イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

2月の窯焚き その2

2月の窯焚き その1からのつづきです。

土曜日に窯を開けましたので、その様子をご紹介します!

最近夫君がずっと試している、志野の釉薬。
日本の志野焼きのようにはいかないけれど、そのエッセンスを取り入れたいそう。
f0217014_091521.jpg

こちらも今試している新しい釉薬。
まだまだどんな風に焼き上がるか未明な部分が多いので、もう少しテストしてみるそうです。
f0217014_0114659.jpg

窯焚きはいつも上手くいくとは限らず、こういう痛い結果も度々あります・・・。
f0217014_0195664.jpg

でも・・・、去年ご紹介した地元街カーディガンにある私たち行きつけのカフェ『Bara Menyn』さんと、夫君がかかわっているフード会社『CNWD』さんに頼まれている大碗と大皿は思った通りに焼き上がって一安心。よかった~!
f0217014_014336.jpg

この窯焚きの結果はもう少しつづきますので、またよかったらその3をご覧くださいね。
f0217014_0221113.jpg

見に来て下さった皆さん、どうもありがとう。
[PR]
by enjoy-wales | 2016-02-08 01:06 | 夫君の陶芸 | Comments(2)
Commented by iomlove at 2016-02-10 21:38
こんにちは!

1番最初の写真をみた時 富士山に太陽が登る姿がみえる器。
 素敵!!!

伊賀っていうと親戚のおじさんが出身で 美術の先生だった。
趣味は陶芸で窯も手にいれ 地域でワークショップもやっていたんだけど
洪水で窯がダメになって 何十年も続けた陶芸もやめてしまったわ・・・
実家にも伊賀焼がいくつかあって素敵だったのを思い出しました。

夫君のサイトも気になってるし もちろん お湯のみも気になって仕方がない
楽しみが広がって 私も凄く嬉しい気持ちに包まれてます!!
Commented by enjoy-wales at 2016-02-13 22:17
iomloveさん、先日の嬉しいコメントにきちんと返事をしていなくって、ゴメンね。
親戚のおじさまの窯、それは本当に残念なことでしたね。窯は中々手なずけるのが大変なので、悲しまれたことだろうとお察しします・・・。
伊賀焼きは猛々しいところがあって、好き嫌いがはっきりするように思いますが、私は大好きな焼き物です。土と火の結晶がエイヤッって出て来たような楽しさ。
iomloveさんにそう言っていただけて、私も嬉しい気持ちでいっぱいよ~。