イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

Winter Solstice Vol.2, Day 20 & 21 - Advent Calender

Winter Solstice(冬至) Vol.1 からのつづきです・・・。

雨模様にもかかわらず、せっかく冬至に山に登ろうと前から決めていたことだし・・・とプレセリにあるMynydd Carningliに登った友人家族と私たち。
f0217014_2330755.jpg

登りは大丈夫でしたが頂上に着いたと思ったら雨が降ってきて、結局皆びしょ濡れになって友人家族の家に辿り着きました。そこで温かいココアをご馳走になって、次に向ったのは最近西ウェールズに引っ越してきた古い友人カップルsさん&M さんのお宅。

冬至のお祝いを是非改築中のコテージでやりたいということで、冬至のお祝いと引越し祝い、そしてコテージへのお祝いも兼ねたセレモニーに参加しに行きました。

改築中のコテージに、ティーライトがぐるりと渦巻きのように並べてあります。

娘もティーライトに火を灯すお手伝い・・・。
f0217014_23343299.jpg

輪の外から中央に向ってゆっくり歩み進む時に今年のことを振り返り、中央で静かに深呼吸。そこでUターンして、今度は新年のことに思いを侍らせ希望を胸に、同じ道を帰ります。
f0217014_23393512.jpg

冬至にふさわしいセレモニーに招待してくれた友人に心から感謝。


最後に、20日のアドベントカレンダーは・・・、三日月。
f0217014_2344720.jpg

そして21日は、流れ星でした。
f0217014_23445618.jpg

P.S. そろそろこのカレンダーも修理をしないと・・・。

明日は、最後のアドベントサンデーです。
[PR]
by enjoy-wales | 2013-12-22 23:46 | イギリス/ウェールズ | Comments(10)
Commented by yk-voyant54 at 2013-12-23 01:27
やっと1ヶ月ぶりに休みを取れました。
ぼちぼちゲリラ訪問のはじまりですよ。
冬至のお祝い?これって、ウエールズ地方だけなの?
それともイギリス?それともヨーロッパ?
すてきですね!うずまきになっているのは、
どういう意味なんですか?私も参加したいです。
いつか夢が叶うかしら?
*クリスマスには間に合わないと思うけれど、ずっと届くまで
クリスマス気分でいてくださいね。
Commented by wilmslow at 2013-12-23 05:13
こんにちは。
さて、もうクリスマス間近となりましたね。
冬の散歩は、夏と違った意味で、また楽しいですよね。
寒くても、少々の雨が降っても、散歩にでかけるようになったのは、イギリス暮らしがあったからのような気がします(笑)。

このセレモニー初めて知りました。
イギリスで暮らしていた頃に、よく北ウェールズにでかけていましたが、ウェールズはまだまだ人間と自然がすごく近くに存在しているような印象をうけました。

親しい友達家族と素敵な冬至の日を過ごされたのですね♪
Commented by kotorishu at 2013-12-23 10:22
こんにちは♪
ティーライトに添って歩くセレモニー、素敵ですね!
冬至は、かぼちゃと柚子のイメージがありますが、ところ変われば品かわる・・・ですね♪
ウェールズ地方は雨が多いのでしょうか!?雨のウェールズ、雰囲気がありますが、きっととても寒いのでしょうね。
Commented by hellebow at 2013-12-23 15:26
シュタイナー学校のコミュニティにいた時、好きだった行事のひとつが、これでした。小さな学校だったので、1年生から高校生まで歩くんですけど、小さな子達ほど?神々しく輝いてみえたなあ。こういう行事、子供達だけでなく大人の心の栄養にもなりますよね。。。こういうのが少し恋しいです。
Commented by tomomato at 2013-12-24 17:44
同じく、シュタイナー教育の行事で、私もこれが一番好きでした。 毎年奇麗にもみの木で巨大な渦巻きがホールに作られ、 良い木の香りと幻想的なろうそくで美しく、涙が出る程毎年心を打たれました。 
アドベントカレンダーもね^ー^
Commented by enjoy-wales at 2013-12-25 11:30
ボヤントさん、こんばんは♪
大忙しの一ヶ月でしたね~、お疲れ様でした。
ゲリラ訪問してくださり、とても嬉しいです!笑
冬至をお祝いするのは、どちらかというとケルト文化に近いものがあるようで、私の周りでは個人的にお祝いする人が多いようですが、ヨーロッパではどうなんでしょうね。
うずまきは、シュタイナースクールでやっていましたが、由来は知らないので今度調べてお知らせします! そう言う視点を持たれるのは、さすがボヤントさんですね~。
贈り物、心待ちにしています♪
Commented by enjoy-wales at 2013-12-25 11:32
wilmslowさん、こんばんは♪
そう、私もイギリスに来てから雨の散歩が平気になりました。笑

このセレモニー、素敵でしょう。友人のSさんは毎年やっていたそうで、ウェールズに引っ越してきて、こちらでやってくれて私も嬉しかったです。これからは恒例になるかな・・・?
Commented by enjoy-wales at 2013-12-25 11:35
kotorishuさん、こんばんは♪
そうですか、冬至といえばかぼちゃと柚子か~! それは知らなかったので、目から鱗です。笑
確かに、場所が変わると色んなものや意味が変わるので面白いですね。 はい、ウェールズはやっぱり雨が多いかも~。今頃だと雪が降っても良いはずなのに、今年は暖冬なのでまだ雨模様なんですよ。
ホワイトクリスマスになって欲しいなぁ~!
Commented by enjoy-wales at 2013-12-25 11:40
hellebowさん、こんばんは♪
そう、私もこれは大好きな行事の一つでした。
大きな子供達と小さな子供達が一緒に参加する微笑ましい姿、私もよく覚えています。確かに心の栄養になりますね。
じ~んとした感じ、今も心に残っています。
Commented by enjoy-wales at 2013-12-25 11:41
tomomatoさん、こんばんは♪ 
コメントをどうもありがとう!
私もこのセレモニーを初めて見た時、その美しさに心打たれました。シュタイナー教育の行事は、自然に沿った身にも心にもありがたい美しいものばかりですね。とても懐かしいです。
アドベントカレンダーも、ね。^^