イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

ランペターハウスで、小口真奈さんのピアノリサイタル、再び♪ Lampeter House Piano Concerts - Mana Oguchi

最近めっきり春らしくなってきた西ウェールズから、こんにちは。


さて、先週の金曜日と土曜日にかけて、南ペンブロックシャーにある『ランペターハウス』で小口真奈さんのピアノリサイタルが開催されました。

f0217014_23321158.jpg

娘のバースデーパーティーや色んな用事で忙しい週末が続いていて、このリサイタルにもしかすると行けないかも~っ!と先週は焦り気味だったのですが、何とかにスケジュールの調整が出来て夫君と二人、金曜日のリサイタル&ディナーに出掛けてきました。


真奈ちゃん(もうすっかり良い大人になられているので「ちゃん」付は失礼なのですが、ご本人にそう呼ばせてもらっているのでここでも「ちゃん」付で書かせて頂きまーす♪)と最後にお会いしたのは何ともう3年近く前。


2年前のリサイタルは、私の具合が悪くって残念ながらリサイタルに行けなかったので、今回は久しぶりの嬉しい再会なのでした。



今回の曲目は・・・

Hayden Piano Sonata in B minor Hob XVI

Max Reger Sonatine in D major op 89, No 2

Schubert Piano Sonata in A major No 13 D664

interval

Schumann Carnival Op 9


ハイドンのピアノソナタから始まって、聴き慣れないマックス・レーガーのソナチネ(彼の曲は難解だそうですが、このソナチネは大衆にも聴きやすい作品とのこと)、そしてシューベルトのピアノソナタ。休憩の後は、シューマンの謝肉祭。



演奏が始まってまず真奈ちゃんの音感の素晴らしさに、「あ~、そうだった、最初に真奈ちゃんの演奏を聴いた時、何て丁寧で美しい音色を出されるんだろうってビックリしたなぁ」と、とても嬉しくなったのを思い出しました。じんわり聴かせる心のこもった演奏が胸に染み渡ります。


ランペターハウスのピアノは古いもので、普段弾いてられるだろうピアノと比べると演奏が難しいと思うのだけど、室内音楽が好きだという真奈ちゃんにはこういう古い楽器が合っているのかしらん?なんて思ったり。


シューマンの謝肉祭も全曲圧倒的な演奏で聴かせてくださって、お客さんは皆真剣に真奈ちゃんの演奏に耳を傾けていました。


アンコールもまた素晴らしかった!

もう本当に、いつまでも聴いていたいくらい幸せな時間を過ごすことが出来ました。

f0217014_22552899.jpg

以前聴かせてくださった時に比べると貫禄が付いたというか、演奏中に小さな体から出るオーラが違う…という印象を持ったので後でご本人に聞いてみると、去年ロンドンを拠点に活躍されている有名ピアニスト小川典子さんと一緒にコンサートをされたり、日本のコンサートホールでラクマニノフのピアノ協奏曲第2番をオーケストラとやったとのこと。ラクマニノフの作品はご存知の方も多いかと思いますが、とても難しくってプロの演奏者でも覚悟を決めて取り掛かるもの。そんな有名作品をコンサートホールで演奏されたので真奈ちゃんの中でも何かが変わったのね、とまた感心していしまいました。


今回はピアノの調律をドイツでされているというお友達のワタル君も一緒に来られていて、真奈ちゃんがリサイタルの為の練習をされる時、的確なアドバイスをしたりピアノを調律したりされていたとのこと。


このランペターハウスでの演奏会の良いところは、演奏会の後、ホストの真美さんが作ってくださる美味しい手料理ディナーを、演奏者&お客さんと一緒に楽しむことが出来るのです。(これがまた演奏と同じくらい楽しみだったりします。笑)ホストのご夫婦、真奈ちゃん、ワタル君、お手伝いに来られていたマリアさんやマイケルさんと一緒に、ディナー&デザートに舌鼓を打ちつつ、日本語・英語・ドイツ語が混ざったお喋りに花を咲かせました。


いつもはホストの真美さん&ジュリアンさんのお手伝いに伺うのに、今回は多忙につきリサイタル前にお手伝いが出来なかったので、夫君&他のお友達と皆で最後まで残ってまぁスゴイ量のお皿やグラスの洗浄と片付けのお手伝い。家に着いた時には何と夜中の2時になっていたのでした・・・。


また今回も本当に素晴らしい演奏を聴かせてくださった真奈ちゃんに、心から感謝。

年に数回、こういった嬉しい演奏会を催してくださるジュリアンさん、美味しいディナーを作ってくださる真美さんご夫妻にも心から感謝しています。


真奈ちゃんの、これからの益々の活躍を祈りつつ、次の機会にお会いできるのを今から首を長くして待っていまーす♪


Love & Joy


以下、英語で書かれた真奈ちゃんのプロフィール&紹介です。

Biography MANA OGUCHI
Mana Oguchi was born in Sapporo, Japan, 1984 and has been studying the piano since the age of 3. In 2007 she graduated top of her year from the State Academy of Fine Arts and Music Tokyo. She went on to study piano at the Conservatory of Music, Drama and Media in Hanover (HMTMH). She completed the 'Artistic Education' course in 2009 and between 2009 and 2013 she studied for her master’s degree, including Chamber Music, with Professor Markus Becker. In 2007 She received a scholarship from the YAMAHA foundation, and from 2009-2011 from the DAAD foundation. She has recently become the accompanist of the class of Professor Leonid Gorokhov at HMTMH.
We first met Mana in 2013 whilst she was on tour with award winning cellist Laura Van Der Heijden. Mana is highly valued as both a soloist and chamber musician and has performed in Japan and throughout Europe. As a soloist she has played with the Sapporo Symphony Orchestra, the Philharmonic Chamber Orchestra of Wernigerode and the Festival Orchestra concert of the International Concert Society Bodensee. Mana has appeared in the Budapest Fruhlings Festival in Hungary and for the last 3 years she has performed at the Chamber Music Festival of HMTMH.

Mana has been coming to Lampeter House for many years and has a big following amongst our audience. As soon as Mana's fingers touch the keyboard the music flows expressively and fluidly and everyone in the room becomes immediately aware of her natural talent and absolute love of music making, we often have her doing three or four encores.

[PR]
by enjoy-wales | 2017-03-14 23:50 | ミュージック | Comments(0)