イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

金曜日の窯焼き & 土曜日の釉薬の準備

3月17日の金曜日は、週初めの嬉しい春日和に変わって小雨の降る少々肌寒い天気。
今週は金曜日に窯焼きをする、というのでその準備に追われていました。

朝7時ごろ、夫君が窯にゆっくり火を入れ出します。

この日はホリデーコテージのお客さん入れ替えの日でもあって、その掃除、スタジオの掃除、それから午後に来る予定のイングランドからやって来る友人のお友達を迎える準備やらで大忙し。

掃除が一段落着いた午後、イングランドから二人の女性が地元の友人の紹介でやって来ました。

そのお一人はLouisaさん (@louisa_thomsen_brits) と言って、去年素敵なカバーが印象的な『The Book of Hygge, The Danish Art of Living Well』を出版された方。
f0217014_18582261.png
夫君の作る器はどちらかというと日本っぽいし、デンマークや北欧のテーストとは全然違うしなぁと実は心配していたのですが、お二人とも私たちのスタジオやプレセリ山の景色をすっかり気に入られたようで、ちょこっとの予定が数時間のお喋りとなった上に、夫君の作品を沢山買ってくださって大変嬉しい出会いとなったのでした。

今回の窯焚きは、温度がスムーズに上がって予定時間よりも早めに終了。

次の日土曜日は窯の温度がまだまだ熱すぎてドアを開けることが出来ないので、引き続きスタジオの掃除、そして釉薬に使う為の灰を洗ったり、土に入れるファイアークレイを洗ったり。

こうやって、我が家の薪ストーブから出る灰を溜めてあったのを、何度も水で洗います。
f0217014_18000338.jpg
f0217014_18001216.jpg
この日はサッカーの試合がキャンセルになったので、朝から隣の羊ファーマーのお手伝いをしていた次男坊が午後からお手伝い。
これはファイアークレイなるものを洗っている様子。
f0217014_23595104.jpg
明日は窯出しの日です。

新しい作品、釉薬のテストの結果がどうなっているのか、不安と楽しみでワクワクドキドキ。

皆さんどうぞ良い週末を。

Love & Joy

[PR]
by enjoy-wales | 2017-03-20 00:03 | 夫君の陶芸 | Comments(2)
Commented by arare719 at 2017-03-20 18:59
お久しぶりです☆
春の陽射しが感じられたら、一気に活動開始!!ですね。
西ウェールズの自然は相変わらず、美しいですね♡

夫君の陶芸も評判上々で、良かったです♪
日本は、純粋な男性ぽい作風の器を作られている方が少なくそれを探すのは今や至難です。日本でも素敵!と思われる方多いのでは…。
次男坊さんの後ろ姿、チョットたくましくなっていますね。親子が、親方と丁稚に見えます、笑。
ピアノリサイタルにリンゴの木の樹林と、アクティブに日々!充実していて楽しそうーー。

イギリスが有機に関して冷めてきているとは以外で悲しいですね。日本は劣悪な有機開発で土壌汚染が心配されて
無農薬、無肥料の自然農法で作られた虫も寄せつけない強〜い農作物に感心が向きつつあります。でも、手間ひまかかって採算合わないと広がるまで
時間かかりそうです。でも、若者の地方への流出は止まるところ知らず、地方活性化が勢い凄いです。イタロ並みのカッコいい列車も軒並みに出現!
日本も頑張ってますよ。
Commented by enjoy-wales at 2017-03-20 20:23
arare719さん、お久しぶりです♪
今年は夫君も私も陶芸の方に燃えてますので、今後ともどうぞヨロシク!笑

イギリスは有機栽培に対して冷めて来てはいませんが、経済の浮き沈みに影響される、ということは思います。
友人のカーラは、そうやって有機栽培している個人個人を繋げたいと頑張っているんですよ。(皆結構離れて住んでいるので、情報交換などプラットフォームがあれば便利だったり)
日本の地方活性化が進んでいるという話に、心強く嬉しく思います!素晴らしい!ガンバレ、日本の若者たちよ!(&もちろん年配の方々も!!!)