イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

次男坊の冬の仕事-薪ストーブに火を入れる

ゴ~~~ッと雨風の吹き荒れる西ウェールズから、こんにちは。

午前中は曇り空が広がる穏やかな天気が午後になってから嵐のようになって、家の戸を開けて外に出る度に「ヒャ~~~ッ」と大声を上げています。

クリスマスに向けてますます暗く寒くなってくる時期になると欠かせないのが、薪ストーブ。
去年新たに設置してから大活躍してくれています。

これに火を入れたり、ドアのガラスをキレイにするのは次男坊の仕事です。

私はこの薪ストーブの火を入れるのが大好きなんだけど、夕方は夕食の準備やら何やらと忙しいし、上の子二人は他の仕事があるので次男坊の役目になりました。
f0217014_102043.jpg

そしてこの次男坊、火を入れるのがとっても上手!
薪を両脇に置いて、その間に新聞を丸めたものと焚き木を置いて・・・。
f0217014_113232.jpg

私よりも上手なので本当にビックリしてしまいます。(ホントに!笑)
f0217014_1181816.jpg

只、火を入れてしばらくするとストーブのことを忘れてしまうので、「薪くべて~!」と火の番?をするのは私の役目。もうちょっとロマンチックにいきたいんだけど・・・。

早く嵐が過ぎ去ってくれますように。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-12-03 16:26 | 家族と子育て | Comments(2)
Commented by yk-voyant54 at 2015-12-04 19:38
kikiyohyohさん、こんにちは。
次男坊くん、楽しそう。しかも筋がいいって?
たいしたものだね。この光景を見て小さな頃を思い出して
しまいました。小さな頃の最初のお風呂は薪だったんですよ。
外でなくて風呂場の中にあるの。お湯がぬるくなると
薪を足すんだけど、それが楽しくってね。
お風呂は遊び場だったよ。
下の記事を見ながら、そっか!陶芸家って泥んこあそびと
同じ感覚なのかな?と思っちゃった。服の汚れ具合のことよ。
洗濯しても落ちそうもないですね。
私は、どの服も絵具がついてる。小さな頃からそうだったから、
服に絵具がついていると嬉しくなるんだよ。
嬉しいというより安心するというのか気持ちが落ち着くのよ。
陶芸家さんは、どうなのかしら?
Commented by enjoy-wales at 2015-12-08 00:15
ボヤントさん、お子さんだった頃薪のお風呂を使ってらしたのね!(うちのお風呂も薪風呂です。笑)やっぱりそういうことをしてらしたのが今の創造のエネルギーになっているのかしら、と思いました。
陶芸家も服に土が付いている方が落ち着くようですよ。うちの夫君はいつも土やら泥まみれです・・・。絵の具の付いている服も楽しくていいですね。ボヤントさんらしい!