イギリス 西ウェールズの田舎暮らし

enjoywales.exblog.jp
ブログトップ

やっぱり素晴らしい、Tate Britain その2

やっぱり素晴らしい、Tate Britain その1に続いて、その2です♪

Gary Hume & Patrick Caulfield の嬉しいジョイント展覧会で至福の時を過ごした後、もう少し時間があったのでギャラリーのメインホール&常時展示室にも足を伸ばしました。

Henry Moore氏の彫刻を目にするのは何年ぶりだろう・・・。
f0217014_19214553.jpg

こんなマスターピースがごろごろと置いてあるギャラリーは、やっぱり素晴らしいのです。

あぁ、あそこに見えるのはBarbara Hepworth女史の作品。
f0217014_19265510.jpg

テート・ブリテンは、イギリス出身&在住のアーティストを中心に展示しているアートギャラリーなので、20世紀を代表する作家の作品がごろごろと展示してあって嬉しい限り。
f0217014_19283127.jpg

その1で書いていますが、このギャラリーには気が向くと通っていたので、昔お馴染みの作品との再会は感慨深かいものでした・・・。 ちょっと背を正して「お久しぶりでした。」と目を見詰め合う感じです。
f0217014_1932055.jpg

メインホールではビデオのインスタレーションをしていたため、不思議なサウンドが聞こえてくる中照明が暗くしてあり、ホールの向こうでビデオを見せていたので、余計にホールの両側に設置されている展示室の明かりが神々しいような眩しさなのでした。
f0217014_19353525.jpg

ここまで読んでいただいて、どうもありがとうございました。

備考ですが、テート・ブリテンと言えば、50歳以下のイギリス出身&在住のアーティストに贈られる『ターナー賞』で有名。 そしてターナーと言えば、19世紀のロマン主義で有名なウィリアム・ターナー氏で有名で、ターナーコレクションでよく知られています。

ロンドンを訪れる機会がある方、Tate Modernも良いけれど、是非Tate Britainにも足を伸ばしてみてくださいね。お勧めです。
[PR]
by enjoy-wales | 2013-07-01 19:39 | アート&クラフト | Comments(15)
Commented by belgium44 at 2013-07-01 21:39
こんばんは~♪
なんだか今回の記事の写真は、いつもと雰囲気がかなり違うような
感じがします。
このアートのせいかなぁ~?
凡人なのでうまく言葉や文章で表現でけいませんが
不思議な感じで・・・・
最後の写真も雰囲気があっていいですね~。
Commented by hellebow at 2013-07-01 23:48
わたしBarbara Hepworthがすきですー。セントアイヴスのアトリエ兼お家にも行きました。
Commented by yk-voyant54 at 2013-07-02 06:00
ヘンリー・ムーアは大好きな彫刻家です。
日本では「箱根の森美術館」がコレクションしていて常設です(屋外)
本も持っているし、展覧会にも昔行きましたよ。
このホール、天井高が高いですね。イギリスって感じの建物ね。
実は私は展覧会を見ないようにしているの。
見ると影響を受けてしまいやすく似てくるのよね。
誰かに似ていると言われたらプロとして即失格なので、
見ていないのよ。だから私は自然界が先生。
自然界からいいなぁ〜をいっぱい頂いて、エネルギーも頂く。
でも、この記事を見たら、やっぱり見に行きたくなりましたー。
前ページのカラスもいいね。
Commented by tiger2 at 2013-07-02 06:30 x
全くの素人なので専門的な事は分かりませんが写真を拝見していていいなーと思いました。ロンドンがモダンアートで中心に成りつつあると言われるのが分かる気がしました。
Commented by momopororon at 2013-07-02 06:37
おはよう♪
素敵な街には、素敵なところが、いっぱいですね。
歴史があるからこそ、こういった作品も生まれるんでしょうね。
いつかは、行ってみたいな~
ほとんど、日本から、出たことないので
常に、憧れというか、どこか違う世界のお話みたいです^^;
だから、嬉しい~です。
ありがとう♪
Commented by fran0923 at 2013-07-02 09:15
おはようございます!!
今回は美術のお話ですね〜!!嬉しいです。
実はイギリスは行ったことないんですよ〜!
こんなに優れた芸術の国なのに〜。涙
ロンドン行ってみたいです。テート・モダンもテート・ブリテンもいやというほど堪能したいです。
ヘンリームーアいいですよね。
でも↓の二人の芸術家の作品が素晴らしいです。
あー!行きたい!!
Commented by nobikunJ at 2013-07-02 17:26
お久しぶりです。
5時間でロンドンに行けてしまう環境に嫉妬してしまいます。
Tate Britain、素晴らしいですね。
また、芸術作品を演出する建造物の構造も惹かれます。
私も・・・またロンドンに行きたい!!!
Commented by enjoy-wales at 2013-07-03 21:01
さおりさん、こんにちは~♪
そうですね、雰囲気の違うのはやっぱりロンドンのアートギャラリーで撮ったからでしょうね。うちの田舎にこういうスペースはないので・・・。
久しぶりにああいう大きなスペースでアートを感じることが出来た、素敵なひと時でした。
Commented by enjoy-wales at 2013-07-03 21:04
hellebowさん、お久しぶりです!
バーバラ女史のセントアイヴスのアトリエ兼お家に行かれたことがあるんですね!私もセントアイブスには一度だけ行ったことがあるのですが、アトリエには行けなかったので残念でした。
テートブリテンには私の大好きなセントアイブスのグループの作品が沢山展示されているので、それも気に入っている理由の一つです!
Commented by enjoy-wales at 2013-07-03 21:06
ボヤントさん、こんにちは!
そうですか、アーティストにとってはそういう意見もあるのですね。勉強になります。プロの世界はやはり厳しいものですね。
確かに自然界から受けるエネルギーは一番かもしれません。
でもやっぱりアートギャラリーが大好きで、中々行く機会のないのが残念~!
Commented by enjoy-wales at 2013-07-03 21:07
Tigerさん、コメントありがとうございます!
ロンドンのアート事情は確かに熱いですね。行く度に刺激をもらっています。あ~、また行きたい!!!
Commented by enjoy-wales at 2013-07-03 21:09
momopororonさん、ロンドンは楽しくって刺激的ですよ~♪
色々と問題も沢山ありますが、やっぱり大好きな街の一つです。
是非、機会があれば日本を飛び出して遊びに来てくださいね~。って、私は反対にアジアに行きたくってしょうがないのでした。^^
Commented by enjoy-wales at 2013-07-03 21:11
Franさん、是非是非イギリスに来てください~~~!
ロンドンは本当に楽しいです。(物価は高いけど)
昔から世界中の観光客が訪れる街なので、最近綺麗にしたのもあって初心者でも動きやすいかと思います。
その時は是非、声を掛けてくださいね~。
Commented by enjoy-wales at 2013-07-03 21:14
nobikunさん、お久しぶりです~!
Tate Britain、やっぱりいいですよね。私もまた行きたいです・・・。
5時間でロンドンに行けるのは、日本から来るよりは手軽ですよね。
でも、こちらから日本の実家までは計24時間ほどかかってしまうので、いつも覚悟を決めて帰ります。笑
どうぞまたイギリスに遊びに来てくださいね~♪
Commented at 2013-07-05 19:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。