イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

木版画ワークショップに参加!

一月近くつづいたイギリスの快晴。

一気に暑くなって一斉に芽が出て花が咲き、草が伸びたのでここの所ずっと庭仕事で大忙しでした。
おかげで顔は真っ黒、手足は傷だらけです。(笑い泣き)

花粉もタップリ飛んでいたので、家族で唯一花粉症に苦しむ私は鼻水が出て出て大変でしたが、今日は久しぶりの曇り空&小雨でホッとしています。

さてさて、先週末、家族でロンドンを訪れました。
皆でロンドンへ行くのは1年ぶり?と言うくらい久しぶりだったので、皆大喜び♪

2泊3日の大忙しのロンドン。
長いこと会っていなかった友人たちの元気な顔を見ることが出来て、長旅の疲れも吹っ飛んでしまうくらい楽しかったです。

今回ロンドンへ行った理由は、日曜日に行われた『木版画ワークショップ』に参加するためでした。

日本では学校の美術で必ずする木版画ですがイギリスでは殆ど目にすることのないもので、友人が日本人のプロを招いてワークショップをする、というのでこんな良い機会を見逃す手はない!と上の子二人で参加してきました。木版画をするのは中学校以来でしょうか・・・。

「木版画(Woodcut)って何~?」と反応がイマイチな子供たちでしたが、始めて見ると無口でもんもんと夢中になるくらい楽しかったようです。
f0217014_23344618.jpg

参加者15人中、娘が一番に彫り上げて刷りに入ります。
f0217014_23365047.jpg

息子は2番目に仕上げてしまいました。二人とも早かった!
f0217014_2335754.jpg

私は三番目。っと、早い者勝ちという訳ではないんだけど!笑
f0217014_2341714.jpg

仕上がりの方は・・・。
f0217014_2338091.jpg

ポストカードサイズに、ペンブロックシャーの人気観光スポット「Pentre Ifan」を彫ってみました。
私も久しぶりに学生気分に戻ることが出来て楽しかった~。

これに味を占めて、今年のクリスマスカードは木版画で・・・?
[PR]
by enjoy-wales | 2014-06-27 23:42 | 家族と子育て | Comments(10)
Commented by madoka_mm123 at 2014-06-28 16:48
kikiさん、こんにちは♪
とってもステキな版画作品ですね~‼
そちらでは木版画は珍しいんですね。
先生も日本人の方ってことは
そちらでは木版画のアーティストの方もあまりいらっしゃらないのかしら。本当に珍しいんでしょうね。
浮世絵とかも、日本のものですものね。
久しぶりに木版画をすると、楽しいですね‼
Commented by kotorishu at 2014-06-28 19:44
こんにちは♪
イギリスでは木版画が珍しいのですね~!?
日本では美術の時間に必ず習うので、海外でも一般的だと思っていました。
久し振りに版木をおこす作業は・・・親子でとっても楽しそう~(#^.^#)
思い出に残る一日でしたね♫
Commented by yk-voyant54 at 2014-06-28 23:55
木版画って楽しいですよね。好きだったなぁ〜。
イギリスでは、やらないのね。その事にびっくり。
消しゴムスタンプもね、木版画っぽく彫ると面白いのよ。
柔らかくて彫りやすいし。でも日本人って、
きれいに仕上げたいみたいで、消しゴムスタンプに
応用する人は、いないみたい。わざと彫り跡を残すと
いい感じなんだ。木版画は、あのバレンで刷るところが
また楽しいよね。次男坊くんは留守番だったのね。
長男くん、あの凄い工作力のある子よね。
Commented by enjoy-wales at 2014-06-29 19:50
madokaさん、こんにちは!
いえ、もちろん木版画をするアーティストはいるのですが、日本のように学校で教えるということはないんですよ。ヨーロッパでは銅版画や石版画の方が盛んだったのかもしれません。
それにしても日本の浮世絵や錦絵はやっぱり素晴らしいなぁと、改めて感心した次第です。
Commented by enjoy-wales at 2014-06-29 20:01
kotorishuさん、こんにちは!
そうでしょう、日本では小学校でも教える木版画ですが、こちらでは全く手を付けることがないんですよ。日本は小さいころから折り紙を教えたりと、素晴らしいなぁと思います。だからかどうか、皆さん手先が器用ですよね。
日本の小学校の、美術や工芸の授業はスゴイなぁとこちらに来てからしみじみと思いました。
Commented by enjoy-wales at 2014-06-29 20:05
ボヤントさん、こんにちは!
ね~、木版画って私も大好きでした。こんな面白いクラフトですが、こちらでは全く手を付けないんですよ。私もビックリです。
そうそう、木版画はあの彫った感じがいい味を出しますよね。とにかく楽しかったです。
上の子二人にとっては初めての木版画だったので、ちょっと分かりにくかったそうですが、また挑戦してみたいそうです。私もまたやってみたい!
Commented by fran0923 at 2014-06-30 10:52
おはようございます。

木版画は、多分紙の問題で日本の方が盛んだったのではないでしょうか。
日本では今は色々ですが、昔は和紙にするのが普通でしたからね。
でも素晴らしい作品ですね。
この調子で木版好きになって欲しいな!
ヨーロッパでは木版は木口木版と言って固い固い木の木口にドライポイント(銅版画の一つの技法)で使うような鋭利な彫刻刀で細かく彫って、油性インクで刷る、という技法が発達していますよね。印刷の初歩の物だと思いますが、、。
それが、きっとかなり専門的になってしまって、一般人が取り付きにくかったのかも知れません。
もっと気楽に柔らかい版木でやればうんと楽しめますよね。
どんどんやってみて下さいね!!
Commented by lacassa at 2014-06-30 10:52
こんにちはっ。
へぇーーーーーーっと驚きつつ、版画って発祥はどこなんだろう・・・むー。と思ったのでした。なんとなく和風な雰囲気を感じていて、勝手に日本発祥的なイメージが(笑)
文化が違うと面白いですね。こちらでは小学校4年で習います。去年娘はお決まりに指を怪我して・・・(笑)そういう私も怪我する子でしたから血ですかね(笑)
しかし木版画の為にロンドンまで泊まりでお出かけするフットワークにはビックリです。私達も割と日本のどこにでもホイホイお出かけするタイプですが、目的がとっても素敵だなぁ~と思いました^^
花粉症の症状は良くなりましたか?うちは残念な事に息子が花粉症デビューしてしまったので、その時期の辛さは傍で見ていても気の毒で・・・
Commented by enjoy-wales at 2014-07-02 20:58
Franさん、こんにちは!
そうそう、昔は和紙に刷るのが普通だったのですよね。今回のワークショップでも和紙に刷ってみよう、と先生が持ってきてくださったものに刷ってみましたが、和紙はやっぱりいいですね。

それから、日本では水性インクの質が素晴らしく、そんな理由もあるのかヨーロッパよりも色版画が発達したと話されていたのを思い出しました。さすがFranさん!
はい、家でも是非チャレンジしてみたいです!
Commented by enjoy-wales at 2014-07-02 21:09
lacassaさん、こんにちは!
ね~~~~っ、なかなか面白ですよね~。版画の発祥地はどこなんでしょうね。(ちょっと調べてみたけど分からないなぁ)
私も小学校で習った時、毎度指を切ってバンドエードだらけになってましたよ~。笑 今回は息子が指を切ってました。

花粉症はまだまだ続いています。涙
でも先月に比べるとマシになって来たのかな~。
息子さん、花粉症デビューをしてしまったなんてお気の毒さまです・・・。可哀想に!どうぞ早く良くなりますよう、祈っています。