いお天気にも恵まれた土曜日は一日とにかくワイワイと大騒ぎで楽しく過ごすことが出来ました。
f0217014_19524128.jpg

皆金曜日は夜遅くに到着したので寝不足だったけど、それを感じさせない元気さにビックリでした。
f0217014_19413548.jpg

面白かったのは、ティーンの男の子たちが最後まで根気よく作品をつくっていたこと。
f0217014_19503766.jpg

うちの次男坊ももちろん大喜び。
f0217014_19554570.jpg

クリスマスが待ちきれない次男坊は、ソリに乗るサンタクロースを作ったのでした。
(でも帽子をかぶってないよ~。笑)
f0217014_19564931.jpg

ワークショップ終了後は裏山まで夕日を見に山歩きに行ったのですが、そこで道に迷ってしまって足がズボズボとぬかるみにはまってしまったり、転んだり、最後までまぁ大騒ぎの週末でした。笑
日曜日は皆さん何とかロンドンまで帰途につかれることが出来て、ホッと一息・・・。

小さなハプニング続きの週末でしたが、無事にワークショップを開催出来て大満足!
皆さん、遠い所から来ていただき本当にどうもありがとうございました。
また出来るといいですね~♪
[PR]
by enjoy-wales | 2015-10-02 20:08 | 夫君の陶芸 | Comments(4)

夫君、灰の釉薬を作る準備する。

今週はビックリするくらい天気のよかった西ウェールズから、こんにちは。

9月に入って秋風が吹いていますが、今週は青空の広がる嬉しい天気が続いて、日中は暑いと感じる日もありましたが、来週はガラリと変わって強風と雨が来るそうで、庭仕事や池の修理(っていうのかしら?)などなど、外でやる仕事に励んでいます。

この日、夫君は前からやりたかった灰釉に使う灰を洗う作業をしました。
水を使う作業と聞くと飛んでくる次男坊も、もちろんお手伝い。笑
f0217014_22405.jpg

灰を水に漬けて、炭とヌルヌル感を取り除いていきます。
f0217014_2121476.jpg

これはキレイになって来たところ。
f0217014_2115860.jpg

溜まっていた灰を一気に洗って整理出来ました。
灰で作った釉薬は使ってみないとどんな風になるのか分からないのが難しくって面白いところです。
この灰はどんな色を見せてくれるかな・・・。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-09-11 01:33 | 夫君の陶芸 | Comments(0)

6月の窯焚き、本焼き その4

「6月の窯焚き、本焼き」シリーズの最終回は、おまけのコーナー♪

その3』でチョコッと登場していた、我が家の愛犬レニー君の可愛い写真が撮れたので、ご紹介。

おじいちゃんになってからますます独りでいるのが嫌で、重い腰を上げてヒョコヒョコと私の後ろを付いて来る姿は愛おしいというか♪
f0217014_0311939.jpg

動物大好き、でも扱いが荒いのでハラハラすることも多い次男坊も、おじいちゃんレニーが大好きです。
f0217014_0313456.jpg

これは、娘がエライ遅い「母の日のプレゼント」として作ってくれたお皿二枚。
f0217014_032506.jpg

渋い灰釉に女の子らしいデザインが娘らしくって、なかなか面白い。
f0217014_0333538.jpg

それから、次男坊の作品3つもちゃんと焼き上がりました。
f0217014_0371687.jpg

何かを作り出す、というのは何よりも満足感を味わえることだなぁ、といつも思います。

ちょっと自己満足の気が強い「おまけのコーナー」も見てくださった皆さん、ありがとうございました。

日本は梅雨入りしたそうですね。
しばらくの間ジメジメとした日が続くかと思いますが、どうぞお元気で梅雨を乗り切られますように。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-06-10 05:28 | 夫君の陶芸 | Comments(6)

6月の窯焚き、本焼き その3

ここの所、さわやかな風と晴天に恵まれている西ウェールズから、こんにちは。
まだ暑いね~という訳にはいきませんが、何だか一気に初夏が訪れたような陽気で嬉しい限り。

今日は昨日の「6月の窯焚き、本焼き その2」に引き続き、その3です。
f0217014_0164782.jpg

この湯呑みは、前に試験で焼いた時に出て来た釉薬かな。
f0217014_0202410.jpg

これは日本の天目のよう。
f0217014_0211110.jpg

そしてこれはもう定番となって来た灰釉ですが、今回はいつもより窯の温度を上げたそうで、いつもより焼け具合に味が出ていていい感じです。
f0217014_023032.jpg

f0217014_024491.jpg

写真では色がちゃんと出ていませんが、この四角いお皿も定番になってきたようです。
f0217014_0244884.jpg

こうしてみると、夫君の作品には日本の陶芸の影響が強く出ていて、今更ながら面白いなぁと思います。
どうぞこれからもどんどん夫君が陶芸に打ち込めますように。

次回はおまけのコーナー!
お楽しみに♪
[PR]
by enjoy-wales | 2015-06-09 00:27 | 夫君の陶芸 | Comments(2)

6月の窯焚き、本焼き その2

自分で言うのも何ですが、4日連続のブログ更新です。
これはもしかすると初記録達成かも。

夫君が知らない内に作陶して、本焼き用の作品をコツコツと作っていたのに刺激されて、私も頑張らねば!何て一人で気合を入れております。笑

本題に戻りまして、昨日の「6月の窯焚き、本焼き その1」からのつづき。

窯焚きをした次の日、夜になって窯の温度が下がった(と言ってもまだまだ熱い)ところで、窯の入り口を塞ぐように積み立てられていた陶芸用の白いレンガを、夫君が取り外しました。

- もうベッドの時間だけど、どうしても見たい!と言って見学に来た次男坊。
f0217014_39849.jpg

これは大きな窯を使った本焼きで、この窯を使うのは今年初めて。夫君、ちょっと緊張気味です。
f0217014_3101618.jpg

試しに作ってみたという陶器のお皿。とっても美しく仕上がっていて、私はちょっと感動!
f0217014_313358.jpg

熱い熱いと言いながら、次男坊もお手伝いして一つずつ窯から作品を取り出していきますよ。
f0217014_3145558.jpg

もう夫君の定番となった湯呑みたち。今回も上手く焼けたみたいです。
f0217014_3161660.jpg

この大き目の深皿は、私が頼んだもの。これも綺麗に焼けていて嬉しい!
f0217014_3172570.jpg

つづきは、その3で・・・。

今日もこのブログまで遊びに来てくださった皆さん、心から感謝しています。
どうぞまた良い1週間を♪
[PR]
by enjoy-wales | 2015-06-08 05:51 | 夫君の陶芸 | Comments(2)

6月の窯焚き、本焼き その1

何となくまた4月のようなヒートウェーブがやって来そうな予感の西ウェールズから、こんにちは。

3~5月にかけて、木や石を動かしたりと庭仕事に大忙しだった夫君。
6月に入って大きい窯に窯詰めをし出したので、もしかすると・・・と思っていると火を入れたのでビックリ。
(ビックリするのは失礼ですが)
f0217014_2314233.jpg

5月の間に一度、電気窯を使って素焼きもやっていたそうで、溜まっていたものを本焼きする、これが今年初の本格的な窯焚きとなりました。

朝、窯に火を入れて、夜になる頃には温度が上がってこんな風に窯の中の色が変わって来ます。
f0217014_2317921.jpg

窯の中の様子と温度をチェック。
f0217014_23185140.jpg

友人陶芸家のジョーさんと一緒に手作りした、この窯。使っていく内にどんどん良くなっている、とのこと。
f0217014_2320157.jpg

夫君、お疲れ様でした・・・。

出来具合は、また次回に!
[PR]
by enjoy-wales | 2015-06-07 00:14 | 夫君の陶芸 | Comments(2)

2月の釉薬テスト・窯焚き

2月に入ってから、皿や湯呑みなど作っている夫君。
気分が乗っている日、全然ダメな日などあるものの、ほぼ毎日仕事場で陶芸に励んでいます。

古い電気窯を自分でガス窯に改良したものが、今年に入ってようやく使いこなせるようになったそうで、2月に入ってからもう数回、釉薬のテストの為の窯焚きをするのに火を入れているのですが、ぽつぽつと気に入った結果が出て来たようで、傍で見ていても嬉しい限りです。

この岩の中から出て来たようなお皿は、私のお気に入りです。
f0217014_21595631.jpg

同じお皿に、お馴染の灰釉をかけたもの。
f0217014_221681.jpg

スリップを使ったものなど、色々試しているよう。
f0217014_21593219.jpg

この湯呑みも良い感じです。
f0217014_2223158.jpg

そしてこれも。
f0217014_223334.jpg

これも!
f0217014_2263850.jpg

ロンドン時代、フルタイムで陶芸をしていた頃、バンバン窯を焚いて一喜一憂していた夫君を思い出しました。

今年はまだまだこれからです。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-02-26 23:43 | 夫君の陶芸 | Comments(7)

夫君、今年二度目の窯焚きをする。

今週のイギリスはまた寒気がやって来て、スコットランドや北イングランドでは大雪が降っているようですが、私たちの住む西ウェールズは寒いけれどまだ雨模様で、今週末は雪になるかなぁと窓の外を眺めています。

さて、夫君は昨日今年二度目の窯焚きをしました。
f0217014_19535986.jpg

今年最初の窯焚きをした際にもう釉薬のテストはやらないなんて話していましたが、大きな窯を使う前にもう少しテストをしたかったそうで、夫君の意気込みが伝わってくるようです。
f0217014_20113431.jpg

これはもうお馴染の釉薬。
f0217014_2012752.jpg

こちらは新しいコンビネーションです。
f0217014_20131710.jpg

この釉薬も落ち着いてきたようで、これからが楽しみです。
f0217014_2015442.jpg

今年は1月の間に2度釉薬のテストの為の窯焚きをした夫君の、これからの活躍を期待するばかりです。
ガンバレ!

色々なところで寒波の影響が出ているようです。
皆さんどうぞ外に出られる時は暖かくして、いつもよりお気を付けくださいね。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-30 20:22 | 夫君の陶芸 | Comments(10)

夫君、今年最初の窯焚きをする-その2

その1からのつづきです。

今回の窯焚きも半分が釉薬の試験だったので試験用の小さな湯呑み(ぐい吞み)ばかりですが、今回の試験で使いたい釉薬を選んだそうで、これから次の窯焚きに向けて他の作品作りに精を出すそうです。

この釉薬は見たことがあるような・・・。
どれも和風なのが面白い。やっぱり日本の焼き物が大好きなんだなぁと、しみじみ眺めている私です。
f0217014_1245941.jpg

これは初めて見た釉薬。
中々いい感じです。
f0217014_1251756.jpg

この高台の感じも初めてです。
f0217014_1253220.jpg

小さい窯で試験用に焼いたので作品の量は少ないけれど、これで次に向けての方向が見えてきたようなので、有意義な窯焚きになったようで私も嬉しい。
f0217014_1255145.jpg

夫君の作陶はこれからです。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-22 00:17 | 夫君の陶芸 | Comments(2)