イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イギリス/ウェールズ( 60 )

Mana Oguchi Piano Concert at the Lampeter House

先週やってきた嵐でイングランドの南東部は大変な被害にあったようですが、ウェールズでは日頃より風が強かった程度で、その嵐もどこへやら、今日はキリッと晴れています。

その風の強かった先週末に、ランペターハウスで催されたピアノコンサートに行ってきました。

ランペターハウスは、オーナーのジュリアンさんとマミさんのご自宅(豪邸!)で、お二人が気に入られた音楽家を招いてコンサートやオペラを催される、音楽愛好家の隠れ場のような素敵なハウスです。

今回のピアニストはとっても可愛らしい若手のホープ!、小口真奈さん。
f0217014_2284597.jpg

北海道の札幌市出身で、東京藝術大学、ドイツのハノーファー音楽大学でピアノを学ばれ、現在ヨーロッパを中心に活躍されているということです。

ランペターハウスで何度かピアノコンサートを開催されたことのある、ロンドン在の有名ピアニスト小川典子さんが推薦されている、ということしか知らずに行った真奈さんのコンサートは・・・一言、素晴しかった!

シューベルトやシューマンが好きで、室内楽に目覚めたと言う、若い人にしては珍しい若手ピアニストの真奈さん。一音一音を大切にする丁寧な演奏から、音楽に対する愛と真摯な姿勢が伝わってきました。

・・・と、すっかりファンになってしまった私。

私もシューベルトが大好きなので、次回のコンサートが今から楽しみです♪

小口真奈さんのこれからの活躍を心から祈るばかり。ウェールズから応援していますよ~!
[PR]
by enjoy-wales | 2013-11-04 23:02 | イギリス/ウェールズ | Comments(2)

LONDON ドキュメンタリー映画祭

こんにちは。

ロンドンにお住まい、またはロンドンに行かれる予定のある方へドキュメンタリー映画祭のご案内をさせて頂きます!

6月20日(木)〜23日(日)
London WC1( UCL, Birkbeck, ICA, LSE, SOAS などにて)

今年はGrand Juryの審査委員長に俳優のJeremy Ironsが招かれているようです。

6月22日(土)には日本の福島のドキュメンタリーが2本入っているそうですので、興味のある方は是非!

14:00 "No Man's Zone" at SOAS
16:30 "Nuclear Nation" at SOAS


プログラムは盛りだくさんですので、是非下記のサイトを確認してチケットを予約して下さい。
大学がスポンサーというのもあるのか、見終わった後はディスカッションの場も用意されています。

http://www.opencitydocsfest.com/

The festival presents films about real life, and about the experience of real people, many of whose voices are not often heard. We challenge, explore, and expand ideas of what documentary can be and do, provoking debate and opening minds. Open City Docs Fest has selected films that explore the range of modern life, from the challenges of urban living, to the thrills of science, the subversion of art and the restorative beauty of music.
[PR]
by enjoy-wales | 2013-06-12 17:51 | イギリス/ウェールズ | Comments(2)

佐治妙心さんの世界平和を祈る、手作り紙芝居イベント♪

f0217014_21233391.jpg

先週の土曜日5月11日、私の住むイギリス西ウェールズにありますペンブロックシャーで、日本の伊豆から遥々やって来られた歳若い尼僧佐治妙心さんをお招きして、『世界平和を祈る、手作り紙芝居』なるイベントを開催しました。

初めてお会いする妙心さんは、笑顔の本当に可愛らしい、とてもフレンドリーでオープンな方で、私はもちろん家族も地元の仲間もすぐに打ち解けて、妙心さんの優しいお人柄が大好きになりました。

その小さいお体のどこからあれだけのパワーが出てくるのか?と思うくらい、世界平和を祈る為に日本や海外で活発に活動されています。

この妙心さんをイギリスでサポートされている、カーディフ在住のMさんとSさんにも今回初めてお会いしました。 お二人ともカラッと明るく素敵な方々で、イギリスに長くお住まいで経験豊か! 楽しいお話を沢山聞かせてくださいました。 お二人とも心から妙心さんのことがお好きで、妙心さんの活動に共感されているご様子で、素晴らしいことだと思いました。

三人方ともこのイベントの前日に朝早くカーディフを出てペンブロックシャーに来られ、二校の学校で講習会をされた後に友人宅と我が家でもお茶をされるという強行スケジュールで随分お疲れだったでしょうに、この日はずっと会場の皆に笑顔を見せておられました。 本当にお疲れ様でした・・・。

当日は曇り空の広がる寒い一日となりましたが、会場となった森「Nant-y-Cwm Community Woodland」には地元の日本人たちはもちろん、イギリス人やウェールズ人も集まって和気藹々とした雰囲気。 日本人の仲間が持ち寄ってくれた、数々の美味しいケーキを味わいつつお喋りに花が咲きます。
f0217014_17465078.jpg

今回のイベントを開催する機会を作ってくださったEithbedさんのスピーチの後、妙心さんの紙芝居が始まります・・・。

子供連れのファミリーから、子供たちが妙心さんの紙芝居をちゃんと座ってみていられるのか心配する声も聞かれていましたが、お話が始まると皆紙芝居に目が釘付け!
f0217014_17493696.jpg

大人も子供も、戦争のない平和な世界を祈るお話に聞き入りました。
f0217014_21242185.jpg

お話の後、伊豆にあります妙心さんのお堂に飾ってくださるという、桜の花びらの形のピンク色の布に、皆それぞれ世界平和を祈るメッセージを書きました。
f0217014_17593079.jpg

最後に妙心さんと一緒に、ハイッチーズ♪
f0217014_21292384.jpg

来てくださった皆さん、どうもありがとう!
f0217014_187273.jpg

佐治妙心さん、遥々日本からウェールズまでお越しくださりどうもありがとうございました。
世界平和を祈る妙心さんの熱く優しいお姿に皆心を動かされました。

Mさん、Sさん、お二人の妙心さんをサポートされている、妙心さんを見守る姿にも感動しました。
これからまだまだお忙しい日々が続くようですね。どうぞお体には十分気をつけてください。応援しています!

Eithbedさん、色々とお疲れ様でした。素晴らしい機会を作ってくださりどうもありがとう~!

地元の日本人の皆さん、心温まるサポートの数々をどうもありがとうございました。
皆でワイワイと楽しかったですね♪

戦争のない世界の平和を心から祈りつつ・・・。
[PR]
by enjoy-wales | 2013-05-14 18:30 | イギリス/ウェールズ | Comments(9)

イベント予告! 世界平和を祈る、手作り紙芝居・・・

f0217014_6262579.jpg

2011年に東北で大地震・大津波があった際、ペンブロックシャーに住んでいる日本人が集まって「JAPAN DAY」というファンドレージングのイベントを開催しました。

それまでこの田舎にバラバラに住んでいた日本人同士が、遠く離れた母国の大災難に心を痛め不安に思っていたのを、色んな伝を使って集まり顔を合わせ、知り合う機会を作ってもらえたことに心から感謝したものでした。

このイベントは大盛況に終わり、沢山のお金が集まり、東北と福島で被害を受けた人々を助けるチャリティーに寄付をしました。 昨年の春にもまた、この時集まった日本人同士で「JAPAN DAY」を開催し、沢山の地元人に参加してもらうことが出来ました。
( →詳しくはこちらから ) 

今年は、佐治妙心さんという若い尼さんが、わざわざイギリスに来て「手作り平和紙芝居」をしてくださると聞いて、今週の土曜日に地元の森で小さなイベントを開催することになりました。
f0217014_643469.jpg

シュタイナー学校のすぐ横に位置するこの小さな森はとても素敵なところで、先週土曜日にワークデーと称して何人かが集まって、掃除やイベントの準備をするために一日を過ごしましたが、木々のざわめきや鳥の鳴き声が聴こえて、体はとても疲れたけれど元気をもらえたように思います。
f0217014_6443880.jpg

もしも西ウェールズに来られる予定のある方、知り合いのおられる方は、是非ご参加くださいね。
f0217014_6503029.jpg

どうぞ素晴らしいイベントとなりますように・・・!
[PR]
by enjoy-wales | 2013-05-08 06:54 | イギリス/ウェールズ | Comments(12)

Lammas ; The eco-village in Pembrokeshire

Lammas Project (ラマスプロジェクト)』 というプロジェクトの話を聞かれたことがありますか?

この物と情報があふれるこの時代、どうやって自然や環境に優しい生活スタイル&コミュニティーを作っていけば良いのか?という課題を持って結成されたプロジェクトで、地元の人々やカウンシルとの話し合い、色々な難題を乗り越え、我が家の近くにある広大な土地を購入して2009年から実際にそこで試みられています。

只今5~10家族が世界各地から訪れるボランティアの助けを得ながら、Eco-Village(エコビレッジ)を作っている最中。→こちらを参考(英語)

このプロジェクトに参加している友人家族にたまに会いに行きますが、ここ数年だんだんと出来上がってくるビレッジを見るのはとても興味深いし、刺激されます。

先週、このプロジェクトの立役者、PaulさんとHoppiさんファミリーの家を訪れました。
f0217014_193034.jpg

まずは将来ワークショップやスタジオに使うための納屋を建てて、とりあえずそこに住んでいるとのこと。
友人に作ってもらったと言うドアのヒンジ(ちょうつがい)がとっても素敵!
f0217014_19344931.jpg

もうすぐ子牛が産まれそうなおなかの大きい牝牛を住む納屋・・・。 
愛情をこめて作られたこの納屋は、今まで見たことの納屋の中でも一二を争う美しさです。
f0217014_19372013.jpg

入り口のこの素敵なこと・・・。
f0217014_19375198.jpg

再来年に建築予定の家のプランを見せてもらいましたが、壁が丸くカーブされたオーガニックなデザイン。
どんなものが出来上がるのか、今から楽しみにしています♪
f0217014_19494817.jpg

がんばれ、Lammasのメンバーたち!
[PR]
by enjoy-wales | 2013-03-15 18:34 | イギリス/ウェールズ | Comments(8)


「フクシマを忘れない-原発のない世界を!」


3月9日(土)・11日(月)
「フクシマを忘れない-原発のない世界を!」
福島連帯イベント開催のお知らせ

在英邦人による反原発団体「JAN UK」と
英反原発・反核団体「Kick Nuclear」および「CND」が、
福島連帯イベントを開催します。

福島原発事故2周年を迎えるにあたって、日本をはじめ、欧州各地でさまざまな脱原発行事が計画されており、ロンドンでも福島連帯イベントを行うこ とになりました。
福島の原発事故は終わっていません。
原発の無い世界に向かって、ロンドンで一緒に歩きましょう。


● 3月9日(土)福島連帯デモ
午後12時 ハイドパークコーナー集合


国会議事堂までデモ
午後2時半 国会議事堂横オールド・パレス・ヤードにて集会

*テーマカラーは黄色、マスコットはヒマワリの花です。



● 3月11日(月)光のチェーン

午後5時半~6時半 ロンドン日本大使館前

*あの日から2年たった3月11日に鎮魂を祈り、命を想うために、光のチェーンをつくります。そのほか、2分間の黙祷、福島からのメッセージな ど。
キャンドル、トーチをお持ちください。


東北大震災・津波及び福島原発で亡くなられた方々へのご冥福をお祈りしています。

そして東日本が一日も早く復興されますよう、これからも応援しています。
[PR]
by enjoy-wales | 2013-03-11 19:03 | イギリス/ウェールズ | Comments(4)

バレンタインデーに参加した、Eisteddfod 2013のワークショップ♪

この木曜日はバレンタインデーでしたね。 皆さんはどんな一日を過ごされましたか?

イギリス、特にこのウェールズの田舎では日本ほど盛り上がりを見せないバレンタインデー・・・、と言い訳をする訳ではありませんが、夫君も私もすっかり忘れていた(!)のでチョコレートも花束も見ないバレンタインデーとなってしまい残念な限りですが、久しぶりに晴れたこの日、私たち家族はウェールズ人の友人Rさんが主催するワークショップに参加してきました。
f0217014_186689.jpg

この友人は、我が家で2年間ほど大工さんとして活躍してくれた人でもありまして、私たちの無理難題をいつも喜々として解決してくれた才能溢れる人です。 大工としても腕も確かですが、趣味はエンジニアリング(機械工学)。 特に古い飛行機が大好きで、戦時中(一次だったか二次だったか…?)近所の山に落ちた珍しい飛行機を再現させたい!との思いが叶って、今年の5月にペンブロックシャーで開催される『Eisteddfod』に出品する為に資金を出してもらえることになり、その一環としてこのワークショップを開いたのでした。
(下の写真で斧を振るっているのがRさんです。)
f0217014_18172685.jpg

ちなみに、『Eisteddfod』とはウェールズの文学、音楽、パフォーマンスなどを祝うフェスティバルのことで、一年に一回開催されます。 歌の国ウェールズ、と言われるのもこのフェスティバルに子供の頃から参加することで、人前でパフォーマンスすることを鍛えられるせいかもしれません。

今回のワークショップは、古い飛行機がどのようにして作られていたかという趣旨で行われていました。
電気がまだ普及されていなかった時代、何とこのウェールズの田舎にRさんのような飛行機好きが居たそうで、手作りで飛行機を制作してちゃんと飛ばしたというお話。 写真もちゃんと残っていました。
そうして残った写真なども参考にして、当時使われていた道具を実際使ってみたり、木製のプロペラを削ったり、ダンボール紙でプロペラを作ったり・・・というワークショップでした。
f0217014_18311411.jpg

ウェールズ人が誇る『Eisteddfod』に関わるワークショップとあって、参加者は殆どウェールズ人。
独特の響きを持つウェールズ語が飛び交います。 
田舎っぽく、ひょうきんで心優しい地元ウェールズの人たちに囲まれて過ごした一日でした・・・。
f0217014_1849193.jpg


おまけのストーリー・・・
実はこの日お天気に恵まれて気持ちは良かったのですが、石造りの納屋はヒンヤリと寒く、一日をそこで過ごした私と上の息子はこの夜何とインフルエンザにかかってしまい、3日間辛い思いをしたのでした・・・。

私がインフルエンザを患うのは12年ぶり! 
そうそう、こんなに辛いもんだったわ・・・と12年前のことを思い出しつつベッドで過ごしましたが、ようやく復活できそうです。

皆さんもどうぞ、このお天気の変わりやすい季節、風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいませ!
[PR]
by enjoy-wales | 2013-02-17 22:19 | イギリス/ウェールズ | Comments(12)

春の気配

ずっと寒い日の続くウェールズです。

1月の半ばに降った大雪の後暖かくなったので、このまま春が来てしまうのかとお天気の急変にびっくりしていたらまた最近寒い日が続いていて、やっぱり2月だしなぁと思っていましたが、そんなウェールズにもそこここに春の気配が少しずつ感じられるようになってきました。

家の裏にある大きなネコヤナギの木には可愛い花穂がつきだし・・・、
f0217014_2172398.jpg

一昨年植えたスノードロップもいつの間にかひょっこり可憐な姿を現してくれてにんまり。
f0217014_21115896.jpg


まだまだ寒いけれど、こうやって暗い冬から抜け出す感じはなかなかいいものです。

もうそろそろ家庭菜園のことも考え出さないと・・・と思い出した今日この頃でした。
皆さん、風邪には気をつけて、元気に春をお迎えくださいね。
[PR]
by enjoy-wales | 2013-02-07 21:16 | イギリス/ウェールズ | Comments(14)

先週の大雪 Part 2

先週の大雪は子供たちにとっては恵みの雪と言いましょうか、結局1週間の内学校に行くことができたのはたったの1日で、しかもその1日も昼前に降りだした雪の影響で学校から急遽電話があり、ランチの後すぐに家に帰ってきたのでした。 ( ↓ 制服のままでガーデンテーブル上で雪遊びをする次男坊・・・。)
f0217014_1841527.jpg

友人の娘さんが乗っていたスクールバスが雪で滑って転倒する、なんてハプニングもありBBCのニュースで流れたり・・・、この降って降って降り続けた雪はいつ止むんだろうと心配していましたが・・・、次の朝。
こ~んなに綺麗に晴れてくれました。
f0217014_1814195.jpg

あまりに美しい銀世界・・・。 
f0217014_18151899.jpg

ほら、雪の深さが分かるかな?
f0217014_18173078.jpg

家の前の池の周りにもこんもりと積もっています。
f0217014_18201054.jpg

雪遊びを楽しむ子供たち、いつ学校に行けることやら・・・?
                    
[PR]
by enjoy-wales | 2013-01-29 18:24 | イギリス/ウェールズ | Comments(13)

長旅の後、待っていたイギリスの大雪…

(前回のつづきです)

~私達を待っていたのは、村から我が家への山道に置かれた「この先道路閉鎖」のサインなのでした。

「えぇっ!!!」と、それまで車の中でぐっすりと眠り込んでいた私もこれでパッチリ目が覚めてしまいました。

時を同じく、留守中に我が家の動物たちの面倒を見てくれていた友人ファミリーからの電話で、「一日中降っていた雪の為、下の村からの道は腰の辺りまで雪が積もっていて、車では絶対帰って来れないけどどうする?」との問いでした。

「どうする?」と言われても皆疲れているし、雪はまだ降っているし、夜も遅くなってきたし、とりあえず家に帰って休みたいという気持ちが強く、危ないけれどここは何とか山の上の道から帰ってみよう!と夫君と二人で決めて、おそるおそる山道に入っていったのはいいけれど、道はやっぱり雪と氷でつるんつるん。

平らなまっすぐの道を走っていても滑っているので、カーブの後ず~っと下に降りていく道をどう走っていくのやら・・・、との不安が的中して、家から1キロ弱ほど離れた山の中腹で車を滑らして道路脇の溝にはまってしまったのでした。笑 (笑い事ではないのだけど!)

「ガ~ン・・・・・・・・・。」 

夫君と二人して、余りのショックに何も言えない時間をしばらく過ごした後、「よしっ、これはもう歩いて帰るしかない!」時を取り直して、不幸中の幸いか、日本に持って行っていたスキーウェアに着替え、ぐっすり眠っている子供たちを起こして有無を言わさずスキーウェアに着替えさせ、手袋が見つからないので8個もあったスーツケースを全部雪の中で開けつつ(涙)、手に持てるものは持って何とか帰宅したのでした。

この時ほど家はいいなぁと思ったことはなかったかも!
f0217014_20542753.jpg


長旅の後だった上にこの大雪で、この1週間は体が付いていけなかったのかぐったりと疲れていましたが、ようやく元気が出てきてホッとしているところです。

皆さんは良いお正月を迎えられましたか?

遅くなってしまいましたが、どうぞ今年もよろしくお願い致します。

f0217014_20581185.jpg

(夫君のスタジオも雪に埋もれていました・・・。)
[PR]
by enjoy-wales | 2013-01-26 20:59 | イギリス/ウェールズ | Comments(15)