イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イギリス/ウェールズ( 58 )

いざ、ロンドンへ!

1月の最初の週末、娘のジャパニーズ・パスポートを当日発行してもらうのと、土曜日にあった日本人会の新年会に参加する為、娘と一緒に遥々ロンドンまで行ってきました。

私たち家族の住む西ウェールズからロンドンへは、車・電車で5時間ほど。
娘と初めての二人旅行は、コーチ(大型バス)で行ってきました。
f0217014_21112756.jpg

電車はチケット代がエラク高い!上、故障があったり遅れたりする可能性はあるは、日本の新幹線のように早く到着地に着いてくれないし割に合わないので、最近ロンドンに行く時は格安なコーチ(大型バス)を利用しています。それに乗ってしまえば、荷物がなくなる心配もなしだしね。

ロンドン領事館近くにあるグリーンパーク。
大きな木が伸び伸びと美しい公園が、あちこちにあるロンドンはステキな街だなぁといつも思います。
f0217014_21123260.jpg

領事館に申請書を出した後、残念ながら見逃してしまった、国際的に有名な中国人アーティスト、アイ・ウェイウェイのソロ展覧会が開催されていたロイヤルアカデミーへ。
f0217014_21205592.jpg

今やっている展覧会はあまり興味が湧かず結局観に行かなかったけれど、アイ・ウェイウェイの作品がまだ入り口の広場に展示されていて大喜び!
f0217014_2121820.jpg

あ~やっぱり観たかった~、とため息を付きつつ、鑑賞。
f0217014_21212140.jpg

同じ道沿いにこんな展示をしている小さなギャラリーを見て、「これはスケボー好きの息子に見せないと。やっぱりロンドンに来たって感じがするね~♪」と、娘と二人はしゃいだ一日でした。
f0217014_2123944.jpg

その後、娘に付き合わされてショッピングをした後、無事にパスポートを受け取ることが出来ました。

つづく。
[PR]
by enjoy-wales | 2016-01-18 22:15 | イギリス/ウェールズ | Comments(0)

秋深まる・・・

ここのところまた晴天続きで、気持ちの良い西ウェールズからこんにちは。

でもまぁ寒くなってきたこと!
今朝の気温は7℃で、もうすぐ霜が降りそうだねぇと話しています。

晴れ続きなので、夕空もイギリスの冬特有のヘビーな灰色でないキレイな秋色。
f0217014_20264470.jpg

こんな夕空の広がる時間は世界が不思議な色に染まって、自然のワンダーパワーに感嘆するばかり。

ドングリから育てた樫の木がこんなに大きく育ちました。
ウェールズに引っ越してきた時に植えたもので、この冬植え付ける予定です。
f0217014_20334265.jpg

毎年巡り巡って来る季節が、毎年少しづつ違うことを知ったのは田舎に引っ越してきてから。

例えば、今年はCow parsley と言う植物が沢山出てきて、Ashの葉っぱの散るのが例年より早い。
そんな風に土や植物や昆虫たちが、季節ごとに自然のバランスをとっているんだろうなぁと感心するばかりです・・・、なんてことをしみじみ思うのも、秋だからかなぁ。
f0217014_20481525.jpg

一人静かに哀愁を楽しんでいたら、「この冬はこのモミジの木も植え付けるで~」と、夫君がモミジを持って行ってしまいました。
f0217014_20501784.jpg

「私のバースデープレゼントだよ、その子~! (汗)」
[PR]
by enjoy-wales | 2015-10-13 20:53 | イギリス/ウェールズ | Comments(1)

BARA MENYN カーディガンのベストカフェ&ブレッド♪

この週末、今年の春オープンした「Bara Menyn (バラ メニン)」-ウェールズ語でパンとバターという意味- の、ファミリー&スタッフパーティーに招待されて行ってきました。(注:下の2枚の写真はウェブサイトからお借りしました)
f0217014_132372.jpg

地元の街カーディガンに出来たこのカフェベーカリー。
若いカップル、ジャックさんとセーラさんが、お隣にあるCustom House (カスタムハウス)のオーナーと家族やお友達の力を借りてオープンしたもので、この辺りでは珍しい自然酵母のパンを作ってられます。
f0217014_19353.jpg

ジャックさんの作られるこの自然酵母のパンは本当に芸術品のように美しくって美味しくって、友達にいい感じのカフェがオープンしたみたいよ、と教えられて行ってみてから大好きになってすぐに常連になりました。

特にうちの夫君がジャックさんのパンに恋してしまって、毎週何度もせっせと通う内に仲良くなって、我が家のアヒルの卵をカフェで使って頂いたりしていたのですが、何と先週末にファミリー&スタッフパーティーに呼んでいただいて、「本当にいいの~!?」と大喜びで行ってきた次第です。ありがと~♪

写真を撮り忘れてしまいましたが、ワイングラス片手に美味しいおつまみをほおばりながら、まずはセーラさんのお父さんピーターさんとインド人のシンガーRajさん、アフリカンドラムの先生レイチェルさんのトリオが奏でる素晴らしいミュージックを楽しんだ後、休憩の後に登場されたのが下の写真の「*ANIИA」のお二人。(→*こちらから!)
f0217014_1124182.jpg

ロンドン在住で、ゴールドスミス大学の音楽科で知り合われたというステキなカップル!
男性の方はジャックさんの幼なじみだそうで、このパーティーの為にロンドンから駆けつけて来られたそうです。素晴らしい友情に感動!

今まで会ったジャックラッセル犬の中ではピカ一可愛かったこの子も、静かにミュージックを楽しんでましたよ。
f0217014_1233626.jpg

お二人ともジャズがお好きだそうで、若いのに珍しいねぇ~っとジャズの話で盛り上がりました。

こんな風に音楽やお喋りを楽しむ夜はなかなかありませんが、いいものですね。

これからの、Bara Menyn の益々の活躍を祈って、カンパイ!
[PR]
by enjoy-wales | 2015-09-14 01:26 | イギリス/ウェールズ | Comments(6)

No more Hiroshima, No more Nagasaki 2015

広島と長崎にアメリカ軍によって原爆が落とされ、沢山の犠牲者を出した世界第二次大戦が終わってから今年で70年が経ちました。

今年も地元ハバフォードウェストで、広島と長崎の原爆犠牲者を偲び、核のない世界を目指す為の「灯籠流し」をすると聞いて、綺麗に晴れてくれた8月6日にその小さなイベントに参加してきました。
f0217014_21251334.jpg

今年は他の団体や仏教徒さんたちも参加されたそうで、友人のFさんとご主人のRさんがフリーの食事を用意してくださっていたのが足りないくらい人が集まって、お二人とも嬉しい悲鳴を上げてられました。

ライブミュージック、スピーチの後、川沿いを歩いて灯籠流しをする場所に向かいます。
f0217014_21275458.jpg

こんな田舎町に、こうして毎年灯籠流しをしてくださる人々がいるということに感動。
f0217014_2133477.jpg

子供たちの為に、核や戦争のない平和な世界を残したい、と願わずにはいられません。
f0217014_2134348.jpg

夕暮れの川を流れる灯籠の美しいこと。
f0217014_21361266.jpg

広島と長崎で被爆された方々、戦争の犠牲者となった人々のご冥福を心から祈りつつ。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-08-09 23:14 | イギリス/ウェールズ | Comments(10)

Friend Wood さん、遊びに来る。

ま~だまだ暑くなってくれない西ウェールズから、こんにちは。
今年の夏は遅いね~、と言いながら空を眺めている毎日です。

日本はまだ梅雨が続いているのかな?皆さん元気にお過ごしですか。
こちらはまるで日本の梅雨が来たみたい・・・。

7月の初めに日本から両親と弟がやって来る予定なので、ここ数週間両親が寝泊まりする予定の納屋(!)のペンキ塗りやら掃除で大忙しの日々を送っています。

そんな中、友達のFさんが遊びに来てくれました。
f0217014_20384912.jpg

Fさんは実は私のブログに以前登場したことがありまして(こちらから→)、本業はカーペンター(大工さん)。でも自分で車を作ってしまうエンジニアでもありまして、自然を愛するエコロジストでもあります。その情熱から、マホガニー材で木の車を作ってしまったスゴイ人。(下の写真はネットからお借りしました)
f0217014_2052538.jpg

そして、この不思議な乗り物ももちろん自分で手作りされました。
f0217014_2054470.jpg

Recumbent Bike(リカンベントバイク)とかReclining bicycle(リクライニングバイク)と呼ばれる自転車で、長時間乗っても背中や足に負担をかけないということで、根強いファンの多い自転車ですが、毎日のように自転車に乗るFさんはそれに写真のようなボディを手作り。

道路でも目立つ・安全・少々の雨でもオーケーだそうで、まさに道路で見かけると無視は出来ませんね。笑
f0217014_2122556.jpg

ガラガラ~っと道路を走っている姿は、まるでオモチャの車が走っているようで嬉しくなります♪
f0217014_2151433.jpg

春から頑張って改築中の、夫君と私念願のギャラリースペースに、Fさんの作ったテーブルを置いてもらう予定です。これは次回のブログでアップしますので、お楽しみに~!
[PR]
by enjoy-wales | 2015-06-26 21:07 | イギリス/ウェールズ | Comments(6)

子羊たちが産まれ出しましたよ!

ピューピューと冷たい風の吹く、肌寒い西ウェールズからこんにちは。

セーターやジャケットを着込む日が続きますが、日差しは春を感じさせる暖かさです。

今週末29日にはまたサマータイムがやって来て、時間が1時間ずれることになります。このサマータイムはヨーロッパに住んでいると毎年やって来るものですが、長年イギリスに住んでいても全然慣れない私・・・。今年はどうでしょうか。

さてさて、西ウェールズでは子羊たちが次々と産まれ出して、そこらじゅうでメ~メ~と可愛らしい声が聞こえるようになってきました。産まれたての小さな子羊のまぁ愛らしいこと♪

我が家の娘と次男坊はこの子羊が大好きで、この時期は学校から帰って来るとせっせと隣の酪農家さんの納屋を見に行きます。
f0217014_20491947.jpg

この日も産まれたての子羊が納屋にいたようです。(写真は娘が撮って来ました)
f0217014_20502765.jpg

母羊ももちろん一緒です。
f0217014_20462054.jpg

まだ毛が濡れた感じで、産まれたてほやほやの子羊。本当に可愛いですね。
f0217014_2050542.jpg

帰り道でこんなに沢山スノードロップが咲いているのを見たようで、こんな写真も撮って来てくれました。
f0217014_2052792.jpg

まだまだ寒い日の続くに西ウェールズにも春の訪れはそこここに見られます。
桜が咲き出すのはもうすぐ先かな。

気温の上がり下がりが激しいこの季節、皆さんお体には気を付けて元気に美しい春をお楽しみくださいね。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-03-27 20:57 | イギリス/ウェールズ | Comments(9)

物置のピアノ -3月13日(金)にロンドン、UCLにて上映予定

知り合いの方から、
「福島県人会より映画『物置のピアノ』の上映会のお知らせがありました。」
と連絡がありましたので、ロンドン&ロンドン近郊にお住まいの方々、よろしかったら3月13日の夜に観に行かれませんか?
f0217014_19381293.png

この映画はオーストラリアのパースで11月に上映会が行われ大好評とのことで、震災に見舞われた高校3年生の女の子の物語だとのことです。

映画の簡単な説明はこちらです:
http://ja.wikipedia.org/wiki/物置のピアノ

☆☆☆ 以下、お知らせ ☆☆☆

今回はUniversity College London(UCL)の大沼先生のご支援があり、3月13日(金)、UCL にて
映画「物置のピアノ」を上映することになりました。

プロデューサーの橘内さんにも遥々福島県からお出で頂きます。

UCLの大講堂(350名収容可能)をお借りしており、日本人ばかりでなく沢山の方々に見て欲しいと思います。英語の字幕あり、下記は現在の予定です。

17:00-17:45 味の素様より日本食提供(@Wilkins South Cloisters(UCL))
17:45-18:00 移動→@Cruciform B304 LT1(UCL)
18:00-18:15 映画プロデューサー様ご挨拶等
18:15-20:10 上映(115分)
20:10-20:30 感想発表等
20:30-21:00 退出・撤収

当日は味の素さんが軽食(餃子、枝豆、からあげ、焼きそば等々)を無料提供して下さるそうです。

13日の夕方是非空けておいて下さいますでしょうか。
友人、隣人、会社の同僚の皆様にもお話しいただけると幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-02-26 00:21 | イギリス/ウェールズ | Comments(0)

Steph - 西ウェールズの素敵な住人 その2

その1からのつづきです。

Stephのティーカップ&ソーサーのコレクションはまだここにも!笑
(どうしても写真を縦向けに載せられなくって、ごめんなさい。)
f0217014_2301190.jpg

その1を更新した際「魔女のお家みたい」というコメントがありましたが、まさにその通り、といった感じのお家です。「ハリーポッターの友人ロンの実家みたい」というコメントにも納得。
f0217014_2341091.jpg

元旦那さんがアーティストでお金がなかったという理由もあって、家の中には色んな物がアイデアを駆使したお金をかけないもので溢れています。
f0217014_2293460.jpg

シャビーシック・ヒッピーシックの極みのようなインテリアは、楽しくって居心地がいい。
f0217014_2295186.jpg

ヒッピー時代に流行ってまた最近耳にする「マクロビオティックのダイエット「に、17歳の時に出会ってからずっと実行しているヘルシーオタクのSteph。
この日は、具沢山のオーガニック味噌スープとおそばをご馳走してくれました。
(これも写真が反対になってしまって、ごめんなさい)
f0217014_2284647.jpg

心も体もホクホク温まったひと時を、どうもありがとう。

春の訪れが聞こえてくるような今日このごろ。
まだまだ寒い日が続きますので、皆さん暖かくして元気に春をお迎えください。

★只今オフィスのWi-Fiが壊れているので私のPCが使えず、息子のラップトップを使ってブログを更新しています。その為か、写真がちゃんと載せられず見難くなってしまってごめんなさいね。3月の初めまで直してもらえないそうでもうしばらく不便が続きますが、どうぞ気長にお付き合いくださいませ・・・。

★★その後、オフィスのWi-Fiが繋がったので写真を編集し直しましたが、PCでブログを見ると写真がちゃんと見れるのに、タブレットやスマートフォンで見るとまたあちこち変な方向に向いているので、これはもう私の手には負えないなぁとため息をついています。
理由がお分かりの方、是非処理の仕方を教えていただけるとありがたいです。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-02-12 19:33 | イギリス/ウェールズ | Comments(2)

Steph - 西ウェールズの素敵な住人 その1

先週はようやく地面がカチンコチンに凍ってくれた、寒い西ウェールズからこんにちは。

ロンドンのど真ん中から西ウェールズの田舎に引っ越してきて、今年で13年になりました。
13年住んでいると、色んな人との出会いや別れがあります。

気が合う人と友だちになるのは自然なことですが、気が合っても親しくなる機会が無かったり性格が違うのにずっと付き合っている人がいたり、人付き合いというのは面白いものだなぁと思います。

そんな中、毎週水曜日に通っているアフリカンダンスのクラスを通して知り合った仲間は私にとって特別なレディーたちで、年齢も国籍も性格もバラバラですが、もうかれこれ11年(!)の付き合いになる大切な友人たちです。
-11年とは言え、次男坊を妊娠してから6年ほどストップしていたのを去年からまた通いだしました。

このダンスクラスのリーダー的存在なのが、Steph。
南アフリカ出身の元ヒッピーで、5人の子供を育て上げた、いつもカラフルでオリジナリティーに溢れた楽しい格好をしているのでどこにいても目立つこと!笑

そのStephの家に先日、久しぶりに遊びに行きましたので、この機会に彼女のマジカルな家を紹介したいと思います。
f0217014_22461638.jpg

元ヒッピーというだけでなく南アフリカ出身、しかも西ウェールズの田舎に住んでいるというのが彼女の面白いところで、もう30年ほど住んでいるコテージもその彼女のキャラクターを見事に反映しているみたい。
f0217014_225687.jpg

子どもたちが皆巣立って一人暮らしをしているので、大好きなティーカップ&ソーサーのコレクションを好きなように飾れるのが嬉しいんだそうで、もうそこここに可愛らしいコレクションが並びます。あ〜、羨ましいこと!
f0217014_22584196.jpg

まだまだあるコレクションの数々・・・
f0217014_225930100.jpg

殆どがチャリティーショップや友人から来たというのが、また彼女らしい。
f0217014_2301025.jpg

元旦那さんがアーティストだったので、彼の作った戸棚やシンクも楽しくって、撮った写真がここで全部紹介できないのでその2に続けようと思います。
お楽しみに!
[PR]
by enjoy-wales | 2015-02-09 00:01 | イギリス/ウェールズ | Comments(14)

Hope from Hiroshima - Positive Learning from the Stories of the Victims

クリスマスに向けて、どんどんと冷え込む西ウェールズからこんにちは!

ロンドンの知り合いの方から、明日の夜、SOAS大学にて、「Hope from Hiroshima -Positive Learning from the Stories of the Victims」と題して、世界平和を望むべく行われるというお話についての情報を頂きましたので、ここにお知らせしておきます。

ロンドン、ロンドン近郊にお住いの方、よかったらご参加くださいね。

Hope from Hiroshima -Positive Learning from the Stories of the Victims
f0217014_2213232.jpg

We would like to invite you to a talk on a group of Hibakusha - victims of the atomic bombs - by Tam Martin Fowles from a community interest company Hope in the Heart, and to a corresponding exhibition of materials relating to the Hiroshima/Nagasaki atomic bombings. Tam will share the stories, collected herself from real people affected by the devastation of the nuclear bomb, and illustrate the remarkable capacity of the human spirit to transcend adversity.

Date: Tuesday 2 December
Time: 6:30pm-8:30pm
Admission: Free, but donations welcome
Place: Room 4426 in SOAS main building
School of Oriental and African Studies, University of London
Thornhaugh Street, Russell Square, London, WC1H 0XG


We hope you will be able to join us!

If you have any questions, please email us at hopeinhiroshima@yahoo.co.jp
Hope in the Heart CIC SOAS CND Society
[PR]
by enjoy-wales | 2014-12-01 22:13 | イギリス/ウェールズ | Comments(0)