イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

陶芸家 Mickiさんの Summer Sale へ

南ウェールズのSwanseaに、Gower半島 と呼ばれる美しい場所があります。

そこでずっと作陶をされているお友達陶芸家・Mickiさんのサマーセールに行ってきました。
忙しい道路を抜けて、Gower半島の細い田舎道をニョロニョロと走って行くと辿り着く素敵なBridge Pottery・・・。いつ行っても良い刺激をいただいて帰って来ます。

お馴染のソルトグレーズ(塩釉)という伝統的な手法を使った作品の数々。
細かい所に女性作家の優しさを感じます。
f0217014_20520591.jpg
良い刺激と言えば、この手作りの洗面所♪
うちもこんな風に手作りの洗面所を作ってみたいなぁ。
f0217014_20515889.jpg
この日は8月の終わりにあるバンクホリデー(祭日)マンデーというのもあって、スタジオを訪れる人が出たり入ったり結構忙しそう。

この夏は学生さんが三人もお手伝いを兼ねて滞在されていて、その一人Bert君がデモンストレーションをしてくれました。
f0217014_20521119.jpg
Mickiさんとは彼女の古いコート(→☆)をお直しした仲で、「気持ちをアップしたい時着させてもらってるわよ。着るといつも周りの皆に喜ばれるの。」と聞いてとてもとても嬉しくなりました。

夏休みの忙しさで自分のことに全然手が回りませんが、ずっとやりたいと思っていた「モンペ&花布巾」作りを必ず実行するぞ!、と心に誓ったのでした。

これも良い刺激。ありがたいことです。

帰りにNational Trust所有の「Cwm Ivy」で散歩。
散歩道にグーンと伸びている松の木に付いていた大きな松ぼっくりをお土産に。
f0217014_20521611.jpg
今回はビーチに出る時間がなかったので、次回はもっと余裕をもって遊びに来よう。

Love & Joy









[PR]
by enjoy-wales | 2017-09-03 21:33 | アート&クラフト | Comments(4)
Commented by arare719 at 2017-09-04 19:09
こんばんわ!素敵な陶芸家さんですね。
ソルトグレーズという手法の名前も素敵。
日本にも多くの作家さんがいらっしゃいますが、なんというか…土のせいかな、面白いけど、荒い。
女性らしいまろやかな作風はあまりなく、拝見していて、とっても和みますね。
↓の 西ウェルズの海の夕焼け、いつ見ても素敵。写真をシルクスクリーンで大きく引き伸ばして、部屋に飾りたいです、笑。
ところで森の道を歩くノッポとチビの二人組みは誰?
Commented by iomlove at 2017-09-06 23:14
こんにちは。
Swanseaというのはスージークーパーの作品で覚えた名前。いい響きだな。

ソルトの技法とは塩を使ってるの?
コートのお直し&素敵なコートに仕上げたのは覚えているの。彼女からの言葉が心に暖かく響きわたるな。彼女の気持ちもわかる。
嬉しいね。そう言われて!感激だな。

海 空 大地 岩 木々 全てが美しいウェールズ。
大自然の中で過ごしているんだね。
今でも娘ちゃんのlovelyな笑顔が浮かぶ。

今日はfull moon。そちらではどんなお月様が見えるのかな。

この記事はとても読みたかったんだ!
ありがとうアップを。
Commented by enjoy-wales at 2017-09-07 19:30
Yukoさん、こんにちは♪
ソルトグレーズという釉薬は、窯焚きをしている時に窯の中に塩を吹き付けるという伝統的な手法で、このブルーとオレンジ色にプツプツとした模様の付いているのが典型的なんですよ。
森の道を歩いているのは、うちの夫君と次男坊です!^^
Commented by enjoy-wales at 2017-09-07 19:34
チャッピーママ、こんにちは♪
ふふふ、Swanseaは南ウェールズある町なんですよ~。スージークーパーはイングリッシュだったよね??

昨日のフルムーンはキレイでした。
チャッピーママも見れたかな?
満月の夜は中々眠れなくって、うちの次男坊も起き出して来て私の横で寝てました・・・。
そんな訳で今日はちょっと寝不足です。笑