イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イギリス/ウェールズ( 60 )

8月6日・ノーモア ヒロシマ デー in Haverfordwest, Pembrokeshire, UK!!!

8月6日は、72年前に広島に原爆が落とされた日。

一昨年は被爆70周年、去年はアメリカ大統領(オバマ大統領)が公式に初めて広島平和公園を訪問した特別な年となりました。
(詳しくは、広島の記念公園でボランティア活動をしている村上さん(24歳)の記事をお読みください!→★こちらからどうぞ

私の住むイギリス・西ウェールズの片田舎の街ハバフォードウェストでは、今年もまた『ノーモアヒロシマ』の小さなイベントが開催されました。
↓ あいにくの雨模様だったこの日・・・、街のハイストリートにバナーが高々と掲げられました。
f0217014_00450239.jpg
このイベントは私の友人フレディさんと旦那さん、そしてロビーさんが20年近く続けてられるイベントで、去年はキャンプに行っていたので参加出来なかったのですが、今年はしっかりお手伝いします!と午後から会場に駆けつけて参加してきました。

午後5時から開場予定のホールでは、お昼過ぎから準備で大忙し。
フードとドリンクは、フレディと旦那さんが担当で、何とフリー(ただ)!
その代わりにテーブルに置いてある募金箱に募金を募るという趣向で、私はそのキッチンのお手伝いです。

会場では原爆に関するインフォメーションやビデオが流され、舞台上で音楽やコーラス、スピーチが行われる中、キッチンではこの夜のメニュー「西アフリカ風カレー・ピーナッツバター入り&クスクス」と「ビーンバーガー」を作るのに大忙し。
(忙しすぎて、会場内の写真を撮る暇がなかった~!)

8時半頃、空がようやく暗くなってきた所で皆ホールの入り口に集まり、手作りランタンを各自手に近くの川辺へと向かいます。
f0217014_00451502.jpg
可愛らしい女の子たちも傘を片手に参加。
f0217014_00454278.jpg
夫君もランタンを川に流すお手伝い。
f0217014_00460157.jpg
革ジャンと刺青が印象的だった若いお兄ちゃん。
若い人たちがこうやって平和を祈る活動に参加してくれることは、本当に嬉しいことです。
f0217014_00452552.jpg
最後に、イベントのオーガナイザー、フレディさん&ロビーさん。
f0217014_00453634.jpg
このイギリス・西ウェールズの片田舎で、72年前に被爆された方々を思い、核兵器のない平和な世界を願って活動されているお二人&サポーター、参加者の皆さんに一日本人として心から感謝するばかりです。

昨今、各地で紛争が止まず、ヨーロッパでは戦争・経済移民の問題が大きくなるばかりで不安は絶えませんが、ほんの少しでも平和の為のお手伝いが出来れば・・・と思います。

戦争で亡くなられてしまった方々のご冥福、そして戦争のない世の中になることを心から祈りつつ。








[PR]
by enjoy-wales | 2017-08-09 03:00 | イギリス/ウェールズ | Comments(4)

夏の西ウェールズ・・・。(これで夏と言えるのやら・・・!?ー愛猫2匹と裏山へ散歩に行く。友人にオックステールを料理してもらう。)

またまた、またまたすっかりご無沙汰してしまいました。

皆さんどんな風に夏をお過ごしでしょうか?
日本の夏は相変わらず暑ーいんだろうなぁ。

西ウェールズの夏は、晴れて暑くなったと思ったら次の日には10度も気温が下がったり、と夏と秋が行ったり来たりしてるような感じです。
f0217014_20064003.jpg
この日は、スペイン人の友人ゴンちゃんがオックステール(牛のシッポ)を料理して遊びに来てくれました。

風が吹いていたけれど夕焼けがキレイだったので、夕食前に裏山へ猫たちを連れて散歩に。
f0217014_20500360.jpg
途中、羊のいる牧草地で猫たちが怖がってノロノロしていたので結局夕日は見れなかったけれど、裏山に登るとこんな夕焼けが広がっていました。
f0217014_20511285.jpg
肝心のオックステールは美味しかった!
4時間もゆっくりと煮てくれたそうで、お肉が軟らかくって思った以上に美味でした。
自分では料理したことがないけれど、一度挑戦してみようと思います。
f0217014_20514231.jpg
夏休みはまだまだこれからだ。

皆さんどうぞお元気に夏をお過ごしくださいね。

Love & Joy

[PR]
by enjoy-wales | 2017-08-03 20:46 | イギリス/ウェールズ | Comments(0)

パーマカルチャー 西ウェールズオープンデーへ。

先週の日曜日、友人のカーラに誘われて西ウェールズの*パーマカルチャーオープンデーに行ってきました。

*パーマカルチャーとは、オーストラリアのビル・モリソンとデビット・ホルムグレンが構築した人間にとっての恒久的持続可能な環境を作り出すためのデザイン体系のことです。 この言葉は、パーマネント(永久な)とアグリカルチャ-(農業)あるいはカルチャー文化)を組み合わせた造語です。

カーラは私たちの地元ペンブロックシャーのパーマカルチャーコーディネート担当者で、最近私たちの地元では下火になっていたパーマカルチャーを盛り上げようと頑張っています。

私たちの地元は田舎で自然が沢山あるので、有機農法で野菜や果物づくりをしている人たちは沢山いますが、そういう人たちを繋げて何か出来ればいいなと考えているそうで、その活動のサポートも兼ねてこのオープンデーに出向いてきました。

今回行ってきたのは、Llantegという場所にある大きなファーム。100エーカー強の森があって、その横にあるファームに住むマイケルさん&ケズさんが、家や庭から出る汚水をキレイにするシステム、森での今後の活動やらを歩いて見せてくれました。浄水システムは、こうやって草原に5つほどの池を掘り、その池の間に浄水するための土や炭、パイポなどを設置して、下の方の池に行くごとに水がキレイになっていくというシステムだそうです。これは初めて見たものでしたが、参考になりそう。柳も沢山植えてありました。

皆でワイワイ言いながらランチを食べた後、果樹園にリンゴの木を植えに・・・。
まずは正方形1メートルくらい、牧草の生えている部分をスペードで切るように掘り出します。
f0217014_19121952.jpg
根っこを傷めないように気を付けながら、リンゴの木を植え付けて(木の向きも大切)土をかぶせたら、木の周りの地面を踏みつけながら木を固定するように固めます。
f0217014_19121924.jpg
これは初めて見ましたが、モグラ対策に小石を5センチくらいの深さになるように、木の周りに敷き詰めます。木の周りにクルリと巻き付けてあるのは、ウサギ対策用のもの。
f0217014_19121972.jpg
段ボールの上に取り置いてあった土を、上下反対にして(草の部分が下になるように)また元の場所に戻します。
f0217014_19122016.jpg
その上にマルチをタップリ乗せて完了です。
f0217014_19121929.jpg
この草をスペードで切り取る作業がまぁ大変で、どちらかというと体の小さいカーラと私は苦労したのでした・・・。汗

我が家でもリンゴの木は何本も植え付けましたが、ちゃんとしたやり方を教えてもらったことがなかったので面白かったです。

この日植え付けたリンゴの木は24本。
どうぞ元気に大きく育ってくれますように。

[PR]
by enjoy-wales | 2017-03-18 02:40 | イギリス/ウェールズ | Comments(0)

西ウェールズの春。野生の桜、カエルの卵、ネコと散歩。

今朝の気温は2.5度。

子供たちを車で学校に送り出す時まだ白い息が出るくらいですが、朝の日差しは春の明るさで、朝起き出すのも随分楽になりました。

先週はその前の週末にロンドンへ行ってきたので疲れ気味でしたが、ビルダーサイモンさんが(やっと!)来てくれて、「元水車小屋を改築しよう計画!」の方もまた進み出し大喜び。夫君もスタジオで作陶に取り掛かり出して、春に向けてまた色々と動き出した感じです。

10年前に家の前に植えた、謎の木。

家に遊びに来る人が「わ~、キレイに咲いてるね~!」と声を上げてくれるほど美しく咲いています。
f0217014_21203236.jpg
仲の良い友人が経営している「Ty Rhos Tree」で買ったのは覚えているんだけど、プラムの木にしては実を付けないし、桜にしては早咲きだし、梅や桃にしては花の色や形が違うし・・・と皆で何だろうかと言い合っています。(これは!と思われる方は、是非教えてくださいね


天気の良い日、次男坊の友達が遊びに来たので、どれくらいカエルの卵が産まれているか牧草地の中に作った池を見に行きました。
f0217014_21204940.jpg
前に来た時もバタバタと野生のカモが飛び立って行ったのを見たのだけど、そのカモが食べてしまったのかカエルの卵が減っていてショック! でもよく見ると、小さなオタマジャクシがうようよと産まれていて、新しい卵がまた産みつけられていました。
f0217014_21204651.jpg
我が家の老犬、もう15歳になったレニーもヨレヨレと付いて来てしまったので、子供たちがワーッと走って家に帰るのを横目に私はレニーとゆっくりゆっくり帰路に着きました。笑 

牧草地を挟んで両側に沢山の木を植え付けた場所があって、そこを散歩するのが(ほぼ)日課です。
老犬レニーはたまにしか来ないけど、猫たちはいつもピョンピョンとウサギのように飛び跳ねながら付いてきます。
f0217014_21203907.jpg
次回は「元水車小屋を改築しよう計画!」のアップデートが出来ますように。

Love & Joy












[PR]
by enjoy-wales | 2017-03-06 23:12 | イギリス/ウェールズ | Comments(2)

もう本当に遅ればせながら、2017年もどうぞヨロシクお願い致します。ー その2

先日3か月ぶりにブログを更新して、その時にまた明日その2でと書いておきつつ5日経ってしまった!

今週は地面がカチンコチンになるほど気温が下がって寒かったけれど、その分冬の青空が広がる晴天続きだったので、ずっとやっていなかった庭の掃除と木の植え替えなどに夫君と励んでいたのでした。


1月が去ってしまわない内に、元旦にあったスゴイことを書いてしまわないと。

日本でも寒中水泳をする行事があるそうですが(私はやったことない!)、西ウェールズでもクリスマスからお正月にかけてあちこちで開催されていまして、南ペンブロックシャーにある夏の観光地、テンビ―という街でボクシングデー(12月26日)に行われる寒中水泳はイギリスでも結構有名です。

私たちがよく行く北ペンブロックシャーの近くにあるポピットサンドビーチでも元旦に寒中水泳が行われると聞いて、うちの娘と友達が挑戦してきました。

大晦日から元旦にかけて、我が家でパーティーをしていたうちの娘とその友達。(午前4時頃まで起きていた!)
他の友達を家に送り届けた後、午後2時に開催される寒中水泳の為にビーチへ直行!

どれくらいの人が来てるのかなぁと思って行ってみると、結構な人が集まっていました。
f0217014_22132112.jpg
この日、雨は降ってなかったけど冷たい冬風が吹いていて、寒いこと寒いこと!
「キャ~、寒い~!」と言いつつ、さっさとこの寒い中水着になったこの二人と他の人たちには脱帽です・・・。
f0217014_22134693.jpg
100人以上の地元民たちが、一斉に冬の海へ!!!
f0217014_21043670.jpg
膝まで入って出てくる人もあれば、頭から海に飛び込む人もあればで大騒ぎでした。笑

ビックリしたのは、ウェットスーツを着ている人が少なかったこと。
大多数の挑戦者さんたちは皆ビキニやボクサーショーツだけで入って行って、イギリス・ウェールズ人の強さを見たような・・・。
本当に皆さんスゴイです。

「寒い~~~っ!」と叫びつつも結構余裕な顔の二人♪
f0217014_22191404.jpg
来年の元旦も絶対やる!とすでに約束していました。
我が娘ながら、こうやって知らない内にドンドン大きくなっちゃうんだなぁ、としみじみ。

ポットに入れて来た熱いココアをキャンパーの中で飲んで、一息ついた後帰宅。
おせち料理は今年も作らなかったけど、自家製お餅を焼いて気分だけでも元旦を楽しんだのでした。
f0217014_21080083.jpg
3週間遅れのご挨拶となりましたが、2017年も気長に気楽にお付き合いくださいませ。

皆さんにとって、充実した素晴らしい平和な1年となりますよう祈りつつ。

Love & Joy


[PR]
by enjoy-wales | 2017-01-22 22:25 | イギリス/ウェールズ | Comments(0)

オンボロのトラクターを、近所のBen君が取りに来た日。

先日、晩ごはんを作っていると、近所のBen(ベン)君とその友達がやって来ました。

夫君と次男坊がイソイソと外に出ていって帰って来ないので、何をやっているんだろうと見に行くとガーガー音がしています・・・?
f0217014_01125855.jpg
このヤードにず~~~っと置きっぱなしになっていた、オンボロのトラクターを動かしている様子。
もう鉄くず屋さんに持って行ってもらおうか、と言いつつそのままになっていたものです。
f0217014_01124412.jpg
夫君に聞いてみると、メカニックに強いベン君がこのトラクターを見た時に直したいって言ったのを、じゃぁ自分で取りに来るなら持って行っていいよって話したら本当に取りに来たとのこと。メカニックに強いとは言え、このトラクター、見事にボロボロなんですよ、ホントに。
f0217014_01130959.jpg
こんなところに可愛いらしいプラントまで育っているくらい。
f0217014_01131325.jpg
とっても嬉しそうなベン君!と羨ましそうに見つめる次男坊。笑
f0217014_01130402.jpg
そして、無事にこのトラクターはベン君の所にもらわれていきました・・・。
f0217014_01132712.jpg
私たちの地元では、『バーリーサタデー』と呼ばれるイベントが、毎年4月の最後の土曜日に催されるのですが、ここにこのトラクターが登場する日は遠くないかも!?
ガンバレ、ベン君&その友達!!!

バーリーサタデーでお目にかかれますように♪

Love & Joy




[PR]
by enjoy-wales | 2016-10-08 22:29 | イギリス/ウェールズ | Comments(0)

Skomer Island にパフィンを見に行く! その2

先週書いた『Skomer Island にパフィンを見に行く!その1』では、6月に入って初夏らしくなったと書いていましたが、今週は曇り空&雨で気温も下がって、またイギリスらしい天気に戻ってしまいました・・・。

気を取り直して、忘れてしまわない内にSkomer Island (スコマー島)へこのハーフタームに行った時のこと、つづきです。

この島には建物が2件だけあって、ひとつはスタッフ用、もうひとつはこの島の真ん中辺りにある元ファーム(農家)で、ここはインフォメーションセンター&宿泊施設となっています。
島へ到着してボランティアのスタッフさんから説明を受けた後、とりあえず元ファーム(農家)にピクニックをしに行きました。
f0217014_1749681.jpg

お腹がいっぱい、眠気も冷めたところで島を散策。

野鳥の観察ももちろん楽しいけれど、この時期はブルーベルが沢山咲いていてこれもまた見どころ!
f0217014_1823816.jpg

島は3~4時間でぐるりと歩けるくらいの大きさで、場所によって生息している植物が違うのでブルーベルの他に、この可愛らしい白い花やピンクの花がキレイなタペストリーのように咲いているのが楽しめます。
f0217014_1812081.jpg

スコマーヘッドに到着。
f0217014_17484211.jpg

友達と一緒に遊びたかったのに、朝早くから起こされて機嫌の悪い我が家の長男坊!笑
f0217014_1811269.jpg

ティーンの扱いはホントに難しいものです。ため息

でも下の二人はご機嫌さんで、次は友達と一緒に来たいね~♪と話していました。
f0217014_18132451.jpg

もう少しだけつづきます。
[PR]
by enjoy-wales | 2016-06-21 18:14 | イギリス/ウェールズ | Comments(2)

Skomer Island にパフィンを見に行く! その1

イギリスの6月。

とても気持ちの良い季節になりました。

色んな花があちこちで咲き出して、まぁキレイなこと!・・・と、のん気なことは言ってられないくらい草や雑草、トゲトゲのブラックベリーもどんどん一緒に出てきて、草刈りや雑草抜きに追われている内に、気が付くとブログの更新を2週間近くしていないことに・・・。汗

(それと、この水曜日にMilford HavenにあるTorch Theatreで催される、『Erik Satie 150th Anniversary Concert, Noriko Ogawa (Piano) Mami Usami-Williams (Dancing)』でダンスをされるマミさんのコスチュームを作る・直すお手伝いしている最中です!)

そんな訳で、もっと早く更新したかったのだけど、ハーフタームの終わりに家族で行ってきた、西ウェールズの南東にある小さな島『Skomer Island』のことをアップします。

このペンブロックシャーの観光地の一つとして有名な島は、The Wildlife Trust of South and West Walesが管理していまして、沢山の渡り鳥を観察することが出来ます。ペンブロックシャーのマスコットキャラクターでもあるPuffins(パフィン)と、世界の三分の一の数が生息するというManx Shearwaters(マンクスシェアウォーター)と呼ばれる野鳥で有名で、3~7月のヒナの発育期かけては訪れる観光客が増えて特に忙しくなります。

前回この島を訪れたのは7月の半ばで、見たかったパフィンがもう島を出てしまって残っているのがちょこっと遠くにしか見えなかったので、今年こそ絶対見るぞ!と気合を入れて朝早く出掛けて行きました。

まずは Martin's Haven と言う所まで行って、島への上陸チケットをゲット。
こんなところからボートに乗ります。
f0217014_654217.jpg

ボートに乗っているのは15分ほど。あっという間に島が見えてきました。
f0217014_702831.jpg

島に着いて、階段を上がったところで島を訪れる際の注意事項や、見どころの説明をしてもらいます。
f0217014_705029.jpg

えっ!というくらいあっけなくパフィンが登場!!!
f0217014_724214.jpg

え~っ、え~っ!と嬉しい悲鳴を上げてしまうくらい、沢山のパフィンがあちこちに!
しかも目の前で見れるのに大感動・・・。涙
f0217014_74208.jpg

あ~、やっぱり来てよかった・・・。

つづきます。
[PR]
by enjoy-wales | 2016-06-13 06:10 | イギリス/ウェールズ | Comments(4)

Barley Saturday in Cardigan - カーディガンのバーリーサタデー

どんどん暖かくなって来て、青空が嬉しい西ウェールズから、こんにちは。

地元の街「カーディガン」では、毎年4月の最後の土曜日に 『Barley Saturday』 と呼ばれるイベントが行われます。

午前中マーケット広場で各馬たちの審査が行われて、そこで選ばれた馬たちが午後、街中をオーナーさんに引かれてパレード。その後は、ビンテージのトラクターや車がパレードします。

パレードと言っても、カーディガンには一方通行のハイストリートが一本街中を通っているだけなので、そこをちょこっと通るだけなんだけど、地元民にとっては毎年結構楽しみにしているイベントで、今年は晴天にも恵まれて沢山の人が集まり嬉しい一日となりました。
f0217014_1959175.jpg

照れ臭そうにしているところがまた喜ばしい。
f0217014_2001813.jpg

今年はパレードの最初の方、橋の近くにあるカーディガン城(跡)の壁の近くで見学。
子供たちはもちろん壁によじ登って!
f0217014_2015898.jpg

ステキな色んな種類の馬たちがパレードした後、ブンブン音を立てながら古いトラクターがやって来ます。
f0217014_203649.jpg

地元の農家のおじさんや、ビンテージ好きな人がこの日の為にトラクターをピカピカに磨いて登場!
f0217014_2045637.jpg

f0217014_205465.jpg

この坂を上り切れないトラクターも登場したりと、のどかなハプニングも楽しみつつ、のんびりイベントが終わるのでした。
f0217014_206493.jpg

来年も晴れてくれますように~♪
[PR]
by enjoy-wales | 2016-05-12 19:44 | イギリス/ウェールズ | Comments(2)

『祈り』のパワーを知る

あの東日本大震災が起こってから、今年で5年が経ちました。

東北、福島で着々と復興が進んでいるとは言え、まだ沢山の人たちが仮住宅に住まざるを得ない状況だと聞いています。 特に福島での原発事故は人災事故でもあるので、地震国である日本から原子力発電所がなくなることを心から祈るばかりです。

さて、ロンドンでは明日3月11日(金) に、チャリティーイベントが催される予定だそうです。
詳細はこちらから!
f0217014_6442195.jpg

ロンドンや近郊にお住いの方々、よかったら応援に行ってあげてくださいね。

このイベントのみならず、世界各地でチャリティー活動をしてられる方々にエールを!

もう一つ。

3月12日(土) の午前11時から、イギリスの有名なラジオ局 BBC Radio 4 で「Ghosts of Tsunami」と題した30分ほどのプログラムが放送される予定です。

亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げています。
[PR]
by enjoy-wales | 2016-03-10 00:00 | イギリス/ウェールズ | Comments(8)