イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

まだまだ完成には遠いツリーハウスだけど・・・

先週末は冷たい北風がピューッと吹き抜けることもありましたが、ご覧の通り青空の広がって気持ちの良い、暗い・寒い・雨の多いウェールズの冬には嬉しいお天気でした。

土曜日に遊びに来ていた次男坊の親友B君と我が家の暴れん坊、北風なんか何のその!と、セーターを脱ぎ捨てて外を走り回っていました。この年の男の子って、本当に元気だわ。笑

静かになったのでふと外を見てみると、二人とも作りかけのツリーハウスの上にいます。
f0217014_053233.jpg

「何してるの~?」と話しかけると・・・。
f0217014_013476.jpg

家からブランケットを持ち出しきて、野鳥を眺めながらモグモグとビスケットを食べていたのでした。
f0217014_014618.jpg

このツリーハウス、もう少し暖かくなったらちゃんと屋根を付けてあげたいね。この様子だと、壁はなくっても楽しいかも?
f0217014_0151241.jpg

このB君の家族、北ペンブロックシャーという坂道の多い田舎に住みつつも車を所有せず、家族皆自転車で行動するというツワモノ一家なのです。

この日も午後に両親とお姉ちゃんが自転車でやって来て、皆で一緒にサイクリングしながら山を越えて帰って行ったのでした。スゴイなぁ。

私たちも寒い寒いと言ってないで、見習いたいものです。

このブログまで遊びに来てくださった皆さん、どうもありがとうございました。
小さな春の足音が聞こえてくる頃ですね、どうぞ元気に2月をお迎えください。
[PR]
by enjoy-wales | 2015-01-26 21:03 | 家族と子育て | Comments(6)
Commented by wilmslow at 2015-01-27 11:03
こんにちは♪
わ~、ツリーハウスがもうこんなに出来上がっていたのですね!子供達には絶好の秘密基地ですよね。見晴らしもよさそうだし(笑)。

アメリカでもツリーハウスの番組があって、こんなツリーハウスなら私も欲しい!!みたいなものもあります。
私は今のところ、コンサーバトリ―を狙っているのですが、願いが叶うまであとどのくらいかしら?(笑)
Commented by ecoeconaonao at 2015-01-27 21:24
初めまして、こんにちは。
遠いイギリスからのイイネをいただき感激です。
わたしよりずっとお若い方と思いますがイギリスのブログ、ゆっくり楽しませていただきます。
Iwataniのタコ焼き器、わたしが以前からずっと欲しくてまだ手に入れていないのですが
まさかイギリスで活躍しているとは思いませんでした!!
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
Commented by yk-voyant54 at 2015-01-28 03:10
確かに、このままでも楽しいかもしれませんね。
しっかりと屋根でなくてもテントみたいなのでも
楽しいものね。すぐに完成しちゃうと、こういう楽しみを
味わえないから、のんびりがいいね。
しっかし、すごい家族がいるんですね。
私も免許がないので愛車は自転車なのですが、
山に暮らしてる訳じゃあないし。
車社会で暮らしているので、自転車では運べないものに、
苦労してるのよ。竹ぼうきが欲しいんだけど〜〜!!
Commented by enjoy-wales at 2015-01-29 19:55
Wilmslowさん、こんにちは!
ふふふ、と言っても実はここからなかなか進まなくって、春になったら屋根を付けようねぇと話しています。
アメリカはツリーハウスの本場ですよね。TV番組まであるなんて、さすがです。(観てみたい~)
コンサ―バトリーがどうぞ実現しますように♪
Commented by enjoy-wales at 2015-01-29 19:59
ecoeconaonaoさん、初めまして、こんにちは。
こちらこそ、わざわざこのブログを見に来てくださって嬉しいです。コメントまで!どうもありがとうございました。
このたこ焼き器、本当にスゴイですよね。手に入れようかと悩んでいますが、友人のRさんの家に遊びに行く理由にもなるのでまぁなくてもいいかと思ったり。笑
う~ん、若いとは言えませんが(笑)、どうぞヨロシクお願い致します!
Commented by enjoy-wales at 2015-01-29 20:03
ボヤントさん、こんにちは~!
そうなんですよ、遊びを完成させてしまうとつまらなくなってしまう可能性も大なんですよね。作りかけが楽しいというか。
ボヤントさんも車でなく自転車なんですね。(何となく分かるような気が・・・)竹ぼうきが欲しいというのには、思わず笑ってしまいました。
珍しいとは言え、こういうサイクリストが結構周りにいて、感心しきりです。だって本当に細道や坂ばかりなので!